close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

安田女子大学・安田女子短期大学 様

ICカードチャージ方式の複合機の導入で学生の負担を減らし、管理の手間を解消

大学満足度ランキング全国で5位、100年近くの歴史を誇る安田女子大学・安田女子短期大学様。学内には有線・無線LAN環境が整い、学生にはノートPC必携、そして学生証をICカード化するなど、IT化に積極的に取り組んでおられます。このたび、学内のコピー機見直しをなさった結果、コニカミノルタ提案によるICカードチャージ方式のbizhub C280を導入いただきました。

背景

手間が多い磁気カードからICカードへ変更したい

丘の上に美しいキャンパスが広がる安田女子大学・安田女子短期大学様。これまで、キャンパス内のコピー機の課金システムに、磁気カードを採用されていました。「本学では、2年前に学生証をICカードに変更しました。そのため、コピー機の見直しの時期に、この学生証を使うシステムに変更できないか、ということになったのです」と語るのは、施設部次長の小川圭司様。「磁気カードは使い捨てで再利用できないし、販売する手間があります。その上、自動販売機の設置やトラブル処理などの管理が大変でした」と小川様。学生証(ICカード)にチャージする方式に変更すれば、環境、管理面の不都合を解消することが可能です。


施設部 次長
小川圭司 様

そんなリクエストに手を上げた複数のメーカーの中から、採用されたのはコニカミノルタの複合機。「学生証の仕様であるFCFキャンパスカードに標準で対応していたのが、コニカミノルタさんだったのです」と語るのは施設部主事の濵本隆様。カードの仕様に合わせて、特別なカスタマイズをする必要がないため、当然、納期はスピーディーになります。最終的な発注を2月に受けて実質2カ月で納品することができました。「4月の新年度に間に合わせたいというのがこちらの希望だったので、本当に満足しています」とおっしゃっていただきました。

効果

学生証でコピーがとれる利便性と負担低減を同時実現

今回、コニカミノルタがご提案したのは、bizhub C280とICカード型ベンダー「EV-1」のセットです。これまで複数のメーカーが混在していたキャンパス内19台のコピー機をすべてこのシステムで統一。「カスタマイズが必要なかったとはいっても、仕様を合わせるのは大変だったと思います」と濵本様。この案件には、コニカミノルタ、学生証発行機の会社、自動チャージ機の会社、そして安田女子大学・安田女子短期大学様の4社が関わっています。コニカミノルタはチームを組み、皆の間に入って仕様のとりまとめを進めました。「コニカミノルタさんの問題解決への姿勢も、短納期実現の一因ではないでしょうか」

こうして実現したICカードチャージ方式。そのメリットをお尋ねすると、「いろいろありますが、やはり少額の100円から柔軟にチャージが可能になったことですね」と濵本様。ICカードは磁気カードと違い、チャージ額が自由に決められます。学生たちのムダな出費がなくなるわけです。さらに、磁気カードの購入費用や業者への委託費用などを削減できたため、モノクロ1枚の学生向けコピー料金を値下げすることもできました。「学生にかかる負担を大きく減らして、しっかり勉強できる環境を整えることができたのではないでしょうか」(濵本様)


自習室に置かれたbizhub C280。
ICカード型ベンダー「EV-1」がセットされ、学生証によるスマートな運用を実現

今後の展開

複合機のパフォーマンスをさらに活かしきる運用へ

「今回は、学生証でコピーの課金をすることに絞ってシステム化したのですが、将来的には電子マネーや交通系ICカードなど、コピー機で利用できるICカードの種類を広げていければいいですね」と語る濵本様。bizhubの活用についても、「今はコピーとFAXでの利用だけですが、せっかく複合機なのだから今後、プリンターとしても使っていければ、と考えています」とのこと。現状、プリンターは専用機を置き、学校側から印刷枚数のポイントを与えられる方式で、コピー機とは全く別のシステムで運用されています。「2つの方式があるのはやっぱりわかりにくい。ゆくゆくは統合していきたいと思っています」とおっしゃいます。


施設部 管財課 主事
濵本 隆 様

取材でお伺いしたのは6月のはじめ、4月に導入されてからまだ2カ月です。実際の導入効果が現れてくるのは、まだまだこれから。ただ「コピーが安くなってうれしい。学生証でコピーがとれて便利、という学生の声は聞こえ始めています」と小川様。IT化を柔軟に採り入れ、教育現場に活かしていく大学の姿と、複合機のさまざまな可能性が見えてくる安田女子大学・安田女子短期大学様でした。

プロフィール

大学名 安田女子大学・安田女子短期大学
住所 広島県広島市安佐南区安東6丁目13番1号
創立 1915年
学生数 4300名(2011年4月現在)
業種/th> 私立大学
ホームページ
概要 創立以来「柔しく剛く」を学園訓として、徳育と知育を目指した全人教育を建学の理念とする女子大学。2007年には薬学部、2012年には教育学部、心理学部を新設し、総合大学としてバランスのとれた教育を実践している。

本ページに記載されている情報は取材時のものであり、閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

その他の導入事例

目的別で探す 業種別で探す ソリューション・サービス・製品別で探す

ページトップへ戻る