有機EL照明

コニカミノルタは、1999年に有機EL材料の研究開発を開始し、その独自のコア技術を活かして、これまで先駆的な成果を創出し続けて参りました。

<近年の代表的な実績>

  • 2011年
    りん光発光材料のみを使用した有機EL照明パネルにて世界初の商品化
  • 2014年
    りん光発光材料を使用した世界最高発光効率の白色有機EL照明パネルの開発
    樹脂基板フレキシブル有機EL照明パネルの量産化

2019年4月16日、コニカミノルタは、2017年に設立した合弁会社、コニカミノルタ パイオニア OLED 株式会社に係るパイオニアとの合弁契約を解消しました。
今後、両社協業で得た知見とノウハウを活用し、事業の注力分野を車載照明から、自社が得意とする高付加価値印刷事業とのシナジーによる「光るスマートプリンティング」を軸とする方針に転換して、事業拡大を目指します。

※ 光るスマートプリンティング:紙のように薄いフレキシブル有機EL照明パネルを利用し、これまでにない光る印刷物を実現することで、お客様に驚きや感動を与える新しい印刷物ソリューションのこと

有機EL照明で「光るスマートプリンティング」分野を強化 
~コニカミノルタ パイオニア OLED 株式会社の体制変更について~