US(超音波診断装置)

ヘルスケア

US SYSTEM SONIMAGE HS1 認証番号:226ABBZX00051000 「なりたい」をかたちに「こんなものがあったらいいな」という思いを大切にし、いままでとは違うスタイルをお届します。

特徴

「みえる」をかたちに 高画質への挑戦

「みえる」にこだわり、独自のプローブ技術と独自の画像処理技術を融合させることにより、高周波領域のコントラスト分解能、空間分解能の高い鮮明な画質を提供いたします。特に、整形外科領域・表在領域で実力を発揮いたします。

  • 低減衰音響レンズ、多層音響整合層、微細加工技術


  • MP関節

「かんたん」をかたちに 操作性を追求

誰でも簡単に使える。そんなスタイルをめざし、主要な機能を8つのハードボタンとトラックボールに集約し、タッチパネルとの組み合わせによって、迷わない操作、より直観的なワークフローを提供します。

「つながる」をかたちに 様々なシーンで使用

使う場所にとらわれない。使いたい時にそばにある。フレキシブルなデザインで、自由に持ち運びが可能。さらに、IPSモニターを採用することで、視野角が広く、明るい診察室やOpe室でも鮮明な画像で検査をしていただくことができます。

バッテリー駆動で、検査室から病棟や院外へ。使う場所にとらわれない。医療をつなげるサポートをします。

オプション機能

Auto IMT 計測 機能

頸動脈検査で計測される内中膜複合体厚(IMT)をワンタッチで自動計測します。最大で2cmの幅で計測が可能です。

Simple Needle Visualization 機能

独自の画像解析処理技術により穿刺針と推定される変化を認識しBモード画像上に穿刺針強調表示を行う機能です。

◆対応プローブ:L18-4(リニアプローブ)
C5-2(コンベックスプローブ)

  • * 穿刺針強調処理は穿刺手技を行う為の補助機能となります。
    実際のご使用の際は、取扱い説明書の注意事項・警告事項を必ずお読みの上ご使用ください。

リウマチワークフロー 機能

多関節を検査するRAエコーのボディーマーク操作の手間を少なくする機能です。

  1. 多関節を検査する順番を登録(初回のみ)
  2. ナビゲーションウインドウに従い操作
  3. ボディーマークを自動表示

任意の関節取得をするモードもあり、ワンプッシュでボディーマークが設定できます。
これらの操作で取得した画像の全体イメージを見るレビュー画面で、取り忘れも一目で確認できます。

  • * 現時点では手指の関節のみ対応しています。
    説明書の注意事項・警告事項を必ずお読みの上ご使用ください。
  • 白石先生によるレクチャー動画「超音波診断装置は今、検査機器から診療の道具へ」視聴お申し込み
  • 3D Sonoanatomy Seminar width Fresh Cadaver
  • 新規開業医様向け
  • infomity
  • ピンクリボン運動
  • メディカルネットワーク
  • 超音波診断装置
※クリックするとPDFファイル(728KB)が開きます

製品情報

ページトップへ戻る