超音波診断装置

SONIMAGE HS1
認証番号:226ABBZX00051000

「なりたい」をかたちに
「こんなものがあったらいいな」という思いを大切にし、いままでとは違うスタイルをお届けします

特徴

「みえる」プレミアムクラスに迫る高画質を提供

超音波には分解能とペネトレーションのトレードオフがあるため、広帯域と高感度を両立して実現することが最大の課題でした。 SONIMAGE HS1 はこの難題に対し、材料技術と微細加工技術を高度にすり合わせ、高周波では他社に類を見ない広帯域特性を有するプローブを開発。 これにより、直径数百μm 程度の筋束や神経束の繊維構造まで鮮明に描出する、高画質な画像の提供が可能になりました。

Simple Clear Flow モード

高分解能な血流表示モードで、細い血流を感度良く描出することができます。

エラストグラフィ

独自のストレイン解析処理技術により、プローブを圧迫・弛緩することで得られる相対的な歪み情報から、組織の硬さをリアルタイムで観察することができます。

「かんたん」操作手順を簡略化し、直感的な使いやすさを追究

一般的な超音波診断装置では数十個ある操作キーを8 個に絞り、使用頻度の高い「フリーズキー」と「ゲイン調整キー」を一番使いやすい位置へ配置しました。 さらに、画面上のタッチパネルとの組み合わせによって、より直感的な使いやすさを実現しています。 操作キーの機能割付けやタッチパネルのカスタマイズも可能です。

「つながる」場所や用途を選ばないフレキシブルな設計

バッテリー内蔵のポータブル型でありながら、専用のポールカートと接続すれば据え置き型としても使用可能。 移動しても画像送信を簡単に行えるよう無線LAN も対応。モニターは旋回・チルト機能を備えており、用途によってフレキシブルに対応できる設計です。 また、IPS モニターの採用により、明るい診察室や手術室でも鮮明な画像で検査を行うことができます。

オプション機能

Auto IMT 計測 機能

頸動脈検査で計測される内中膜複合体厚(IMT)をワンタッチで自動計測します。最大で2cmの幅で計測が可能です。

Simple Needle Visualization 機能(穿刺針強調表示)

独自の画像解析処理技術により穿刺針と推定される変化を認識しBモード画像上に穿刺針強調表示を行う機能です。

対応プローブ:リニアプローブL18-4、コンベックスプローブC5-2、セクタプローブS4-2
*穿刺針強調処理は穿刺手技を行う為の補助機能となります。実際のご使用の際は、取扱い説明書の注意事項・警告事項を必ずお読みの上ご使用ください。

リウマチワークフロー 機能

多関節のボディーマークの入力を簡単にしました。時間のかかる検査をスピーディにし、取り忘れを一目で確認できます。

*現時点では手指の関節のみ対応しています。説明書の注意事項・警告事項を必ずお読みの上ご使用ください。

仕様・スペック

プローブ仕様

プローブ形状
名称 リニアプローブ L18-4 コンベックスプローブ C5-2 セクタプローブ S4-2
認証番号 226ABBZX00052000 226ABBZX00053000 226ABBZX00138000
プローブ形状
名称 リニアプローブ L11-3 コンベックスプローブ MC10-3 リニアプローブ HL18-4
認証番号 228ABBZX00113000 228ABBZX00112000 228ABBZX00111000
プローブ形状
名称 リニアプローブ L14-4 体腔内プロープ EC9-3
認証番号 227ABBZX00067000 228ABBZX00071000

本体仕様

一般的名称汎用超音波画像診断装置
販売名超音波診断装置 SONIMAGE HS1
認証番号226ABBZX00051000
クラス分類管理医療機器(ClassⅡ) / 特定保守管理医療機器
走査方式 リニア、コンベックス、セクタ
モード B、M、Color、Power、PWD、CWD
モニター 15インチIPSモニター
サイズ W 369mm × D 452mm × H 90mm(本体のみ、LCDモニター折りたたみ時)
電源 AC100V、50 / 60Hz、最大180VA(本体単体でACアダプタ使用時)
質量 約7.8 kg (バッテリー含む)
改良のため、仕様および外観は予告なく変更する場合がございます。
ご使用の際は添付文書および取扱説明書を必ずお読みください。

ページトップへ戻る