AeroDR Portable Solution
回診ソリューション

ポータブル撮影現場において効果的にその特徴を発揮するAeroDR

コニカミノルタのX線自動検出技術“AeroSync”の搭載により、様々なシーンでAeroDR(エアロディーアール)が活用できるようになりました。 いままでは困難だった回診車のDR化も簡単に実現可能にするなど、ポータブル撮影業務の効率化と生産性の向上に寄与します。

回診ソリューションのイメージ図

製品の特長

ポータブル撮影シーンで活躍

X線自動検出技術“AeroSync”が様々なシーンでのAeroDRの活用を可能にしました。
病棟、手術室、救急外来、ICUなどでのポータブル撮影がDR化できます。
複数枚のCRカセッテを持ち運ぶ必要があった従来とは異なり、持ち運ぶのはパネル1枚だけ。その場で瞬時に画像確認が可能です。

AeroDRをポータブル撮影で活用するイメージ

ポータブル撮影をさらに快適に

ポータブル撮影時に必要だった中継ユニットを無くしました。
ポータブル撮影時の持ち運びによる負担を軽減します。

CS-7 Portable とAeroDRのユニットレス構成のイメージ

一般撮影室とのパネルシェア

AeroDRパネルをポータブル撮影用として限定して使用する必要はありません。一般撮影室とのパネル共用が可能なため、運用や予算に合わせて最適なレイアウトでご提案することができます。

一般撮影室のご使用はX線発生装置との接続が必要です。

AeroDRパネルの一般撮影室とのパネルシェアのイメージ
パネルシェアイメージ

院内LANとの無線通信

制御するコンソールはタブレット型PCを採用し、新たにCS-7 Portableとしてラインナップ。院内LANとの無線通信も可能なため、RIS、PACSとリアルタイムに連携する事ができます。

院内の無線LAN環境の整備が必要な場合があります。

院内LANとの無線通信のイメージ

院内のLAN環境の切替機能

院内システム(RIS / PACS)などのネットワーク体系が異なる場合でも、CS-7 Portableでは、事前に設定したアドレス情報に使用箇所に応じて切り替えることが可能なため、持ち運びによる運用が基本運用となる回診環境でも柔軟にご使用いただけます。CS-7 Portableは、回診環境下での必要な機能を備え、最適なソリューションをご提案いたします。

院内LANとの無線通信イメージ
院内LANとの無線通信イメージ

オプション機能

カテ先・ガーゼ強調処理

ポータブル撮影の目的は、経過観察だけではなく、術後の残存物確認(ガーゼカウント)や、カテーテルや挿管チューブのルート確認等も挙げられます。CS-7 Portableには、そのための専用処理を搭載しました。カテーテルやガーゼなどの確認をしやすくし、即時画像確認のメリットを最大限に活かすことができます。

オプション機能

<対象部位>
胸部正面/胸部側面/腹部正面/腹部側面/頭部正面/頭部側面/小児胸部正面/小児胸部側面/乳幼児胸腹部/新生児胸腹部/聴器/頸部/腰椎側面/胆道造影/手指骨/足根骨/足趾

カテ先・ガーゼ強調処理
強調処理実施

散乱線補正処理「インテリジェントグリッド」

インテリジェントグリッドとは、グリッドを使用せずとも画像処理によって散乱線の影響を取り除き画像コントラストを改善する技術です。これにより、特にポータブル撮影において撮影毎のアライメントの調整やグリッド脱着の手間から解放されます。

オプション機能

<対象部位>
胸部(正面、側面)/腹部(正面)/骨盤(正面、斜位)/頭部(頭蓋骨、トルコ鞍、副鼻腔、眼窩、顎関節)/頸椎(正面、側面、斜位)/鎖骨(正面)/胸椎(正面、側面)/胸腰椎(正面、側面)/腰椎(正面、側面、斜位)/肩関節/両股関節/股関節(正面、軸位、ラウエン)/膝関節(正面、側面、軸位)/大腿骨(正面、側面、斜位)

インテリジェントグリッド

肺野欠損・体動検知処理

DRの即時性メリットを活かし、再撮影の判断をより迅速に、正確に行うことができる機能です。CS-7では撮影直後に、「肺野欠損」や「体動」といった写損の可能性のある画像を画像解析により自動検出する機能を搭載しています。

オプション機能

肺野欠損画像
肺野欠損画像
体動画像
体動画像

検査分離・結合機能

コンソール上で検査の分離・結合を行う編集機能です。検査単位での入替や検査内の撮影画像単位での入替が可能です。例えば、救急患者撮影の際に仮の患者IDで撮影し、撮影後に正規の検査オーダー情報に紐付けしたり、患者取り違えがあった場合でも検査間での入替えを行うことができます。

オプション機能

検査結合画面
検査結合画面
検査間画像入替画面
検査間画像入替画面

PDA端末オプション

CS-7 Portable本体に対して子機となるPDA端末をご利用いただくことにより、回診現場での撮影をより快適にサポートいたします。回診車から離れたところでも検査の選択や、撮影後の画像を確認することができます。

オプション機能

無線バーコード認証に対応

無線通信に対応したバーコードリーダーを使用することで、患者様の誤認証防止に貢献します。無線通信対応なので煩わしいケーブルが邪魔になることもありません。

オプション機能

無線バーコード認証のイメージ

導入事例

病棟回診における活用事例です。

東海大学医学部付属病院様

製品は撮影当時から仕様の変更があるものがございます。

仕様・スペック

システム構成

AeroDR Portable Solutionのシステム構成例

AeroDR Portable Solution の主な構成品

各製品の詳細な仕様については、対象パネルのページをご参照ください。

対象パネル

AeroDR fine AeroDR PREMIUM AeroDR
AeroDR fine

AeroDR fine の詳細を見る

AeroDR PREMIUM

AeroDR PREMIUM の詳細を見る

AeroDR

AeroDR の詳細を見る

対象コンソール

CS-7 Portable
CS-7 Portable

CS-7 Portableの詳細を見る

こちらに記載の内容、仕様および外観は性能向上のためお断りなく変更する場合があります。

記載の性能は、いずれもフル充電後の性能です。また記載の性能は、使用環境、使用頻度等によって変動します。(性能を保証するものではありません)特に回診車では、一般撮影室のように、電波状況の測定に基づいたアクセスポイント最適配置が困難なため、使用環境によって、性能が大きく変動する場合があります。

こちらに記載の会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

「AeroDR PREMIUM」は、「デジタルラジオグラフィー AeroDR SYSTEM2(製造販売認証番号:226ABBZX00050000)」の呼称です。

「AeroDR」は、「デジタルラジオグラフィー AeroDR SYSTEM(製造販売認証番号:225ABBZX00011000)」の呼称です。

「CS-7 Portable」は、「画像診断ワークステーションCS-7 (製造販売承認番号:22200BZX00834000)」の呼称です。

KONICA MINOLTAロゴ、シンボルマークは、日本及びその他の国におけるコニカミノルタ株式会社の登録商標です。

AeroDRは、日本及びその他の国におけるコニカミノルタ株式会社の登録商標または商標です。

このページを共有する