Senciafinder(センシアファインダー)

Senciafinder(センシアファインダー) 「頭の中のイメージを高速に可視化する画像処理プロセッサー」 Bone Suppression処理と経時差分処理が読影時間の向上を支援

Senciafinderは、Bone Suppression処理と経時差分処理のふたつの画像処理機能を搭載可能なゲートウェイです。
胸部単純X線画像に対し、それぞれの処理画像を自動生成します。自社CR/FPD以外の画像にも対応し、読影効率の向上を強力にサポートします。

Bone Suppression処理(胸部骨減弱処理):「みえにくい」病変を「みやすい」に


図を拡大する

Bone Suppression処理をご利用いただいている先生からのコメント

・肺尖部 鎖骨/肋骨と重なり見落としやすい病変を見つけやすい。

胸部経時差分処理(Temporal Subtraction):「みえにくい」変化を「みやすい」に


図を拡大する

経時差分処理をご利用いただいている先生からのコメント

Senciafinderの構成例


図を拡大する

仕様

一般的名称 画像診断ワークステーション
販売名 画像診断ワークステーションImage Processing Pro
承認番号等 225ABBZX00123000
クラス分類 管理医療機器(ClassⅡ) / 特定保守管理医療機器
寸法 W 175×D 434.8×H 359.9mm
重量 11.70kg
OS Windows 7 Professional(64bit)SP1日本語版
CPU Intel Core i7-6700 , 3.40GHz
主記憶装置(メモリ) 16GB
補助記憶装置 SSD 512GB
ドライブ DVD +/- RW
ネットワーク Ethernet 100BASE-TX / 1000BASE-T
動作環境動 作時温度 5~35℃(41~95°F)
相対湿度 20~80%(結露しないこと)
電気定格 定格電圧 100~240V
定格電流 5.4A
消費電力 290W
上記の仕様は性能向上のためお断りなく変更することがあります。
Senciafinderは、薬機法認証の「画像診断ワークステーションImage Processing Pro」の呼称です。
KONICA MINOLTAロゴ、シンボルマークは、日本及びその他の国におけるコニカミノルタ株式会社の登録商標です。
Microsoft、Windows、Windows 7は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
Coreは、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。
その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

ページトップへ戻る