マンモグラフィー診断支援ソフトウェア
MGCAD-i

マンモグラフィー診断支援ソフトウェア
MGCAD-i

MGCAD-i

製品の特長

  1. 優れた感度と検出意図のわかりやすさ
  2. 石灰化の観察ストレス(読影中/読影後)を大幅に軽減できる安心感を提供
  3. 読影に優しいCADマーキング表示

マンモグラフィー診断支援ソフトウェアMGCAD-iは医師の読影を補助し診断の参考情報を提供する装置です。

診断は医師の責任において行っていただくようお願いいたします。

製品の機能

弊社マンモビューワーとの組み合わせによりマンモグラフィー読影に最適な環境を提供

検診におけるマンモグラフィーCADの活用

森田孝子先生

「CADを活用した検診デジタルマンモグラフィー読影の効率化と正確性」

森田 孝子 先生
独立行政法人国立病院機構
名古屋医療センター 乳腺科/
愛知乳がん検診研究会

武部晃司先生

「マンモグラフィー検診を凌駕する新発想の検診法 CAD navigated US screeningの有用性」

ドクターズインタビュー
武部 晃司 先生
たけべ乳腺外科クリニック院長

読影に優しいマーキング表示

簡単なボタン操作で、CADが検出したエリアを見やすい線で囲み表示し、画像の観察にともなうストレスの大幅な軽減に貢献します。

特定の病変に関連した特徴を持つ画像上のパターンを検出する処理であり、がんを検出するものではありません。また、病変陰影を検出しない場合や、正常組織を検出する場合が存在します。

読影を支援するCAD表示

「マンモグラフィ診断支援ソフトウェアMGCAD-i」は「マンモグラフィ診断支援装置NEOVISTA CAD typeM (承認番号:22200BZX00278000 )」の呼称です。

このページを共有する