AI技術を活用し、医療現場の胸部X線画像診断への
課題を解決したいという思いから生まれた
次世代画像解析技術です

胸部X線画像診断支援ソフトウェア
CXR finding-i

特徴

AIが胸部X線画像診断を支援

CXR finding-iは、専門医のスキルを学習したAIが胸部X線画像を解析し、医師による胸部X線画像の読影において、肺がんが疑われる所見である結節影、肺炎や結核などの所見である浸潤影の見落とし防止を支援するソフトウェアです。

多くの画像を学習したAI

数十万以上の胸部X線画像をAIが学習しています。学習済みのAIは、未学習の画像に対して解析ができます。

導入後の事後学習はできません。

画像処理ゲートウェイSenciafinderへの搭載

お客様からのご注文に応じて、CXR finding-iソフトウェアは、Senciafinderにインストールすることができます。装置から受信する胸部正面画像に対し、AI解析を行い、オリジナル画像とAI結果をPACSに送信しますので、読影時にAIの解析結果を確認可能です。
AI解析以外にも、オプションで、Bone Suppression処理、胸部経時差分処理Temporal Subtraction処理といった、画像処理も可能です。

FINO.VITAシリーズとの連携

FINO.VITAシリーズのFINO.Report・FINO.View.Proと組み合わせる事で、医師が書いた読影レポートの結果に対し、AI解析結果を使って所見の有無の差異をチェックし、通知することが可能です。

ページトップへ戻る