医療連携向けマルチデータ入出力システム

ID-680HM

医療連携の即戦力に。
施設間のデータ交換を強力にサポート!

製品の特長

紹介患者の画像取り込み時、どんなことにお困りですか?

  1. DICOMデータなのに、規格違反でPACSに取り込めない。
  2. 紙媒体/PDFデータもデータ管理がしたい。
  3. 内視鏡や超音波のJPEG画像も取り込みたい。
  4. 紹介画像の取り込み業務が増大している。

これらの問題解決をお手伝いします!

多彩なデータが行き交う地域医療連携に欠かせない1台。
マルチな機能で施設間のデータ交換を強力にサポートします。

  • 紹介患者の画像データを適切に運用
  • 施設間のデータ交換をサポート
  • 紙の依頼票や所見などもデータ管理
  • 汎用画像データの取り込み
  • 放射線科の業務環境改善に

機能

製品情報

ID-680HMは『患者情報』又は『患者情報+検査情報』を簡単に登録、送信できる医療連携向けマルチデータ入出力システムです。多彩なデータが行き交う地域医療連携に対応し、施設間のデータ交換をサポートします。

データ取り込み機能

  • 紹介用CD/DVDの取り込み
    DICOMDIRが無いメディアも取り込むことが可能です。
  • 汎用画像データの取り込み
    内視鏡、超音波装置等のJPEG画像の取り込みも可能です。
  • PDFデータの取り込み
    取り込みメディア内にPDFデータが存在した場合、自動的に検知し、
    同一検査の画 像データとして画像サーバに送信が可能です。
  • フィルムデジタイザとの接続
    フィルムデジタイザによる、X線フィルムの取込みが可能です。

DICOMチェック/編集機能

画像データのDICOM規格違反を検知し、情報の修正が行えます。これにより、紹介画像データの自院「画像サーバー」への取り込み精度が向上します。紹介用PDIデータ出力時にも、DICOM違反チェックが可能です。

情報修正機能

紹介画像を取り込む際に、患者/検査情報の編集が可能です。

  • オーダーサーバと連携した、「画像取込みオーダー」の取得が可能です。
  • 画像サーバから関連検査の患者/検査情報の取得が可能です。

操作性

わかり易い画面操作で、パソコンに不慣れな方でも、直ぐにお使い頂けます。

データ出力機能

画像サーバから画像を取得し、紹介用PDIデータの出力が可能です。

  • PC本体のCD/DVDによるメディア出力と汎用プリンターによるラベルが可能です。
  • CD/DVDデュプリケーターによる、メディア出力/ラベル印刷も可能です。
  • メディア出力時に、レポートファイルの添付が行えます。

ディスクデュプリケーター

周辺システム・ゲートウェイ 製品一覧

PACS医用画像管理システム

被ばく線量管理システム

マンモグラフィ読影システム

RIS部門業務統合管理システム

医療情報統合システム

周辺システム・ゲートウェイ

【ウェビナー】コニカミノルタ線量管理セミナー 医療被ばく線量管理において、放射線科が取り組むべきこと

このページを共有する