Bone Suppression処理(胸部骨減弱処理)

Bone Suppression処理 「頭の中でイメージしている減弱像を可視化」 鎖骨と肋骨のみを減弱する画像処理技術が読影を支援

Bone Suppression処理(胸部骨減弱処理)

BoneSuppression処理は、独自の胸部X線画像データベースをもとに、高度なアルゴリズムで胸部画像の前方肋骨、後方肋骨、および鎖骨の信号を減弱する画像処理技術です。医師が頭の中でイメージしている、「鎖骨/肋骨の減弱像」を可視化することで肺野内の骨に重なる病変の視認性を向上させ、胸部読影の診断を強力にサポートします。

肋骨減弱処理の図
図を拡大する

Bone Suppression処理のアルゴリズム(処理フロー)

肋骨減弱の処理アルゴリズム(処理フロート)の図
図を拡大する

Bone Suppression処理の有用性 -利用しているお客様の声-

肺尖部 鎖骨/肋骨と重なり見落としやすい病変を見つけやすい。気胸も見つけやすい。 肺紋理 肋間/肋骨下の複雑な肺紋理の構造が理解しやすく、血管/気管支を追いやすい。 肺野 肺野全体を俯瞰でき、びまん性肺炎等の広がりを認識しやすく、新規病変も見つけやすい。

大谷先生によるBone Suppression処理の解説と症例の説明

池袋大谷クリニック院長 大谷義夫先生インタビュー

Bone Suppression処理で見る症例1) 肺がん

Bone Suppression処理で見る症例2) 間質性肺炎

Bone Suppression処理で見る症例3) 肺炎

Bone Suppression処理で見る症例4) 肺がん

もっと詳しい情報を知りたい方はこちらからお問い合わせ・カタログをご請求下さい。

製品についてのお問合せはこちら アフターサービスについてはこちら メールでお問合せ カタログ請求 新規開業メールお問合せ

ページトップへ戻る