画像診断ワークステーション

NEOVISTA I-PACS EX5

承認番号:21800BZX10168000

更に進化を遂げた「I-PACS EX」
最新の技術で快適な診断環境を強力にサポート

特長

多彩な機能を搭載し医療を強力サポート

  • Bone Suppression機能:肋骨や鎖骨で隠れた病変をみやすくして、読影を支援
  • 経時差分機能:過去画像との変化をみやすくして、読影を支援
  • 骨塩定量検査(Quick-DIP):その場で検査結果の確認が可能
  • マトリックス表示、自動心胸隔比計測、マンモ読影機能などを搭載

機能によりライセンスが必要です。

クラウドを利用した画像データ保存に対応

  • データセンターへの保存により、増え続ける医療画像情報を安全に管理
  • 機器導入時のコスト削減が可能、機器の増設も不要
  • 地域医療連携のゲートウェイとして使用可能

幅広いユーザーに対応する柔軟な設計

  • クリニックから病院まで、高機能を使いやすく設定可能
  • レポート機能を標準装備、様々な施設の運用に対応

肋骨や鎖骨で隠れた病変がみやすい! Bone Suppression処理

Bone Suppression処理は、医師が頭の中でイメージしている、肋骨・鎖骨の減弱像を可視化し、肺野にある骨に重なった病変を見やすくすることで、読影を支援する画像処理技術です。 ※オプション

ご利用いただいているお客様の声

  • 肺尖部:鎖骨/肋骨と重なり見落としやすい病変を見つけやすい。気胸も見つけやすい。
  • 肺紋理:肋間/肋骨下の複雑な肺紋理の構造が理解し易く、血管/気管支を追いやすい。
  • 肺野:肺野全体を俯瞰でき、びまん性肺炎等の広がりを認識しやすく、新規病変も見つけやすい。

Bone Suppression処理(胸部骨減弱処理)の詳しい情報はこちら

過去画像との変化がみやすい! 経時差分処理

経時差分処理は、種々の病態が存在する胸部単純x線画像の「現在」と「過去」の変化を比較して、差引いた画像を生成し「変化を可視化」することで、読影を支援する画像処理技術です。 ※オプション

ご利用いただいているお客様の声

  • 瞬時に正常画像を正常と確信が持てる。
  • 小さな領域から大きな領域まで、様々な病変の変化を追いやすい。
  • 肺門部裏や心臓裏等の部位にある病変も見落としにくい。

胸部経時差分処理(Temporal Subtraction)の詳しい情報はこちら

検査状況が一目瞭然! マトリックスビューアー機能

患者ごとの検査結果を、時系列で一覧表示し、検査情報を俯瞰する事ができます。院内の電子カルテから、マトリックス画面を連携起動し、参照画像を表示することや、必要に応じてI-PACS EX5のビューアーの起動が可能です。WEBブラウザで動作し、モバイル端末でも参照画像を表示できます。

1クリックで計測! 自動心胸郭比算出機能

透析施設で必要な心胸郭比計測機能を自動化しました。計測結果を自動表示し、CSV形式で計測データを出力することも可能です。

「I-PACS EX 透析ライセンス」が必要です。

院内で完結! 骨塩定量検査サービス「Quick-DIP」

I-PACS EX5の「Quick-DIP」なら、骨粗鬆症の検査が院内で完結します。フィルム出力も不要となり、検査結果がその場で確認できます。DIP法による骨塩定量検査の保険請求(140点)が可能です。

「I-PACS EX骨塩定量ライセンスパッケージ」が必要です。

薬事認証番号:225ABBZX00053000 販売名:画像診断ワークステーション NEOVISTA I-PACS EX for DIP

サポート機能

クラウド保管サービスに対応※1

院内PACSに直近の画像を保存し、データセンターにて全データの長期保存を行うことで、スムーズな画像表示と安全な運用を可能にします。

〈システムの特長〉

  1. ローカル部分は最小限のシステムで構築できるため、機器導入のコストが抑えられます。
  2. 万一のネットワーク障碍児にも、ローカル部分のみで運用接続が可能。システム停止のリスクを回避できます。
  3. 新規画像受信時に、データセンターから該当患者の過去画像を自動取得する機能を搭載し、検査展開時にスムーズな画像表示が可能です。

※1「infomity」の契約が必要です。

クラウドを利用した地域医療連携や医療支援にも対応

「infomity連携BOXサービス」を利用※2することで、I-PACS EX 3の読影画面から「連携BOXゲートウェイ」が起動。シームレスな連携ができ、様々なサービスをご利用いただけます。

  • 地域医療連携:他の医療機関との連携、患者紹介・逆紹介、検査予約が可能です。
  • 遠隔読影支援:手軽に専門医へ読影依頼ができます。
  • 救急運用支援:モバイル端末を使用した救急時の画像参照が可能です。

※2「infomity連携BOX」の契約が必要です。

メディアを利用した画像の受け渡し機能を搭載

DICOM 画像をビューアー付きでメディアに書き込むことができ、患者への画像提供や他院への紹介、検査依頼などに活用できます。データの取り込みも動画など、様々なデータの一元管理が可能です。

充実機能と高速表示!マンモオプション

マンモグラフィのソフトコピー診断をストレスなく読影し運用していただくため、読影者のスタイルに応じた表示をカスタマイズできるよう、多彩な機能をとりそろえております。

仕様・スペック

本体仕様

販売名:画像診断ワークステーション NEOVISTA I-PACS EX
薬事承認番号:21800BZX10168000

ラインナップ EX250 EX500 EX800 EX1500 EX2000
機能仕様 画像保存領域 約250GB 約500GB 約770GB 約1.5TB 約2TB
表示 階調処理、windowレベル変更、パン、拡大縮小、虫眼鏡、シネ、比較表示、マンモ表示、3D表示(MPR/MIP/MinIP)、マトリックス表示
計測 2点間、3点、Cobb角、楕円、矩形、点CT値、楕円CT値、2直線比較、心胸比計測
アノテーション 直線、矩形、真円、楕円、自由曲線、テキスト
オフライン画像連携 メディア読み込み(PDI,DICOM,JPEG,Bitmap,PDF,WMV,他)、メディア出力(PDI,DICOM,JPEG,Bitmap)
その他 簡易レポート、イメージャー出力、紙プリント
オプションライセンス 電子カルテ接続、透析、心電図連携、整形機能拡張、読影マンモ、マンモレポート、15MsP表示、内臓脂肪測定、クライアント同時接続、ユーザーPC接続
ID-680SAN内包、外部連携、DICOM SR、DICOM Q/R、HOST出力、MWM-SCU、バージョンアップ、HL-7接続、Bone Suppression、経時差分、骨塩定量

モニタ組み合わせ例

標準モニタは19インチ、21インチから、高精細モニタは2Mモノクロ/ 2Mカラー/ 3Mモノクロ/ 3Mカラー/ 5Mモノクロからお選び頂けます。

19インチカラー標準

19インチ+21インチ

19インチ+21インチ×2台

21インチ高精細 縦型

21インチ高精細 横型

21インチ高精細×2台

オプション : NAS

  2.0TB
(1.0TB×4、RAID5+HS)
4.0TB
(2.0TB×4、RAID5+HS)
 
画像保存領域 約2.0TB 約4.0TB
接続可能台数 ニアラインストレージ(容量増設)用1台 / バックアップ用2台※3
外形寸法(WxDxH) 180×235×177mm
重量 / 電源 約6.18kg / AC 100V 43W 約6.77kg / AC 100V 43W

※3I-PACS EX 3 250GB・500GB・1.0TBはバックアップ用NASのみ接続が可能

PACS医用画像管理システム 製品一覧

PACS医用画像管理システム

被ばく線量管理システム

マンモグラフィ読影システム

RIS部門業務統合管理システム

医療情報統合システム

周辺システム・ゲートウェイ

このページを共有する