マンモグラフィ画像診断システム

FINO.VITA.PX typeMG

マンモグラフィ画像診断に適した
ワークフローを実現

FINO.VITA.PX typeMG(フィノ.ビータ.ピーエックス タイプエムジー)は優れた操作性、充実機能、高速表示で効率的な読影を強力に支援。マンモグラフィ画像診断に適したワークフローを実現します。

「FINO.VITA.PX typeMG」には 販売名:フィノビータ ビュー(認証番号:301AIBZX00005000)が搭載されています。

製品の特長

1. 優れた操作性で効率的な読影を支援するビューワー

2. カスタマイズ性の高い読影プロトコルやトモシンセシス再生、CAD表示の充実機能

3. カテゴリーの自動反映や総合判定に対応した簡単所見入力(オプション)

機能

直感的な操作環境

直感的に操作がおこなえる、マンモグラフィ読影に最適化なカスタムボタン付きの汎用マウス「専用コントローラー」を搭載しております。 よく使用する機能や読影プロトコルを自由にボタンに割り当てることができ、読影画面から目線を逸らすことなく効率的な読影を実現します。

自由自在なレイアウト

読影プロトコル機能で、お好みの画像表示レイアウトを複数作成することが可能です。ワンクリックで事前に設定した画像表示レイアウトを次々と切り替えることができ、読影効率の向上に寄与します。 マルチモダリティに対応し、超音波やMRIの乳腺に関する画像を同一ビューワー上で表示することが可能です。

読影を支援する充実機能

トモシンセシス:シェーマ表示によりスライス位置の把握が一目で可能です。また、自動再生機能や未表示画像確認機能により、精度の高い診断を支援します。

CAD:DICOM SRに対応し、CADシステムで生成されたCADの表示が可能です。ワンクリックで表示/非表示を実行し、読影を支援します。

ガイドライン準拠のレポート搭載

マンモグラフィガイドラインに準拠したレポーティングシステムでは、病変アイコンの貼り付けにより部位や病変情報、カテゴリーを自動反映し、簡単入力を実現します。 乳腺超音波の入力にも対応し、マンモグラフィと乳腺超音波検査の総合判定が可能です。 多彩な検索機能の搭載により、統計・集計にも有用です。

オプション

保守・サービス体制

コニカミノルタでは、全国すべてのエリアに展開しているサービス拠点がコールセンター、開発部門と連携し、ご使用いただいている製品の品質維持・向上に努めてまいります。(24時間365日サポート)

マンモグラフィ読影システム 製品一覧

コニカミノルタのピンクリボン運動
Women's Health

PACS医用画像管理システム

被ばく線量管理システム

マンモグラフィ読影システム

RIS部門業務統合管理システム

医療情報統合システム

周辺システム・ゲートウェイ

このページを共有する