ITEM in JRC 2020 国際医用画像総合展

ITEM in JRC 2020
国際医用画像総合展

ITEM in JRC 2020 国際医用画像総合展 コニカミノルタヘルスケア Web開催は終了しました。多くの方にご来訪いただき、誠にありがとうございました。

医療技術は日々進化し続けています。
医療に関わるすべての人がその進化を支え、ひとつの技術が新たな技術を生み出してきました。
技術と技術の連携により、新しい革新的な価値が生まれることがあります。
この革新に不可欠なのが、人と人、技術と技術の協調です。
私たちコニカミノルタは「新しい発想」と「進化した技術」を原動力に、皆さまと共創した「RE-INVENT : 再発明」をお届けいたします。

主な製品情報

1. X線動画解析ワークステーション KINOSIS(キノシス)

コニカミノルタはデジタルX線撮影という汎用的な技術を用いて “動画撮影” という新たな診断方法を実現しました。既存の設備を使用したこの技術は、まさに “RE-INVENT” (再発見、再発明、進化)であり、既に多くの実臨床の現場で使用されています。また、たくさんのお客様にそのさらなる可能性を感じて頂き、新たな解析方法の開発や整形診断領域への拡張などに繋がっています。『KINOSIS』の “RE-INVENT” をぜひご体験ください。

2.ワイヤレスタイプ可搬型DR AeroDR fine

100μm 画素と DQE56% を独自技術で両立し、『高解像・高感度・高画質』を実現したAeroDR fineは、日頃の撮影業務に安全・安心・効率化を提供しています。米国国防総省MIL規格(MIL-STD-810G)にクリアした耐衝撃性能と、パネルの裏面に配置されたくぼみ面による握圧低減効果が、使用後の疲労感と落下の不安を大幅に軽減します。またはパネル単独で撮影可能な「Aero Storage」機能とウォッチングデバイスとの併用により、撮影時に手元でパネルの状態が確認できるためワークフローの効率化に寄与します。

高画質化、低被ばく化、見落し防止による読影効率化を実現するコニカミノルタの画像処理技術。画像処理エンジンREALISMはパラメータの更なる最適化と被写体ごとのばらつきの自動調整機能を拡張し、高画質化と読影効率化に一層寄与します。また、Bone Suppression処理は、独自のアルゴリズムを用いて医師の頭の中でイメージしている「鎖骨/肋骨の減弱像」を可視化することで、胸部読影を強力にサポート。Temporal Subtraction処理は、現在と過去の差分画像を生成し「変化の有無」を可視化することで読影時間短縮に貢献します。

4.被ばく線量管理/
一般撮影業務管理システム FINO.XManage

『FINO.XManage』は各種モダリティやPACSから線量情報を取得し、画像とともに管理可能なシステムです。画質を担保しながら医療被ばくの最適化に貢献します。さらに一般撮影の多様なデータを可視化・分析できるマネジメント機能『RADInsight』を搭載。再撮影の管理に加え、撮影技術の教育支援ツールも備えています。『FINO.XManage』は、あるべき医療被ばくの最適化の実現に向けて、お客様をサポートします。

5.ヘルスケアITブランド FINO.VITA

FINO.VITAシリーズは、医療現場で様々に活用される情報を最適な形でご提供します。『FINO.VITA.SX』は優れた操作性、高度な画像表示、施設間連携に対応したビューワー、『FINO.Integra』はあらゆる診療情報統合システム、『FINO.WorkManage』は直感的な操作と自由なカスタマイズが可能な部門業務統合管理システムです。FINO.VITAは“想い”と“技術”に向き合い、お客様の働き方改革を具現化します。

6.超音波診断装置
SONIMAGE HS2 / SNiBLE2

高精細画像と直感的な操作性で、国内整形外科市場において高シェアを獲得している超音波診断装置『SONIMAGE HS1 / SNiBLE』の後継機種として、画質、ユーザビリティを向上させた『SONIMAGE HS2』と『SNiBLE2』を2020年2月に発売いたしました。CPU性能の向上やメモリ容量の増加などにより操作レスポンスを大幅に改善するとともに、血流計測を簡便に行える<Vascular NAVI機能>を搭載し、血流計測のために調整が必要なステア角度、ポジション、サンプル幅、角度補正の4 項目を瞬時に自動調整することが可能となりました。さらに、自動検出アシスト機能により血管壁を検出し血管径を計測することで、透析患者のシャントの評価が容易になるほか、頸動脈検査のような血管系検査の作業効率の向上し、ベッドサイドで検査や処置を行うPoint of Care領域に超音波診断装置で新たな価値を提供いたします。

7.乳がんの早期発見から治療まで
Women's Health

すべての女性が健やかに、いきいきと活躍できる社会づくりに貢献したい。乳がんの早期発見と的確な診断、そして治療と向き合う患者のQOL向上まで実現する新たな価値の創造を目指します。『FINO.View.MG』の新機能“シェーマリンク機能”は、より正確で効率的な超音波併用検診をサポート。高画質とユーザビリティーに優れた『SONIMAGE HS2』とともに、乳がん検診のワークフローを刷新します。

ITEM in JRC 2020 国際医用画像総合展

ITEM in JRC 2020 国際医用画像総合展 は終了しました

本サイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。

このページを共有する