被ばく線量管理システム

FINO.XManage

線量と画像を一元管理したシステム
被ばく線量の最適化、
線量管理の効率化を支援します。

<動画を再生する>

製品の特長

マルチモダリティ対応の線量と画像を一元管理したシステム
被ばく線量の最適化、線量管理の効率化をサポート

FINO.XManageは、各検査装置またはPACSから出力された線量情報を蓄積し、被ばく線量の最適化を支援します。線量と画像の両側面より線量管理を行うことが可能であり、様々なグラフと共に線量情報の可視化、分析が行えます。

  • 線量情報と一体化した画像の参照が可能
  • カンファレンス機能や線量レポート出力機能
  • 一般撮影用 入射表面線量算出機能
  • X線CT用 SSDE自動算出/SD値計測機能

オプション

蓄積された情報を基に
任意の管理グラフ作成とDRL比較による線量管理

患者ごとの被ばく線量管理、検査装置毎のプロトコル検討を支援する様々な管理グラフ(棒グラフ、箱ひげ図、散布図、円グラフ)を搭載。身長/体重/体表面積/BMI/年齢/性別/検査時間/検査装置など様々な条件をキーに最適なグラフを展開できます。またDRLをグラフに表示し比較が可能です。

統計情報を基に
施設独自のDRL設定が可能

ガイドラインのDRLとの比較に加えて、施設独自のDRL設定を登録する事が可能です。変更履歴は線量検討結果としてイベント管理されます。

オプション機能

FINO.XManageとI-PACS QA を連携
線量情報とともに画質管理をサポート

オプション

RDSR情報を受信画像とともに参照

FINO.XManageとI-PACS QAを連携する事で、RDSR情報を受信画像とともに参照可能です。被ばく線量と画質を合わせて管理し、検査コメントのDB登録も可能です。またモダリティごとに線量指標の閾値設定が可能であり、超過した際にはI-PACS QAのリスト画面上にアラート表示されます。

オプション

検査情報を時系列に表示

患者ごとの検査情報をマトリクス形式で時系列に表示できます。 検査履歴を画像と共に俯瞰参照でき、PACSなど他システムの起動連携を行う事が可能です。

オプション

被ばく線量管理システム 製品一覧

PACS医用画像管理システム

被ばく線量管理システム

マンモグラフィ読影システム

RIS部門業務統合管理システム

医療情報統合システム

周辺システム・ゲートウェイ

このページを共有する