コニカミノルタ

コニカミノルタについて

グリーンマーケティング

お客様が抱える環境課題解決の支援

活動の概要

コニカミノルタは、製品やサービスだけでなく、お客様のお役に立てるものはすべてソリューションと考えています。自社で実践してきた環境ノウハウを提供する「グリーンマーケティング活動」では、コニカミノルタの環境経営に共感いただいたお客様の環境課題の解決に寄与することで、信頼関係を構築し、世界中の企業からビジネスパートナーとして選んでいただくことを目指します。

2019年度の活動成果

日本では、環境セミナーや講演会を開催し、コニカミノルタの環境経営について実践事例を交えて紹介しました。累計948社、1560名のお客様に参加いただきました。また12月に出展した「エコプロ2019」では、事業計画と連動して環境課題の解決を目指すコニカミノルタの環境経営の考え方をお客様に紹介し、多くの共感をいただきました。また「環境相談コーナー」では188社のお客様から環境相談をいただき、コニカミノルタが実践してきた環境ノウハウを提供するとともに、後日、相談いただいたお客様を訪問して意見交換を行いました。
環境法規制の強化が著しい中国では、お客様先や工場における環境交流会を計22回開催。累計62社、102名のお客様に、コニカミノルタが中国生産拠点で培ってきたノウハウや、そのノウハウが詰まった現場を見学していただきました。環境のみならず、品質、生産技術、人材育成など幅広い分野で互いのノウハウを共有し、なかには工場同士の継続的な交流に発展しているケースもあります。

環境デジタルプラットフォームの構築

環境問題は地球規模の緊急課題であり、1社だけの努力で解決できるものではありません。コニカミノルタではすでに、自社内で蓄積してきた事業貢献やコスト削減につながる環境経営のノウハウをオープンにし、デジタル化を通じて多くの企業へ提供してきました。
コニカミノルタは、今までの環境活動を通じて構築してきた1,000社以上のお客様基盤を通じて、自社の環境ノウハウをデジタルで共有していきます。さらにそれぞれの企業が持つ環境ナレッジをもお互いに共有し、新たな価値を共創していく場を提供することで、飛躍的に環境への貢献度が高まると考えています。この、日本企業が持つ優れた環境技術・ノウハウをお互いに活かし、産業界・社会全体の環境負荷低減を目指す独自の「環境デジタルプラットフォーム(環境DPF)」を構築します。2019年12月に開催された「エコプロ2019」では環境DPFをパネル展示やセミナーを通じてお客様へ紹介し、80社を超える企業から賛同をいただきました。
2020年6月より16社の企業とともに環境DPFの試行運用を開始しました。このプラットフォームが多くのステークホルダーに利用してもらうことで成長し、利便性の高いソリューションを提供できる場になると考えます。SDGsの環境・社会課題を解決して事業成長する機会となるだけでなく、先進技術・ノウハウが蓄積され利用価値を高め、事業機会の創出につながることを目指していきます。

図をクリックすると拡大表示されます。

環境デジタルプラットフォーム掲載コンテンツ例:
環境経営支援コンテンツサービス「biz-Library(環境経営)」

コニカミノルタは、自社内に蓄積してきた環境経営のノウハウをデジタル化し、より多くの企業に提供することが、環境への貢献度を飛躍的に高めることにつながると考え、2016年度からウェブコンテンツサービス「biz-Library(環境経営)」を提供しています。
このサービスは、多くの企業が課題としている「環境戦略策定」「環境ISO改訂への対応」「工場の省エネとコストダウン」「化学物質管理」「工場における資源の有効活用とコストダウン」「Scope3 CO2排出量の算定方法」「企業における廃棄物管理」の7テーマについて、コニカミノルタの実践事例を動画やドキュメントで提供するものです。実際に使用したマニュアルやツール類も活用でき、お客様の社内での効果的・効率的な環境負荷低減活動の推進に貢献しています。
前述の環境デジタルプラットフォームでも提供しているコンテンツです。


「工場における資源の有効活用と
コストダウン」


「Scope3 CO2排出量の算定方法」


「企業における廃棄物管理」

お客様の声 |パナソニック株式会社様

当社は2017年に「使うエネルギー < 創るエネルギー」をゴールとする「パナソニック環境ビジョン2050」を定めました。しかし、その高みに向かって具体的な環境活動を進める上で、やはり自社だけの取り組みではスピードに限界を感じておりました。コニカミノルタ様とは、以前から中国の工場同士の交流など、様々な場面でのお付き合いを通じて、環境経営について学びを得てきました。そして今回、「環境デジタルプラットフォーム」へのお誘いをいただき、そのコンセプトに大いに共感し、仲間に加わりました。企業の枠を越えてノウハウを共有し、参加企業のお困り事から新たな価値を共創する、この素晴らしい取り組みを、皆様と一緒に是非成功させたいという思いで一杯です。どうぞよろしくお願いいたします。


パナソニック株式会社
品質・環境本部
環境経営推進部 部長
楠本 正治様

ページトップへ戻る