コニカミノルタ

コニカミノルタについて

サステナビリティ目標と実績

中期経営計画のもと、マテリアリティ(重要課題)に沿って指標を定め、その進捗を管理しています。

中期サステナビリティ計画2022(FY2020-FY2022)における取り組み

2030年にコニカミノルタが取り組むべき社会・環境課題を明確にし、そこからのバックキャスティングにより、2020年、当社が取り組むべき5つのマテリアリティ(重要課題):「働きがい向上および企業活性化」「健康で高い生活の質の実現」「社会における安全・安心確保」「気候変動への対応」「有限な資源の有効利用」を新たに特定しました。マテリアリティごとに「2030年の目指す姿」を定め、中長期的な価値創出の方向性を明確にしています。
中期経営計画DX2022 (FY2020 –FY2022)においては、「中期サステナビリティ計画2022」を策定し、新たな5つのマテリアリティに沿って「社会・環境価値」と「経済価値」を創出する目標やアクションプランを設定しました。この中期経営計画期間に取り組むサステナビリティ目標とその活動の進捗を報告します。

クリックすると拡大します

中期経営計画SHINKA2019(FY2017-FY2019)における取り組み

中期経営計画SHINKA2019 (FY2017 –FY2019)のもと、マテリアリティに沿ってサステナビリティ目標やアクションプランを設定し、活動を推進しました。中計期間3年間のサステナビリティ目標とその活動実績を報告します。

クリックすると拡大します

ページトップへ戻る