ABWを意識したコニカミノルタの新オフィス見学。社員がイキイキと働ける仕掛けとは!?

コニカミノルタジャパンの新しいオフィス

アフターコロナの働き方改革のキーワードとして注目されているアクティブ・ベースド・ワーキング(ABW)。ABWの考え方を実際のオフィス作りに落とし込むとどんなオフィスが出来上がるのでしょうか。2021年5月にABWをテーマにオフィスをリニューアルしたコニカミノルタジャパンの本社オフィス(東京浜松町)を働き方改革のひとつの事例として、オフィスデザインブログの編集部が見学しました。

ABWを意識した働き方改革のためのオフィスデザイン事例

コニカミノルタジャパンはなぜいま、ABWを意識したオフィスデザインの導入に踏み切ったのでしょうか。まずは、導入に至った背景とリニューアルの目的を、コニカミノルタジャパン空間デザイン部の奈良孝一が解説します



テレワーク+オフィス出社=ハイブリッドな働き方

web_meeting

2013年に働き方変革プロジェクトを発足させたコニカミノルタジャパンは、全国のオフィスでの保管文書ゼロ化(2016)、テレワークの運用開始(2017)と、コロナ前から働き方改革に自主的、積極的に取り組んできました。オフィスのフリーアドレスも2014年から導入しています。

コロナによる最初の緊急事態宣言下におけるテレワークの活用率は約75%(2020年4月)。緊急事態宣言解除後もテレワークを推奨し、テレワークが基本の働き方になりました。Web会議、ビジネスチャットなどデジタル化したコミュニケーションツールの活用によって業務が効率化され、場所にとらわれない働き方が実現されていきました。

そんな中、アフターコロナを見据えた、ニューノーマルな働き方として浮上してきたのが、ABWの考え方に基づいたテレワークとオフィス出社、それぞれを柔軟に使いこなすハイブリッドな働き方。テレワークでも働くことができる今だからこそ、オフィスに出社する価値を高めることが求められていると考えたのです。

業務ごとの特徴にあったオフィス環境とは、そして、オフィスだからこそできるコミュニケーションを活性化する仕掛けをどう実現するのかーー。

そういった考えのもと、ニューノーマル時代に適した働き方改革を提案、実践する場としてABWを意識したオフィスへのリニューアルに踏み切りました。また、実際に自分たちで実践し、その事例を元に社会に提案していくという、いわば検証の場としても活用していく予定です。

自発的と偶発的 二つのコミュニケーション

theme

浜松町のオフィスは執務フロアと来客フロアに分かれています。今回、ABWを意識してリニューアルされたのは、執務フロアの半分のスペース。新しいオフィスは、オフィスだからこそ生み出せる「創造性」、「業務効率」、「エンゲージメント」という3つの価値を高めることを目的にデザインされました。

社員、お客様など、さまざまな人がつながる場所、そして、オフィスでしか叶わない機能とつながる場所、という意味を込めて名付けられた「つなぐオフィス」。テレワークという働き方によって希薄化しているコミュニケーションを、オフィスワークの中でより活性化させるために、「自発的なコミュニケーション」と、「偶発的なコミュニケーション」というコンセプトをワークスペースに落とし込んでいきました。

オフィスでのコミュニケーションには、自発的に生み出すものと、たまたま会社で出会った他の部門の人とのちょっとした会話が生まれるといった偶発的なものがあります。後者では、思いもしなかった会話から新たなビジネスの種が生まれることがあるので、そういった偶発的なコミュニケーションが増える事例となるようなオフィスを目指しました



偶発的なコミュニケーションは、ただ人が集う場所があっても、そこにアクセントがなければ生まれません。ABWを意識したアクセントのあるオフィスとしてデザインしたのが、「つなぐオフィス」なのです。

「つなぐオフィス」のコンセプトブック ダウンロードはこちらから。

参考記事

働く価値を高める5つのゾーニング

それでは、奈良の案内のもと、読者のみなさまに、ABWの考えを取り入れた新オフィスをご案内します!

新オフィスの前に、まだリニューアルしていない旧スタイルのオフィスの様子を少しだけご紹介します。

コニカミノルタ浜松町オフィスの写真

旧スタイルのオフィスはキャビネットや仕切りが見当たらないワンプレートメガオフィス、しかもフリーアドレスのオフィスです。旧スタイルと呼んでいますが、すでに十分新しい時代に対応している事例の一つとも言えるでしょう。一体その旧オフィスが、新オフィスではどんな進化を遂げたのでしょうか。

集中にも種類がある – High Focus エリア

新オフィスの扉を開け、一歩を踏み入れた印象は、オフィスとは思えないデザイン、色の豊さ。そして、鼻をくすぐるアロマディフューザーの良い香り。入り口から、新オフィスへの期待が高まります。

まずは、横長のオフィスの右奥側、ハイフォーカス(High Focus)エリアへ。

focus_area

文字通り、作業に集中したい時、一人で没頭したい時のために作られた場所なので、基本的に電話はNG。場所によってはWeb会議もNGと徹底しています。周りに音や声が漏れづらく、隣のエリアの声が届かなくするためのサウンドマスキングという仕組みを導入し、集中できる環境を作り上げています。

 

high_focusエリア

ハイフォーカスエリアに入ると気づくのが、照明のトーンの違い。ダウンライトを用い、白色ではなく暖色を選んでいるそうです。フリーアドレスになっているどの席も集中できるようにデザインされていますが、壁際の区切られた狭い個室から、デスクの左右に仕切りのある図書館のような席、四方を囲んだ個室のような席、デスクが上下に可動し立って仕事をすることもできる席、窓から東京湾を臨める席ーーなど多様性にあふれています。

 

window_area

狭い場所が落ち着く人、視界が広い方が落ち着く人、集中できる環境は人やタイミングによってそれぞれですから、合うものを選べるようになっています。


オフィスを見渡すとパッと目につくのは、随所に配置されている電話ボックスのような箱。コロナ禍で進んだ働き方改革によって需要が高まり、駅などにも設置され始めている「Web会議ブース」です。声の大きさや周囲に内容を聞かれる心配がなく、Web会議に集中することができます。

のフロアだけで、3社3種類のWeb会議ブースが配置されているそう。

1箇所で3社のボックスを実際に見られるのはこのオフィスだけ

 

 

 

 

確かに、机の形や座り心地などそれぞれ違うので、ABWを意識したオフィスデザインを検討している方にとって、いろんなタイプを実際に見て試せる貴重な事例と言えるでしょう。

「いつもと違う」ことに意味がある – High Collaboration エリア

collaboration_area

ハイフォーカスエリアをぐるりと回った後は、ハイコラボレーション(High Collaboration)エリアへ。利用予約が必要なこのエリアは、自発的なコミュニケーションの活発化を狙ったスペースです。

 

それぞれのスペースは壁やパーテーションで仕切られていませんが、床に描かれた白いラインによって一つ一つのスペースの区切りを視覚的に理解できる仕組みになっています。1グリットごとに、まるでショールームのように異なるデザイン、形、色の椅子やデスクが配置されています。

その狙いは、「いつもと同じ」にしないこと。フリーアドレスのオフィスであったとしても、いつも同じメンバー、同じ場所で会議をしていては、新しい発想や画期的なアイデアは生まれづらいですよね。インスピレーションが湧き上がるような、通常とは異なる環境を意識したそうです。

「なるほど!」と膝を打ったのは、デスクや椅子を購入するのではなく、サブスクリプションで利用していること。斬新なデザインのものだからこそ、実際の使い勝手は使ってみないとわからないもの。社員のアンケート結果などを見ながら1年ごとに入れ替えられるように、この仕組みを取り入れたそうです。

 

projector_area

フロアの入り口に一番近い場所には、雛壇のようなスペースがあります。プロジェクターでスライドを映し出しながらプレゼンをしたり、オフィス見学ツアーにいらっしゃったお客様にご説明する場所として使えるようになっています。

グランピングにプラネタリウム  High Creativity エリア

オフィスのテントスペース

芝生、テント、ぶら下がり棒ーーまるでグランピングのようなアイテムが配置されているこのエリアは、リフレッシュしたり、リラックスすることで想像力を高めることを狙ったエリアです。通常のオフィスとは大きく異なる環境下では、偶発的なコミュニケーションが生まれやすくなり、ちょっとした出会いや会話がインスピレーションになります

 

High Creativity

靴を脱いで入る芝生エリアでは、ゴロンと体を横たえることも可能。個室がプラネタリウムになる特別な空間は、目を休ませたい時、集中してたかぶった神経を落ち着かせたい時など、心身両面で健全な状態を保つのに役立ちそうです。従来のフリーアドレスを大きく超えた、これぞABWと言わんばかりの斬新なデザインのエリアです。

バッタリ出会って話が盛り上がったら、エリア内にあるミーティングブースに移動して、腰を落ち着かせて話すこともできます




High Creativity

テーブルにさりげなく置かれた砂時計は、時間を区切って考えたり発表できるようにとの計らいから。とてもリアルな鳥のさえずりは、サウンドマスキングといって、隣の会話などが耳障りにならないように音をかき消してくれる仕組みです。ハイフォーカスエリアでは鳥のさえずりではなく、空調音のようなサウンドマスキングが流れています。

参考記事

High Function、High Secure エリア

highfunction

3つの会議室が並ぶハイファンクション(High Function)エリアですが、ただの会議室ではありません。テーブルの天板、壁がそのままホワイトボードとして使えたり、会議の種類に合わせて形態を自由に変えられるテーブル、椅子を導入をするなど、多様な利用方法があるようです。

 

collabo

コロナで増えた社外とのWeb会議にもストレスフリーで対応できるWebカメラやモニターなどのツールを充実させています。

ハイファンクションエリアと反対側にあるハイセキュア(High Secure)エリアは、セキュリティが求められる情報や議論を扱うスペースで、社長室や役員室が並びます。個室とはいえ社長室もガラス張りになっているので圧迫感なく、広がりが感じられます。

書類キャビネットや、個人ロッカーは?

オフィスのロッカー

ドラマに出てきそうなオシャレで機能的なオフィスですが、気になるのは「書類や個人の荷物はどこに置いておくの?」という点ではないでしょうか。すでにフリーアドレスを採用していた旧オフィスのエリアには、一人に1つの個人ロッカーがありましたが・・・

以前は1人1コマ割り当てられていたロッカーも、ABWの新オフィスを作るにあたり、思い切ってやめました。必要な人は、1日ごとに借りられるロッカーを使うことができますが、書類を置く場所は一切ありません。 販売促進で使う備品など、どうしても必要なものは部門に1台のキャビネットに収納していますが、基本的に置いておくものは何もないです。でも、意外と困らないんですよ



5年前から「保存文書ゼロ化」の取り組みを全社的に進め、紙文書を88%削減も実現した流れがあってこそできる部分もあるかもしれませんが、コニカミノルタでは文書管理のサポートもしているので、オフィス移転やリニューアル検討時には合わせてご相談ください。

参考記事

かゆいところに手が届く! モバイル式バッテリー

さて、新オフィスで目が止まったものの一つが、モバイル式バッテリーのステーション。WifiによってLANケーブルが不要になりましたが、電源は無線で飛ばすことができません。フリーアドレスが進んだオフィスでも、最後まで電源という縛りがつきまといます。

これを解消するのが、オフィス備え付けの充電式のモバイル式バッテリー。PCのACアダプター不要、ダイレクトにPCと繋ぐことができるものなので、出社時に重いACアダプターを持って来る必要がありません。2、3時間は充電が持つので、とても快適に使えます。

デジタル機器を使って自由に働くためには、電源が重要です。ですが、オフィスの床のあちこちにOAタップが転がっているのはイマイチですよね。モバイル式バッテリーは、そんな悩みを解決してくれる、フリーアドレスやABWのオフィスには不可欠なアイテムといえます


働き方改革を重視したABWオフィスの効果測定はこれから

creativity

新しいオフィスで働いているコニカミノルタ社員の感想を聞いてみたいところですが、新オフィスになってまだ期間が短く、しかも緊急事態宣言でさらにテレワークが進み出社率が低いため、社員からのフィードバックはこれからになります。

とはいえ、席やスペースを利用する時の予約システムを使ってアンケートを取っているほか、オフィスの人流を計測するカメラも十数台配置しているので、エリアごと、席ごとの稼働率や人の流れの分析に向けてデータも蓄積しているとのこと。

そして、新オフィスはABWの考え方を反映させた事例を実際に見ることができるライブショールームにもなっているので、オフィス見学にいらっしゃったお客様の声も逐一聞くことができます。完成から1ヵ月の間に、すでに20〜30社が見学に来たそうです。

ABWのオフィスは、社員同士の関係の構築やモチベーションUPに確実につながっていきます。働き方改革、ニューノーマルな働き方が求められている今だからこそ、オフィスのリニューアルを投資として捉え、従業員のやる気を導くエンジンとしてもらえると嬉しいです。実際、オフィスを見て入社を決めた社員もいますし、ぜひ、リクルーティングにも生かしてもらいたいですね



働き方改革が進み、ワークスタイルが多様化しているいま、ABWの導入事例としてのオフィスを見学されたい方やフリーアドレスのオフィスデザインを検討されている方は、ぜひ一度、ご見学ください。

オフィスツアーのお申し込みは こちら から。

2021年にリニューアルしたコニカミノルタの 『新』本社オフィス コンセプトブック

2021年5月に本社オフィスをリニューアルしたコニカミノルタが考えるニューノーマルな働き方を実際のオフィスの様子と共にご紹介しております。これからの働き方や働く場所のご参考に、ぜひご覧ください。

Download

オフィスコンセプトブック

Contactオフィス環境に関するお問い合わせ

商品およびサービスについてご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

03-6311-9450
[対応時間]9:30~17:00
(土日祝日・年末年始休業を除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

コニカミノルタジャパン株式会社
マーケティングサービス事業部  空間デザイン部

〒105-0023 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング26F(総合受付)

許認可

東京都知事 特定建設業許可:

建設工事業 大工工事業

左官工事業 管工事業 ガラス工事業 塗装工事業 防水工事業

内装仕上工事業 機械器具設置工事業 建具工事業

第一種貨物運送利用事業