オフィスの配置が業務効率を変える!
デスク配置の種類と効果を詳しく解説

男性がデスクを移動している

【社員の働きやすさを支える】オフィスデザイン事例集

「日経ニューオフィス賞」を受賞したコニカミノルタがデザインしたオフィス事例をまとめた一冊です。お客様の理想に合わせたさまざまなオフィスをご紹介しています!新しいオフィスのアイデアが欲しい場合などにご活用ください。

Download

オフィスデザイン事例集のイメージ

働きやすいオフィスづくりは、企業運営における重要な戦略のひとつです。新型コロナウイルスの影響で「出社しない働き方」を実現しながら業務を円滑に進めるために「オフィスでどう働くか」を考え直す企業が増えています。デスクの配置の違いで、業務効率に大きな差が生まれます。業務内容や職種、そこで行われる作業によって、適切なオフィスの配置は異なります。同じ企業内にあっても、一律な配置でない方が良い場合もあります。ここではオフィス配置と業務効率の関係、デスク配置の種類やそれぞれがもたらす効果、自社のオフィス配置を考える際のポイントについて解説していきます。

業務におけるオフィス配置の重要性

オフィスで集まる人々

働きやすいオフィスづくりを考えるうえで、デスクの適切な配置は欠かせない要素です。最初にオフィス配置が業務効率に与える影響について解説していきましょう。

業務と相性の良い配置でなければ働きにくい

かつてオフィスといえば、対向島型と呼ばれる向かい合わせにデスクを置く形が、まるで企業の決まりであるかのように多く見られました。オフィスの歴史を通じて、長きにわたり採用されてきたスタイルです。 現在においても職場の風景としては、最も見慣れた配置と言えるでしょう。

しかし、働き方の多様化が進む今日では、このような画一的な配置ではそれぞれの社員の業務に対応しづらくなってきています。激しい市場競争のなか、どの業界でもより高い成果が常に求められるようになり、分業化・専門化する業務内容も増えています。各社員の役割によっては動線が異なり、同一のデスク配置では働きにくく、不都合である場合も生じます。

離席率の高い職種と集中力が求められる職種では、デスク環境が異なって当然です。その社員が行う業務にマッチするデスク配置でなければ、働きづらく業務効率も低下します。やがては仕事に対してストレスを感じる要因ともなりかねません。企業には、社員の働きやすい環境づくりを見据えたオフィス配置が求められます。

コミュニケーションの活発化を図る

わずかな配置の違いでも、コミュニケーションに大きな影響を与える可能性があります。これまでとは違う並びにする、イレギュラーな配置を採用するといった施策により、新鮮味が生まれ、社員コミュニケーションの活発化が期待できます。

特に、打ち合わせが多い業務や、他者との会話によるアイデア創出が必要な業務内容などでは、デスク配置の役割は重要です。共同作業が多い職種では円卓型を採用するといった、現場の作業内容に基づく配置が、多くの活発なコミュニケーションを生み出し、業務円滑化につながります。

コニカミノルタジャパンでは、お客様のご要望に合わせたオフィス・商空間デザインのご提案を行っています。オフィス・商空間に関する質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

オフィス配置の種類と効果

現在、オフィス配置にはさまざまな種類があり、期待される効果も多様です。ここではオフィス配置の主な種類と選択した場合に考えられる効果、さらにはオフィス配置の基準となる数値について解説します。

オフィス配置の種類

  • 対向島型レイアウト(島型)

無人のオフィス

冒頭でも紹介した、日本企業で標準的なスタイルです。グループごとにデスクを向かい合わせて配置するので、部署・部門のまとまりができます。人員収容に優れるためスペース効率が良く、部屋のサイズに合わせた配置が可能です。

向かい合っていることでグループ作業がしやすい、コミュニケーションが取りやすいといったメリットもありますが、ほかの島との連携が取りにくいという点がデメリットと言えるでしょう。

汎用性の高い配置であり、事務職や営業職を始め、オールマイティーに利用ができます。

  • 同向型レイアウト

前を向いて座るデスクスペース

学校の座席と同じく、デスクがすべて同じ向きに置かれているスタイルです。銀行や郵便局といった、接客を伴う業務で多用されています。全員が前方を向いているため、個人のプライバシーがある程度確保されます。両側との意思疎通が図りやすい一方で、それ以外との連携は取りづらい形です。

管理者は背後からモニターや机上を見ることができるため、社員の業務状況についての管理が容易ですが、先に挙げた接客業やコールセンター業務など、活用される職場は限られます。

  • 背面型レイアウト

2人の男性が椅子に座ったまま振り返って会話している

配置の形状は島型と似ていますが、同グループの社員がお互いに背中を向ける配置です。個々の社員が自分の業務に集中しやすいため、開発や設計などの業務に向きます。椅子の回転によって背中側の社員と容易にコミュニケーションを取ることができるという特徴もあります。

  • フリーアドレス型レイアウト

コニカミノルタ浜松町オフィスの写真

固定席を決めずに、自由に空いている座席に移動できるスタイルです。

働き方改革や新型コロナウイルスの影響により、フレックスタイム制やテレワーク導入が進む現在、出社する社員数が減少する企業も少なくありません。フリーアドレス制を活用すると必ずしも在籍している社員数と同数の座席を用意する必要がなくなるため、座席数の最適化が図れ、オフィススペースの削減や運用コストの軽減が期待されます。

社員の側から見ると、毎日異なる座席で仕事ができるため、新鮮味が持続するでしょう。

決まったグループメンバーで固定されることがなくなり、部署をまたいだコミュニケーションの活発化にもつながります。

  • ブース型レイアウト

パーテーションで区切られたデスクスペース

個々のデスクをパーティションにより仕切り、個人空間を区切る配置方法です。クリエイティブ系や開発といった特に集中力が必要な専門性の高い職種、業務上の個人裁量の広い職種などに向きます。

プライバシーが確保され、他者と向かい合うことがなく空間が仕切られるため、コロナ禍では感染対策にもなります。

  • クラスター型レイアウト

ジグザクレイアウトのオフィス

デスクをずらし、列ごとに向きを逆にして配置します。さらにパーティションを用いて、個人領域を区切るケースも見られます。隣に他者がいないので集中がしやすく、プライバシーの確保が容易である一方、他の社員との距離は近いため、コミュニケーションの取りやすさと両立します。

また個人の作業スペースが広く取れる点もメリットとなります。個人領域を区切り、個室化することで感染対策としても有効です。

  • ベンゼン型レイアウト

ベンゼン型レイアウトのオフィス

ダブルY字型を2組配置して作るデスク配置法です。デスクスペースが120度角で確保できるため、ワークスペースが広く、また、コミュニケーションが取りやすい点もメリットとして挙げられます。さらに配置の形状に柔軟性があり、効率的なスペース活用が可能です。

人員の収容数を重視しない、大型モニターを使用する業務や固定席での運用に向いています。

オフィス配置で必要となる基準寸法

どのようなデスク配置にするにしても、基本となる必要スペースを守ることが前提とされます。スペースが不足すると業務効率が落ちるだけでなく、社員に対する業務環境保全の不備となり、企業としての責任を問われます。

通常時におけるオフィス配置の基準となる寸法を確認していきましょう。

標準的なオフィスデスクのサイズが700×1,200mm 、人がデスクに座って作業をする場合の必要スペースは、400~600mmです。さらに、椅子の稼働に必要なスペースは750mmで、デスク間にはこれ以上のスペースが必須となります。

デスクと通路の距離は、1,800mm。通路スペースは800mm以上で、人が無理なくすれ違うためには、1,600mm程度見ておく必要があります。 オフィスに最適な寸法の詳細はこちらの記事をご参照ください。

ただし、上記はあくまでも基本的な数値であり、コロナ禍では、これらの基準値以上のスペースを空けることが求められています。

オフィス配置変更の流れ

オフィス什器の配置替えをしている

業務効率の向上をにらみ、オフィス配置の見直しを検討する際には、変更手順を理解しておかなければ実際の作業がスムーズに進められません。オフィス配置変更の主な流れを見ておきましょう。

  1. 現状把握:

オフィス配置により人間の流れ方、動線が変わります。最初にオフィスフロア全体、部門や部署などのグループ単位での、現在の動線を確認していきましょう。その際、社員の意見を聞きながら現状での課題をピックアップし、オフィス配置の変更でどの点が改善できるのかをシミュレーションしながら検討します。

自オフィスに適したレイアウトの型を選定するためにも、現在の配置の問題点を明らかにしておくことは重要です。

  1. 動線計画・ゾーニング:

オフィス内のゾーン分けと、各場所で社員がどのように動き、エリアがどのようにつながるのかという動線計画を同時に進めていきます。ゾーニングと動線計画は、相互に関係し合うものです。人の動きを考えずに配置をしてしまうと、手間をかけて見直しを行う意味を失います。

ワークスペース、通路、ミーティングエリア、収納・保管スペースなど、現在のゾーニングから必要なエリア・不要なエリア・統合できるエリアを決め、動線及び利用スペースの効率化を考えていきましょう。

  1. 新レイアウトに合わせた家具の調整:

配置換えにより、オフィス家具の調整が必要となります。レイアウトに合わせたデスクや椅子、パーティションや収納を考え、すでにある物品の要・不要の区分けを行います。

フリーアドレス型レイアウトの採用では、各社員の私物を収容できる場所についても考慮が必要です。私物用にはこれまでのロッカーを使うのか、ロッカーの数を減らして、例えばボックスファイルを導入するのか、その場合ボックスファイルに特化した置き場所を設置するのかなど、細かい物品の検討が必要になることもあります。

参考記事
  1. 配線の依頼:

オフィス配置で特に重要なのが、各種配線の設計です。デスク配置をこれまでと異なるものにすれば、それに合わせて不便のないように配線し直さなければなりません。電源、LANケーブル、電話回線など、専門業者に依頼し、過不足なくすっきりとした足元に整えます。

オフィス配置のポイント

モダンなオフィスインテリア

オフィス配置によって業務効率の向上を図ることは、企業の事業運営にとって重要な戦略となります。実施する際には、ポイントを踏まえて取り組んでいくことが求められます。

法令順守であること 

オフィス配置に関連する法令は、主に以下の3つです。

  • 建築基準法
  • 消防法
  • 労働安全衛生法

自社に都合が良い配置であっても、これらを犯すことはできません。通路や廊下の幅の制限、消火器類の設置、消防署への届けが必要となる変更、労働者の健康に配慮した環境など、法令を確認しながら作業を進めていきます。

利便性に配慮していること

合理化に固執するあまり、社員の利便性が失われるようなことがあってはなりません。収納やロッカーなどは十分か、物品の収容に必要なサイズが満たされているか、社員の意見を取り入れて調整していきます。

同じく動線も、机上の想定だけで決めてしまうことのないよう、実際の社員の動きをしっかりと確認していきましょう。実情にマッチした動線であるかどうかは、適切なオフィス配置の重要な条件のひとつです。

スペースの最適化を考える

限られたオフィスをどう使うのか、スペースの最適化は配置を考えるうえでの課題です。効率的なスペース配分は大切ですが、各社員のプライバシー確保や情報漏えいリスクの回避もあわせて考慮しなければなりません。

さらに感染症が社会問題となりテレワーク導入が進みつつある現在、オフィス縮小を検討する企業も増えていますが、最適なスペースを実現しながらも社内感染対策に配慮することも企業の責任です。

プロの知見を活用する

業務効率の向上を目指すオフィス配置を実現するためには、客観的な視点が必要です。社内の人間だけでは、考え方や見方に偏りが生じる恐れもあります。また、理想的な配置であるように見えても、実際には社員が不都合を感じる結果となる可能性も捨てきれません。

新しいオフィス配置を検討していくうえでは、現代の企業のオフィスづくりに精通した知見が必要です。オフィスづくりに実績のある事業者のサービス活用は、業務効率・居住性を兼ね備えたオフィス配置を考える際の一手段となるでしょう。

自社の事業運営に貢献するオフィス配置を目指す

2人の女性がオフィスで談笑している

職場の環境は、毎日そこで働く社員にとってとても重要です。オフィス配置が社員のストレスを生むようでは、業務効率向上どころではありません。働きやすい職場を提供することで、おのずと事業運営が良好な結果につながります。オフィスの最適な在り方は企業ごと、業務ごとによって異なります。オフィスづくりの見直しを図るときには、オフィス配置の種類についてよく調べ、自社に最も適している形を探っていくことが大切です。

【社員の働きやすさを支える】オフィスデザイン事例集

「日経ニューオフィス賞」を受賞したコニカミノルタがデザインしたオフィス事例をまとめた一冊です。お客様の理想に合わせたさまざまなオフィスをご紹介しています!新しいオフィスのアイデアが欲しい場合などにご活用ください。

Download

オフィスデザイン事例集のイメージ

Contactオフィス環境に関するお問い合わせ

商品およびサービスについてご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

03-6311-9450
[対応時間]9:30~17:00
(土日祝日・年末年始休業を除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

コニカミノルタジャパン株式会社
マーケティングサービス事業部  空間デザイン部

〒105-0023 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング26F(総合受付)

許認可

東京都知事 特定建設業許可:

建設工事業 大工工事業

左官工事業 管工事業 ガラス工事業 塗装工事業 防水工事業

内装仕上工事業 機械器具設置工事業 建具工事業

第一種貨物運送利用事業