フリーアドレス制でオフィスが混乱?
成功のカギは収納術にあり

オフィスロッカー

「こんなデザインがいい」が見つかる!?
オフィスデザイン事例集

「日経ニューオフィス賞」を受賞したコニカミノルタがデザインしたオフィス事例をまとめた一冊です。最新のトレンドが知りたい!新しいオフィスのアイデアが欲しい場合などにご活用ください。

Download

オフィスデザイン事例集のイメージ

オフィスの新しい形として、固定席を設けないフリーアドレス制を導入する会社が多く見られるようになりました。フリーアドレスには、コミュニケーションの活発化、業務効率の向上などのメリットがあります。その一方で、収納がうまくいかずに乱雑になる、セキュリティ上の不安が生じるといった課題を抱える職場も少なくありません。フリーアドレスを導入する場合には、収納をどのように考えていけばよいのでしょうか。フリーアドレス制に伴う収納の課題と改善するコツを解説するとともに、収納に役立つグッズを紹介します。

フリーアドレスで発生する収納の問題点

煩雑なオフィスデスクに困る人

柔軟性のある働き方が体感できるフリーアドレス制ですが、運用に伴って発生するのが収納の課題です。収納計画がうまくいっていないと、見た目が美しくないだけではなく業務に差しさわりが生じる場合もあります。フリーアドレスで発生する収納の問題には、以下があります。

デスク周辺が乱雑になりやすい

フリーアドレスでは基本的に、業務に必要な書類やそのほかの物品は個人的に管理することになり、席の移動に伴ってその都度持ち物も移動します。置き場所が決められていないと荷物を足元に置くことが多くなります。何かの拍子に荷崩れすれば乱雑な印象を与えるだけでなく、通りかかった人が引っかかり転倒するかもしれず危険です。また、通常であればデスクの引き出しやサイドキャビネットに収められる書類や文房具類が、デスク上に散乱しがちです。おしゃれで洗練されたイメージのあるフリーアドレス制でも、デスク周辺が乱雑になるとオフィス全体が雑然としてしまいます。

紛失、盗難などセキュリティ面での不安

収納場所がなければ、業務中に短時間離席するときに書類や私物がデスク上に置きっぱなしになります。そうすると当然のことながら、紛失や盗難にあうリスクも上がります。座席が固定されていればモノの配置がある程度決まっているため、紛失にもすぐに気付きますが、フリーアドレス制の場合にはそうした習慣性も失われがちです。また隣席の人も毎日変わるので、誰かが持ち物に触っていても不審に感じないということもあるでしょう。このように、デスクが誰のものか決まっていないことで、セキュリティ面が弱くなる可能性があるのです。

個人ロッカーに入りきらないモノがある

フリーアドレス制のオフィスでも個人ロッカーは設置されていますが、ロッカーに収納できるモノは限られてしまいます。基本的には個人に割り当てられたロッカーの範囲の中で荷物の量をコントロールできるように運用していくべきですが、例えば冬のロングコートやロングブーツ、出張時のトランクなど一般的な企業用の個人用のロッカーではひとり当たりの容量が足りず、業務スペースに私物を持ち込まざるをえないこともよくあります。フリーアドレス制導入に合わせて、予備十分なスペースのあるロッカーを設置するなどといった対策もが必要です。

Contactオフィス環境に関するお問い合わせ

商品およびサービスについてご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
※総合受付(お問合せ後、担当より折り返しさせていただきます)

03-6311-9450
[対応時間]9:30~17:00
(土日祝日・年末年始休業を除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

コニカミノルタジャパン株式会社
マーケティングサービス事業部  空間デザイン統括部

〒105-0023 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング26F(総合受付)

許認可

東京都知事 特定建設業許可:

建設工事業 大工工事業

左官工事業 管工事業 ガラス工事業 塗装工事業 防水工事業

内装仕上工事業 建具工事業

第一種貨物運送利用事業