コロナ禍に対応するオフィスレイアウトの基本とコツ

ソーシャルディスタンスして働く人々

2021年を迎えても新型コロナウイルスは収束する気配が見えず、それどころか、より一層猛威を振るっています。コロナ禍のなか、社員の安全性を確保しつつ生産性を維持できるオフィスレイアウトについて頭を悩ませているという声を数多く耳にします。

そこで、自社において理想のオフィスデザインに取り組みつつ、数々の企業のオフィスデザインをサポートするコニカミノルタが、コロナ禍における理想のオフィスレイアウトについてご紹介します。

基本のオフィスレイアウトとコロナ禍における課題

オフィスには、基本的なレイアウトがあります。業態や働き方、オフィスのサイズなどによりコンセプトに合ったオフィスレイアウトを選ぶことが重要ですが、コロナ禍においては、それぞれのレイアウト特有の課題も浮かび上がります。

ここでは、基本のオフィスレイアウトを紹介したうえで、コロナ禍における課題についてご紹介します。

島型(アイランド)形式

島型オフィス

最もオーソドックスなオフィスレイアウトであり、オフィススペースを効率的に使用できるタイプです。通路やキャビネットのスペースを確保しやすいというメリットがある半面、デメリットとして視界に同僚が入り込みやすく、集中力が持続しづらいことが挙げられています。

コロナ禍においては、左右や対面に座る社員と十分な距離を取るために、稼働可能なデスクが半分以下になるという課題があります。

並列形式

パソコンと机が並んでいる

社員が同方向を向いて座る形式のオフィスレイアウトです。プライバシーが保たれており、社員が業務に集中しやすい半面、隣接する社員以外とはコミュニケーションが取りづらいというデメリットがあります。

コロナ禍においては、前後左右の距離を十分に保つ必要があるため、島型形式と同様、稼働可能なデスクが半分以下になるでしょう。

背面形式

パソコンとデスクが壁を向いているオフィス

社員が壁に向かって着席するスタイルのオフィスレイアウトです。高い集中力を必要とする業務に適していますが、管理者が部下の業務の状況を把握しづらいことやスペース効率が悪くなりがちであるというデメリットがあります。

コロナ禍では、島型や並列形式と同様に、左右の社員同士で十分な間隔を取る必要があります。

フリーアドレス

固定の座席を設けずに、共用スペースを活用する形式のレイアウトです。オフィスの省スペース化に適しており、うまく運用すれば限られたスペースで生産性を高めることができます。ただし、働き方の工夫や改善が不可欠であり、場合によってはかえって業務効率が悪化する恐れもあります。

コロナ禍では、社員同士の間隔は取りやすいかもしれませんが、スペースや備品の共有によってウイルス感染の拡大を招く可能性がありますので、注意が必要です。

オフィスにおける感染予防のための注意点

女性がドアを除菌している

コロナ禍中において、社員の安全を守るレイアウトを設計するためには、基本的な感染症対策を徹底する必要があります。そこで、コロナ禍で必要とされる対策について、一般社団法人日本経済団体連合会の「オフィスにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を参考に、3つの側面(ソーシャルディスタンス・飛沫対策・空気の循環)から見ていきましょう。

なお、オフィスにおけるウイルスの感染経路については以下の記事をご参照ください。

参考記事

社員同士の距離(ソーシャルディスタンス)を十分にとり、飛沫対策を行う

ウイルス飛沫による感染予防のためには、社員同士半径2m以上の距離を取ることが理想です。また、対面でのコミュニケーションはリスクが高いため、仕切りを設置するか、デスクをジグザグに配置するなどの対策が必要です。

そして、ワークスペース以外についても配慮することが重要です。

例えば、休憩スペースにもソーシャルディスタンス意識をした十分なスペースを取ること、仕切りのない対面での配置を避けること、椅子を間引くことなどの対策が必要でしょう。

飛沫対策が必要である

飛沫対策には、マスク・手洗い・うがい・アルコール消毒などの個々の対策を徹底するとともに、オフィスの設備として以下の対策を取りましょう。

  • パーティションの設置
  • 座席の間に透明アクリル板の設置
  • 抗菌対策(飛沫が直接デスクや器具に触れてウイルスが残存することがあるため)

現在、オフィスの抗菌対策として注目されているのがデルフィーノという抗菌製品です。医療施設での感染対策のために開発された製品ですが、効果の高さが注目され、一般のオフィスでも広く導入されるようになっています。

デルフィーノの効果や、施工の様子については、以下の記事をご参照ください。

参考記事

 

また、飛沫対策やオフィス内の接触感染対策については以下の記事にて詳しく案内しています。

参考記事

空気の流れに気を付ける

感染症の集団感染対策のためには、空気の流れを意識して、定期的に換気することが重要です。換気が不十分でウイルスや細菌が空気中にふわふわと舞っているオフィスでは、多くの社員が感染するリスクが高いためです。

平常時、オフィスでは2時間に1回程度の換気が必要とされますが、感染症が流行している状況下では1時間に2回程度の換気が推奨されています。

テナントの換気設備の確認や空調システムの導入などを検討しましょう。

オフィスレイアウトにおける感染予防のためのコツ

感染予防で椅子を使用禁止にしている

最後に、先述した「オフィスにおける感染予防のための注意点」をもとに感染予防を意識したオフィスレイアウトへ移行するためのポイントについて解説します。

ソーシャルディスタンスを考慮したレイアウトのコツ

ソーシャルディスタンスを確保する際に、業務遂行で忙しい社員が必要なソーシャルディスタンスを自然に認識できるように、シールやテープなどを利用して、社員が座る位置、立つ位置、動線、使ってはいけないスペースなどを分かりやすくする工夫も必要です。実際、デスク周りの床に半径2mの円を描いている企業もあります。

社内での会議もオンラインで実施できるよう、Web会議専用の機器やデスクを設置したスペースを作成する方法もあります。

社内で人の移動が多い箇所では、一方通行にするといったように人の流れをコントロールすることも検討してみましょう。

飛沫対策に有効なレイアウトのコツ

飛沫対策に効果的なレイアウトとしては、直接飛沫を浴びないような工夫が必要です。例えば、次のような具体策があります。

  • 背面型レイアウト

島型レイアウトとは反対に、社員同士が背中合わせになるようにレイアウトを組みます。

  • ジグザグ型レイアウト

交互の向きになるように、ジグザグで隣り合わせとなるようにレイアウトを組みます。

また、フリーアドレス制では、座席の指定がないため、あえて近くに座ることなく距離を保ちながら業務を遂行させることができます。フリーアドレス制で、飛沫対策をさらに効果的にするためには、ジグザグに着席することや、アルコール殺菌やクリーンデスクを徹底するなどのルール作りが必要です。

参考記事

空気の流れを意識したレイアウトのコツ

換気を徹底するためには、空気の循環が良くなるオフィスレイアウトを意識することが重要です。

  • 窓の近くに大きな棚を置かない
  • 空気が滞留しないよう、間仕切りの設置場所に気を付ける

また、エアコンのみでは空気の循環が十分ではないケースが多いようです。

  • オフィスの空調システムの見直しをする
  • サーキュレーターを活用する(上記の対応が難しい場合)

換気の効果を高めるためにも、空気がどのような経路で動いていくのか把握しておきましょう。

ルールを設定する

レイアウトを設定した後に、ルールを設けることにより感染症対策をさらに強化することができます。具体的なルールの例は、以下の通りです。

  • 会議室の使い方(換気の時間の指定・使用後に室内を除菌するなど)
  • デスクの使い方(使用後にアルコール除菌をする・着席不可のデスクをマーキングする・他のスタッフが使用したデスクには、一定時間着席しないなど)
  • 人に関するルール(マスク・手洗い・うがいの徹底)

感染予防に配慮したレイアウトを有意義なものとするためにも、抜けの無いルールを設定しましょう。

コロナ禍に対応できるオフィスレイアウトに

距離をとって机を配置したオフィス

コロナ禍においても、社員がつつがなく業務を進めていくためには、オフィスにおける感染症対策は欠かせません。そのためには、オフィスレイアウトについても感染予防の基本を踏まえた工夫が必要です。

社員同士が十分な距離を取ることや、手洗い・うがいなどの個々の感染症対策を取ることはもちろんですが、透明パーティションやブースの活用、デスクや備品などのレイアウトの工夫をすることも重要です。

社員の健康を守り、企業としての発展を継続するために、オフィスのレイアウトについても見直してみましょう。

事例集バナー

ニューノーマルのオフィスに求められる基本知識

ニューノーマル時代のオフィスづくりに求められる基礎知識をまとめた資料です。 チームから個への働き方の変化や働く場の多様化、それに伴いオフィスに求められる 要素など、是非ご覧ください。

Download

Contactオフィス環境に関するお問い合わせ

商品およびサービスについてご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

03-6311-9450
[対応時間]9:30~17:00
(土日祝日・年末年始休業を除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

コニカミノルタジャパン株式会社
マーケティングサービス事業部  空間デザイン部

〒105-0023 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング26F(総合受付)

許認可

東京都知事 特定建設業許可:

建設工事業 大工工事業

左官工事業 管工事業 ガラス工事業 塗装工事業 防水工事業

内装仕上工事業 機械器具設置工事業 建具工事業

第一種貨物運送利用事業