医療情報統合システム

FINO.Integra

あらゆる検査情報の統合システムが、
医療の質向上と業務効率化に貢献

製品の特長

患者のあらゆる検査画像情報を統合・一覧表示

オーダー情報、画像、動画、レポート、心電図、文書ファイルなどの幅広いデータに対応しています。 患者単位で検査に関する情報を一元管理・閲覧できるようになり、複数のシステムをFINO.Integra上から起動できるようになるので、業務の効率化に貢献します。

診療に関わるデータを院内どこでも情報共有

WEBブラウザ上で動作するので、院内の既存の端末で使用可能です。 FINO.Integraのサーバーに接続できれば、院外からでも閲覧可能です。

レポート見落し防止支援機能

検査結果レポートの未確認のものが一目でわかるようになり、医療事故につながるレポート見落しの発生リスクを抑止します。 確認処理の利用者権限を設定可能なため、安全なレポート既読管理が行えます。 未確認レポートをリストアップする管理画面を備え、第三者によるさらなるチェックが可能です。

ドキュメントソリューション

紹介状などの患者単位の文書の一元管理が可能となり、速やかに内容を確認することができます。 データ取込みステーション(ID-680HM)との接続により、スキャナー装置からバーコードの表紙を文書と共に読み取ることで患者属性情報や文書種類を自動判別して取り込むことが可能です。

自由な画面設定と他システムとの連携起動

基本画面は、マトリックス・リスト・カレンダー形式の3つから選択が可能で、自由な項目設定や縦横軸の切替も可能です。 また、レポート情報も同一画面内で確認でき、必要に応じて読影用PACSやレポートシステムなどの連携起動が可能となっており、医療従事者が、患者の状態を俯瞰的、効率的に確認することをサポートします。

FINO.Integraシステム連携:電子カルテシステムから患者ID連携により、FINO.Integraの起動が可能です。FINO.Integraより各ビューアーやレポートシステム等の連携起動も可能です。

機能

主な機能

拡大・タイル表示

別ウィンドウで拡大、タイル表示が出来ます。

比較機能

複数画像を並べて表示させることが出来ます。

汎用ファイル取込

汎用ファイルを、検査に紐づけたり、新規イベントとして取り込むことが出来ます。

付箋機能

術前術後の画像、学会やカンファレンス等で使用したい画像に付箋をつけて分類する事ができます。

メモ機能

患者情報に紐づけてメモを登録する事が出来ます。 未読や件数も表示されるので、申し送り等で活用出来ます。

検索機能

検査種別、検査日時、依頼医師、依頼科、付箋などで検索が出来ます。

オプション

レポート見落し防止支援機能

複数の部門システムで管理されている検査レポートの状態を統合管理。 未確認状態のレポートが簡単に把握でき、「見落とし防止」など医療安全に寄与します。

レポートの状態がひと目で把握できるメイン画面

未確認レポートの有無とレポートの状態を画面上で分かりやすく表示。

過去レポートも簡単に確認できる専用ビューワー

専用のレポートビューワーで、過去レポートも簡単に切替表示。レポート表示画面で履歴表示が可能。

未確認のレポートをひと目で把握できる管理機能

管理画面で院内の未確認状態のレポートを特定することが可能。

利用者制限

確認処理が行える利用者の権限を設定可能なため、安全な既読管理が行えます。

例1)依頼医と管理責任者のみ確認処理を行う

例2)指示医が確認処理を行い、研修医は確認処理を行わない

仕様

主な機能

画面切替 マトリックス/リスト/カレンダー/ アイコンのon・off/ 縦横軸入替/ 表示のリセット
表示 全画面表示/タイル表示/ 比較表示
検索 患者ID/ 患者氏名/ 絞込み/ 詳細検索(検査種別 / 受付番号 / 検査日時 / 依頼医師 / 依頼科 / 区分 / 付箋)
詳細画面操作 画像のスクロール/付箋の貼付け/ 検査編集/ 参照ビューアー起動/ 関連システム連携起動
参照ビューアー操作 画像のスクロール/ 拡大縮小/パン/ FIT表示/ キー画像指定
管理機能 新規ユーザー登録/ユーザー情報編集/付箋名称変更
その他 検査メモ登録/他社データ取込・表示/ 汎用ファイル登録・参照

製品の仕様は性能向上のためお断りなく変更することがあります。

KONICA MINOLTAロゴ、シンボルマークは、日本及びその他の国におけるコニカミノルタ株式会社の登録商標です。

その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

医療情報統合システム 製品一覧

PACS医用画像管理システム

被ばく線量管理システム

マンモグラフィ読影システム

RIS部門業務統合管理システム

医療情報統合システム

周辺システム・ゲートウェイ

【ウェビナー】コニカミノルタ線量管理セミナー 医療被ばく線量管理において、放射線科が取り組むべきこと

このページを共有する