医用製品その他

ヘルスケア

MRI付属品

MRI生体情報モニタリングシステム

Expression MR200

MRI生体情報モニタリングシステム

認証番号 226ADBZX00124000
クラス分類 管理医療機器(クラスⅡ) / 特定保守管理医療機器

Expression MR200 (エクスプレッション エムアール200)は、重症系モニタと同等の品質を備えたMRI 対応生体情報モニタリングシステムで、検査の臨床的価値を高め、最良の検査環境の構築に貢献し、医療スタッフをサポートします。また、コスト効率を考慮して設計しているため、生体情報モニタリングを必要とした検査実施を可能にし、コスト効率化に貢献します。

主な特長

  • ECG(心電図)、SpO2、脈拍数/心拍数、EtCO2(呼気終末二酸化炭素濃度)、呼吸数、NIBP(非観血血圧)の測定が可能です。 小児3学会による「MRI検査時の鎮静に関する共同提言」*1で推奨されているパラメータに対応しています。
  • 1,500ガウス磁場ライン、SAR 4 W/Kg で安全に動作します。
  • 無線ECG/SpO2モジュールを採用、検査室のケーブルレス化に貢献します。
  • ECGケーブルを短くして過熱のリスクを低くするとともに、独自のワンピース設計で装着面の広いゲル付きQuadtrode®電極を採用することで過熱を抑え、患者さんの熱傷のリスクを軽減します。
  • 多くのMRI装置との心電同期にも対応します。
  • 直接の無線通信によりMRI検査室と操作室の両方で同時に生体情報のモニタリングが可能です。
  • 包括的な感染対策が可能なMRI対応生体情報モニタとして、全パラメータともディスポーサブルのアクセサリを用意しています。
  • *1: 2013年日本小児科学会・日本小児麻酔学会・日本小児放射線学会による「MRI検査時の鎮静に関する共同提言」

ページトップへ戻る

Expression MR400

MRI生体情報モニタリングシステム

認証番号等 228ABBZX00088000
クラス分類 管理医療機器(クラスⅡ) / 特定保守管理医療機器

Expression MR400(エクスプレッション エムアール400)は、MRI環境下で重症系モニタレベルのモニタリングを目指した、フィリップスMRI対応生体情報モニタラインナップの中の最上位機種です。

ECG(心電図)、SpO2、脈拍数/心拍数、EtCO2(呼気終末二酸化炭素濃度)、呼吸数、NIBP(非観血血圧)に加えてオプションでIBP(観血血圧)、麻酔ガス、体温を選択することが可能、小児3学会による「MRI検査時の鎮静に関する共同提言」*1で推奨されているパラメータが測定できるだけでなく、術中MRIで求められるパラメータにも対応しています。

  • *1: 2013年日本小児科学会・日本小児麻酔学会・日本小児放射線学会による「MRI検査時の鎮静に関する共同提言」

主な特長

  • ECG(心電図)、SpO2、脈拍数/心拍数、EtCO2(呼気終末二酸化炭素濃度)、呼吸数、NIBP(非観血血圧)、IBP(観血血圧)、麻酔ガス、体温の測定が可能です。
  • タッチスクリーンを採用しています。
  • 5000ガウス磁場ライン、SAR4W/Kgおよび7.2μTB1rms以下でも安全に動作します。
  • 無線ECG/SpO2モジュールを採用、検査室のケーブルレス化に貢献します。
  • ECGケーブルを短くして過熱のリスクを低くするとともに、独自のワンピース設計で装着面の広いゲル付きQuadtrode®電極を採用することで過熱を抑え、患者さんの熱傷のリスクを軽減します。
  • 多くのMRI装置との心電同期にも対応します。
  • 直接の無線通信によりMRI検査室と操作室の両方で同時に生体情報のモニタリングが可能です。
  • 包括的な感染対策が可能なMRI対応生体情報モニタとして、全パラメータともディスポーサブルのアクセサリを用意しています。

ページトップへ戻る

  • 製品についてのお問合せはこちら
  • アフターサービスについてはこちら
  • メールでお問合せ
  • カタログ請求
  • 新規開業メールお問合せ
  • 新規開業医様向け
  • infomity
  • ピンクリボン運動
  • メディカルネットワーク

製品情報

ページトップへ戻る