コニカミノルタ

コニカミノルタについて

健康・医学・スポーツを通した貢献

乳がんの早期発見推進の取り組み

コニカミノルタのピンクリボン運動マーク
コニカミノルタの
ピンクリボン運動マーク

コニカミノルタ(株)は、乳がんの早期発見に役立つ乳房X線撮影装置(デジタルマンモグラフィ)を提供しています。この事業に関連して、世界各地のグループ会社では乳がん早期発見の重要性を訴える「ピンクリボン運動」を支援しています。

乳がん早期発見の重要性を訴える啓発活動を展開(中国)

女性健康講堂
女性健康講堂

中国では、コニカミノルタ(中国)インベストメント社の主導により、乳がんの早期発見に向けたさまざまな活動を継続的に行っています。
2007年~2008年には、上海や北京で、女性特有の病気や日常の健康管理などをテーマにした健康講座「女性健康講堂」を、現地の婦女連合会や図書館と共催し、合計3,000名以上の参加者を対象に開催しました。
さらに2008年10月に、コニカミノルタをはじめとする日系企業7社が発起人となり、上海で「乳がん早期検診プロジェクト」を発足させました。このプロジェクトでは、参加各社が費用を負担して、乳がんの発症率が高い35歳以上のホワイトカラーの女性従業員を対象にした診断を実施しています。
2018年までに、上海、北京、広州で実施し、約2,900名が受診しました。また受診者のうち希望者に対して乳がん講座を開催しました。

各地でがん患者支援団体を支援

コニカミノルタグループは、各地で乳がん患者や家族を支援する団体を支援しています。
北米では、コニカミノルタヘルスケアアメリカズ社が「スーザン・G・コーメン乳がん基金」をはじめとした団体を支援しています。
豪州では、コニカミノルタビジネスソリューションズ(オーストラリア)社が、Breast Cancer Network of Australiaを支援しています。
それぞれ、寄付金や、自社の情報機器製品や消耗品の寄付、チャリティイベントや募金活動への社員のボランティア参加など、様々な支援を行っています。
また、コニカミノルタは世界各国において、乳がんに限らず様々ながんに関係する、カナダ、アメリカ、オーストラリア、マレーシアなどの団体の支援をおこなっています。

地域のスポーツにおける社会貢献


ジョギング教室


ランニングクリニック

コニカミノルタは、「コニカミノルタ陸上競技部」が長年培ってきた走りのノウハウや走る喜びを「ランニングクリニック」や「ジョギング教室」といった独自の取り組みを通して、ビギナーや本格的なランナーに至るまで、地域社会の皆様との交流を促進し、スポーツ振興の貢献に取り組んでいます。

ページトップへ戻る