コニカミノルタ

コニカミノルタについて

マテリアリティ1

働きがい向上及び企業活性化

マテリアリティの背景

社会・環境課題(2030年想定)

日本をはじめ、世界の多くの経済圏において労働力が不足すると予想されています。産業構造が変容するなか、必要とされる労働力に偏重が見られることにより、結果として労働力の不足が発生し、「スキルのミスマッチ」が広がると想定されます。2030年にはGDP上位70%を占める国において約1億人の労働力不足が起きるとも言われています。
例えばロボットや自動化といったテクノロジーが多くの仕事にとって変わります。それは製造現場だけでなく、オフィスでも同様です。従って、生産性を高めることも重要ですが、人の創造性をいかに高めながら、世界的な労働力不足を解決していくかが必要になります。



<コニカミノルタが価値を創出する機会と対応すべきリスク>

機会


■事業
  • デジタル技術を使った「働き方」のソリューション提供による、お客様企業の生産性向上と創造的な時間の創出
  • 現場で働く人のワークフローを変革する製品・サービスの提供による、お客様企業のサプライチェーンでの生産性と働きがいの向上
  • 中小企業のデジタルデバイド(IT格差)解消による、人手不足の解消とサイバーセキュリティの強化

■自社内
  • 新しい価値を生み出す源泉である「人財」の潜在力を引き出し、「個が輝く」組織へ


リスク


■自社内
  • 急速な制度・環境の変化にともなう社内のスキルと業務とのミスマッチの発生
  • ダイバーシティを重視した環境づくりの停滞による、従業員の多様性と自律性、イノベーション力の低下

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2030年に目指す姿と2022年度の中期戦略

2022年度の中期戦略 2030年に目指す姿 関連するSDGs
事業 お客様の生産性を高め、創造的な時間を創出 自社およびお客様・社会での生産性を高め、創造的な時間を創出し、個々が輝ける環境を整備
自社内 人財のエンゲージメント向上、グローバルでの人財活用

コニカミノルタのアプローチ

働き方の多様化が進む中、場所を問わず生産性を高めクリエイティブな働き方を可能にするソリューションを提供し、個の生きがいや働きがいと企業の成長を支援していきます。具体的には、「Intelligent Connected Workplace(※)」やオンデマンド生産、画像IoTなどを活用することにより、労働時間に占める作業の時間を削減することで、お客様の生産性の向上と創造的な業務へのシフトを支援します。
当社には、画像IoT技術とデジタル技術を組み合わせて、お客様のワークフローに潜む無駄を見える化する技術力があります。またお客様のワークフローに入り込み、業種業態に合ったサービスを提供することができます。こうした力により、お客様の生産性を高め、創造的な時間を創出するとともに、デジタル格差/雇用・起業機会の格差の解消に寄与していきます。
また当社自身も、新しい価値を生み出す源泉である「人財」の潜在力を引き出し「個が輝く」会社となるべく、個々の従業員が輝き、生きがい・働きがいを実感できる環境・風土の整備を進めます。

(※) Intelligent Connected Workplace:必要な人や情報がつながり、いつでもどこでもだれとでも価値を創造できるスマートな職場環境。

【事業】生産性を高め、創造的な時間を創出

●働き方改革と意思決定支援による顧客の生産性および創造性の向上

●介護士のワークフロー効率化によるケアサービス提供時間の創出

●オンデマンド生産による従来工程からのリードタイム短縮

●生産現場の検査工程自動化による創造的な時間の創出

【自社内】人財のエンゲージメント向上、グローバルでの人財活用

●ダイバーシティ&インクルージョンの推進

●ニューノーマルでの働き方の確立

●チャレンジする風土と安心感ある職場づくり

●グローバルタレントマネジメントの実践

ページトップへ戻る