コニカミノルタ

コニカミノルタについて

サステナビリティ戦略

新たに5つのマテリアリティ(重要課題)を設定、社会・環境課題をDXで解決

人口増加、少子高齢化、デジタル革命の進行、バイオテクノロジーの利用拡大、世界構造の多極化、気候変動の深刻化など、複雑化するマクロ環境の中、将来の予測は難しくなっています。このような不透明で不確実な時代であるからこそ、コニカミノルタのDNAを再確認しつつ、2030年にコニカミノルタが取り組むべき社会・環境課題を明確にし、そこから逆算して、企業として「今、何を成すべきか」を設定しています。

持続可能な開発目標(SDGs)や、マクロトレンドから、2030年に想定される社会・環境課題を洞察し、「解決すべき社会・環境課題」と「コニカミノルタの事業成長」の両評価軸でマテリアリティ分析を行い、取り組むべき5つのマテリアリティ(重要課題)を新たに設定しました。
5つのマテリアリティは、「働きがい向上及び企業活性化」「健康で高い生活の質の実現」「社会における安全・安心確保」「気候変動への対応」「有限な資源の有効利用」です。またマテリアリティごとに「2030年の目指す姿」を定め、中長期的な価値創出の方向性を明確にしています。
この5つのマテリアリティは、コニカミノルタにおける事業成長の戦略と繋がっており、各事業活動の推進における基軸となるものです。それぞれの事業における価値創造プロセスに沿って顧客価値と社会価値の創出を目指して、事業成長とサステナビリティを統合した取り組みを進めていきます。

マテリアリティごとの2030年に目指す姿と関連するSDGs

マテリアリティ 2030年に目指す姿 関連するSDGs
働きがい向上及び企業活性化
自社およびお客様・社会での生産性を高め、創造的な時間を創出し、個々が輝ける環境を整備
健康で高い生活の質の実現
自社およびお客様・社会での健康で高い生活の質を提供し、個々の豊かな生活を実現
社会における安全・安心確保
お客様・社会の労働や暮らしにおける安全安心を高めるとともに、自社製品・サービスのリスクを最小化
気候変動への対応
自社のCO2排出を削減しつつ、お客様・調達先でのCO2削減を拡大し、社会のカーボン量をマイナスに
有限な資源の有効利用
自社資源の有効利用を進めつつ、お客様・調達先などでの資源の有効利用貢献量を創出

マテリアリティ特定の詳細なプロセスについては、下記をご覧ください。

中期サステナビリティ戦略2022の策定

長期ビジョン実現のマイルストーンとして、2020年から2022年までの中期経営戦略「DX2022」を開始しています。「DX2022」では、「DXにより高収益ビジネスへと飛躍」「真の社会課題解決企業へ」を方針として掲げています。この「DX2022」に沿って策定した「中期サステナビリティ戦略2022」では、5つのマテリアリティごとに「社会・環境価値」と「経済価値」を創出する指標を設定しています。社会・環境課題を解決することで事業を成長させ、企業の成長につなげていきます。

コニカミノルタの持つ画像IoT技術の進化とデジタルとの融合による社会・環境課題解決

さまざまな社会・環境課題が顕在化する中、解決するためにはイノベーションが求められています。コニカミノルタは、画像IoT技術とデジタル技術を組み合わせ、見える化することにより、現場で働く人の業務フローを変革し、さらにその先にある社会や人々の豊かな生活に貢献していきます。

「働きがい向上及び企業活性化」

働き方の多様化が進む中、場所を問わず生産性を高めクリエイティブな働き方を可能にするソリューションを提供し、個の生きがいや働きがいと企業の成長を支援していきます。

「健康で高い生活の質の実現」

AIを活用した画像診断解析によるプライマリケア、すなわちクリニックでの診断機能を高め、専門医とのネットワークを通じた診断を支援します。また、高齢者の介護現場でのワークを画像解析とAIで見える化し、介護スタッフの負荷軽減を実現するとともに、よりきめ細やかな介護サービスの提供を可能にすることにより、高齢者の自立支援にも貢献していきます。

「社会における安全・安心確保」

非接触・遠隔で工場やプラントなどでの監視や検査を可能にします。現場で働く人の視覚能力の限界を超えた異常や危険を予知・予測することにより、事故を未然に防ぎ、工場や周辺地域社会の安心・安全の確保を目指します。

「気候変動への対応」

自社のCO2削減のみならず、印刷業界などにおけるお客様先のワークフローを変革するサービスを提供し、お客様企業の生産性を向上することで、稼働時間の無駄をなくしエネルギー使用量削減に寄与します。

「有限な資源の有効利用」

商業印刷分野のお客様のオンデマンド印刷への変革を支援し、従来のオフセット印刷で使用されていた印刷版を不要にし、お客様工程での在庫低減に貢献することで、資源使用量の削減を推進します。

カーボンマイナスを2030年に前倒し、DXを通じた飛躍的なCO2削減

長期ビジョンおよび中期経営戦略「DX2022」の策定を機に、カーボンマイナスの目標達成を2050年から2030年に前倒すこととしました。DXを活用して、お客様やお取引先などより多くの企業との連携を加速し、環境負荷低減の拡大に挑みます。
マテリアリティとしている「気候変動への対応」「有限な資源の有効利用」に共通しますが、オンデマンド生産、働き方改革、エッジコンピューティングなどにより、大量生産・大量廃棄の事業モデルを変革、本格的なペーパーレス社会への移行、そしてデジタル社会でのエネルギー抑制を支援していきます。
また、お取引先にコニカミノルタの環境ノウハウを提供する「グリーンサプライヤー活動」のデジタル化もその一つです。これまではコニカミノルタの専門家がお取引先の工場に赴いて省エネ診断と施策の実行を支援してきましたが、その診断ノウハウをデジタルにより自動化し、お取引先が自ら省エネ診断と施策を実行できるシステムを開発しました。これにより、活動の対象範囲を飛躍的に拡大し、環境負荷低減とコスト削減をさらに加速させることができると見込んでいます。
そしてもう一つの新たな施策が、2020年6月に開設した「環境デジタルプラットフォーム」です。これは、コニカミノルタと参加企業各社それぞれの持つナレッジ、ノウハウを共有し、新たな価値を共創することで環境経営の効率を高めることができるエコシステムです。当プラットフォームで提供する「ソリューション共創の場」と「ソリューションの提供の場」を通じて、企業間の連携で環境課題解決の迅速化、そして共創による新しいイノベーション創出を促進させ、地球規模での環境課題解決に寄与していきます。

ページトップへ戻る