コニカミノルタ

コニカミノルタについて

マテリアリティ5

有限な資源の有効利用

マテリアリティの背景

社会・環境課題(2030年想定)

世界の人口増加に伴い、2030年には人間が必要とする資源の消費量は、地球2個分に達すると推計されています。限りある資源を有効に活用するために、廃棄物の回収・再生利活用だけでなく、ムダな資源を減らすことが重要です。
例えば、オンデマンド生産やIoT技術を活用し、サプライチェーン上の資源のムダを減らすなど、抜本的なワークフローの変革が求められます。これらに加えて資源の循環に貢献する材料技術や回収網の構築による、循環型経済への対応が求められます。



<コニカミノルタが価値を創出する機会と対応すべきリスク>

機会


■事業
  • オンデマンド生産によるムダのないお客様企業のサプライチェーンの構築
  • お客様企業のワークフロー、サプライチェーンのロス削減


リスク


■自社内
  • サーキュラーエコノミーへの対応遅れによる競争力低下
  • 水資源の枯渇・水リスクによる生産の遅延・停滞



2030年に目指す姿と2022年度の中期戦略

2022年度の中期戦略 2030年に目指す姿 関連するSDGs
事業 お客様の業務プロセス変革で資源を有効利用 自社資源の有効利用を進めつつ、お客様・調達先などでの資源の有効利用貢献量を創出
自社内 自社拠点、調達先、自社製品・サービスの資源を有効利用

コニカミノルタのアプローチ

コネクテッドワークプレイスやオンデマンド生産、画像IoTにより、お客様・社会の資源を有効活用する働き方、製造プロセス変革に貢献します。
商業印刷分野では、大量生産・大量廃棄の事業モデルを変革するオンデマンド印刷への変革を支援します。当社製品による小ロット・分散印刷の普及は、印刷のサプライチェーンの革新を加速し、資源の抑制、廃棄物の削減にも貢献していきます。
またDXを活用して、お客様やお取引先など、より多くの企業との連携を加速し、環境負荷低減の拡大に挑みます。お取引先に当社の環境ノウハウを提供する「グリーンサプライヤー活動」のデジタル化、社会の廃棄物削減に貢献する再生材の利活用など、ビジネスモデルと連動したサーキュラーモデルの構築を進めます。

【事業】お客様の業務プロセス変革で資源を有効利用

●オンデマンドプリント、オンデマンド生産で顧客プロセスの在庫や廃棄を排除

●材料およびそれを活用するプロセス技術でお客様企業のワークフロー上のロスやサプライチェーン間のロスの削減

●環境技術(リサイクル技術)を活用しグローバル環境課題解決

【自社内】自社拠点、調達先、自社製品サービスの資源を有効利用

●自社拠点での環境負荷低減と原価低減

●DXを活用した調達先の環境負荷低減と原価低減

●ビジネスモデルと連動したサーキュラーモデルの構築

ページトップへ戻る