コニカミノルタ

コニカミノルタについて

ソーシャルイノベーション

超高齢社会が直面する介護の課題にソリューションを‐HitomeQ ケアサポート

関連するSDGs

介護業務のワークフローを変革し慢性的な“人材不足”の解消に貢献

近年、日本の社会では要介護者の増加にともなって介護人材の不足が社会問題となっています。こうしたなか、コニカミノルタは「HitomeQ ケアサポート」で介護ワークフローの変革に貢献しています。
天井に設置した近赤外線カメラと動きを感知するセンサーを通じて入居者の行動を認識し、介護スタッフが持つスマートフォンに通知することで、介護スタッフは状況を把握してから対応方法を判断できるほか、スタッフ間での情報共有もリアルタイムにできるなど、大幅な業務の効率化を実現します。実際に、同サービスを導入した施設では、平均で約30%の介護スタッフの業務効率化を実現しています。これによって生まれた“ゆとり”は、入居者のリハビリ介助などの自立支援や介護スタッフの教育・研修などに使え、より質の高いケアが提供できるようになり、入居者やご家族をはじめ、介護スタッフ、介護施設経営者の満足度向上に寄与しています。
2021年4月の介護報酬改定により、日本の介護は科学的介護に大きく舵が切られました。今までICT導入を躊躇していた多くの介護事業者がICT化を検討しています。このような市場のニーズの高まりに応えるため、「HitomeQ ケアサポート」は、初期投資なしで始められるサブスクリプション型での提供を新たに開始しました。オペレーション変革を実現するさまざまな支援メニューを用意しており、施設課題にあわせて自由に選択可能です。

ページトップへ戻る