コニカミノルタ

コニカミノルタについて

マテリアリティ3

社会における安全・安心確保

マテリアリティの背景

社会・環境課題(2030年想定)

サイバー攻撃が激化・巧妙化し、かつてないほどの被害をもたらし、その被害総額は90兆ドルにものぼるとも想定されています(※)。また人々の労働や暮らしを脅かす都市犯罪や自然災害、パンデミックや食料安全などのリスクへの対応が求められています。
社会インフラをはじめとした労働現場の危険および情報セキュリティリスクの見える化や、人々の労働や暮らしに貢献する製品・サービスの検査の高度化を通じ、安全安心な社会を実現することが必要です。

(※)出典:Atlantic Council and the Zurich Insurance, Risk Nexus, 2015



<コニカミノルタが価値を創出する機会と対応すべきリスク>

機会


■事業
  • ガス等を可視化する製品・サービスの提供による、お客様企業の現場および社会の安全・安心向上
  • 高度な計測・検査を可能にする製品・サービスの提供によるお客様企業の品質確保

 

 
 
 

リスク


■自社内
  • 製品・サービスにおいて、使用者の生命、身体に重大な被害を及ぼす事故が起きた場合の社会的信用の失墜
  • 製品・サービスにおいて、情報漏洩・プライバシー侵害につながる重大なセキュリティ事故が発生した場合の社会批判の増大
  • 生態系汚染やヒトへの健康被害につながる物質の使用による操業・製品出荷への影響


2030年に目指す姿と2022年度の中期戦略

2022年度の中期戦略 2030年に目指す姿 関連するSDGs
事業 お客様の情報セキュリティー、労働安全の向上 お客様・社会の労働や暮らしにおける安全安心を高めるとともに、 自社製品・サービスのリスクを最小化
自社内 自社製品・サービスの安全・安心に関するリスクの最小化

コニカミノルタのアプローチ

サイバー、フィジカル両面のリスクを特定し、セキュアな環境構築に貢献するソリューションを提供し、社会の安全安心構築に貢献していきます。具体的には、高度な情報セキュリティを担保したコネクテッドワークプレイスや、画像IoT技術を使った労働現場でのリスク可視化ソリューションの提供に取り組みます。
当社には、光学・画像処理・分析技術や画像AI技術といった独自の技術があります。またさまざまな産業におけるサプライチェーン・バリューチェーンの各段階での主要工程に深く関与し、そこで得られる質の高い情報をもとに、顧客製品の高品質化、各現場での安全・安心、各産業におけるイノベーションを提案する力があります。人には見えないものや、検知困難な変化や兆候を捉え、人々を守るセキュリティ、工場の安全や製品検査などの領域で、新たな価値を提供していきます。
また、メーカーとして当社が提供する製品・サービスのライフサイクルの各段階におけるあらゆるリスクを評価し、情報セキュリティリスクや健康問題発生の未然防止に取り組みます。

【事業】お客様の情報セキュリティ、労働安全を向上

●顧客先の情報セキュリティ向上に資するソリューションの提供

●労働安全管理ソリューションの提供

●品質検査など安全安心領域のモニタリングへの進出

【自社内】自社製品サービスの安全・安心に関するリスクの最小化

●製品・サービス使用時における安全性確保の強化

●健康に影響を与える物質の排除

●重大な情報セキュリティ事故の徹底排除

ページトップへ戻る