close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

AccurioPress 6136 / 6136P / 6120

AccurioPress 6136 / 6136P / 6120

高効率ワークフロー

各種連携機能を強化。AccurioPro Conductorによる高効率で低コストな印刷ワークフローや、認証連携によるセキュアな印刷環境の構築が可能です。また、外部ソフト連携で、OpenAPIやIWS対応ソフトを利用した効率の良い作業環境を提供します。

オフィス機と連携可能なアプリ対応

連携による作業性の改善

オフィス機との連携のために、bizhub Connectorに対応。本体内部にアプリケーションを追加登録することで、本機の操作パネルから各種クラウドサービス※1やSharePoint Server※2に接続し、スキャンデータを変換後アップロードしたり、ダイレクトにプリントが行えるなど外部サービスとの連携を実現できます。また、OpenAPI ver.4.7を搭載し、認証、課金、ユビキタスプリントなどのソリューションアプリを活用できます。

※1
Google Drive、Gmail、Evernote
※2
SharePointServer 2007 / 2010 / 2013 / 2016

AccurioPro Connect ※発売予定

自動処理のためのワークフロープラットフォーム

印刷前工程の様々な作業を自動化し、それらを繋げることで印刷前データ処理の自動化を実現します。各種ページ編集や印刷設定などあらかじめ指定したフローに合わせた前処理を行い、指定の印刷機へジョブを転送します。自動処理により、一般に時間のかかる印刷前データ処理を確実に行い、処理時間を短縮し生産性が大きく向上します。入稿から印刷まで、お客様の環境に合わせた柔軟なワークフロー構築が可能です。

ユーザー認証

規模や環境に応じてセキュリティー強化

本体単体で行える認証機能が利用可能です。また、社員証で使われているFeliCaなどの非接触ICカードを利用した認証※1により、業務効率を落とさずセキュリティーを強化することもできます。社員証の入退室管理と連動した運用も可能で、規模や環境に合わせた運用スタイルを選択できます。

※1
オプションのICカード認証装置[AU-201S]が必要です。

AccurioPro Conductor ※オプション

ジョブ管理ソリューション

AccurioPro Conductorは、複数の印刷機を一元管理し、各種オペレーションを自動化することで、作業効率を大幅に向上。規格や要件の異なる様々な印刷ジョブを、シームレスに進行できるようになります。カラー機とモノクロ機の出力を最適化し、生産性向上と生産コストダウンを実現。文書中のモノクロページのみを低コストのモノクロ機で自動印刷するなど、トータルコストの低減に寄与する機能を有しています。

最新版の安全基準・環境基準に対応

2019年6月施行予定の新安全基準IEC62368-1や、国際エネルギースタープログラムの最新版にいち早く対応。環境への取り組みを積極的に形にしています。

各種環境基準に適合

Energy Star / グリーン購入法適合 / RoHS対応 / エコリーフ

カラーユニバーサルデザイン認証


※4タイプの色覚(P強・D強・P弱・D弱)被験者による検証の結果、どの色覚から見ても本機の色による情報伝達が正しく機能することが、CUDOによって確認されました。

ISO / IEC15408認証 ⇒ 国際評価基準のセキュリティー

本製品は、デジタル複合機用のProtection Profile※1である「U.S.Government Approved Protection Profiles」に適合した「ISO / IEC15408」の認証を取得しています。

※1
Protection Profile: 国際規格を用いて評価対象製品を評価する際に、その評価対象製品の種別に応じたセキュリティー仕様。
本製品(または本システム)において取得している情報セキュリティーに係る認証は、所定の評価基準及び評価方法に基づく評価の結果、認証要件に適合していることを示すものであり、本製品(または本システム)に脆弱性が全くないことを保証するものではありません。

ページトップへ戻る