仕分け名人V2

  • #情報共有
  • #テレワーク
  • #プロセス改善
  • #文書管理
  • #自動処理

こんなことにお困りではありませんか?

  1. 電子化したファイルを必要な時に見つけづらい
  2. 電子化した際にファイル名の入力と保存先への移動に手間がかかる
  3. システム導入にあたり購入費用がかかってしまう

特長

仕分けスキャン機能

スキャンの際、複合機のパネルから保存先フォルダやファイル名を直接指定することが可能。その場で仕分けができるので、手間を大幅に減らすことができます。

FAX転送機能

受信ファイルを自動的に電子化。発信元ごとにフォルダ振り分けやリネームを実施します。複合機のTSI振り分け機能によりボックスに保存されたFAX受信文書の仕分けも可能です。

通知機能

ファイルが保存されたことをポップアップやメールで通知することが可能です。ファイルサーバや共有フォルダへ保存する場合など、スピーディーな文書共有に役立ちます。

概要

仕分け名人V2は、スキャン文書やFAX受信文書の指定フォルダへの保存からリネーム処理まで、一連の「仕分け」作業を効率化できるサービスです。紙文書の電子化を促進し、面倒なスキャン作業や手間のかかるFAX受信文書の管理をまとめて解決。利用者数に応じた従量課金制を採用しているため、必要に応じた投資で導入が可能です。

主な機能

  • 複合機の操作パネルからフォルダを選択できる複合機パネル連携機能
  • スキャンしたデータや受信FAXの仕分け機能
  • 作成や登録が簡単に行えるリネーム機能
  • 使用頻度に応じた表示が可能な学習機能
  • 仕分けが完了したらポップアップやメールで通知するお知らせ機能

その他詳細やカタログ