トリマーユニット TU-510

  • #自動処理
  • #印刷業でのスキルレス・自動化

こんなことにお困りではありませんか?

  1. 断裁やスジ入れのために印刷物を加工するのに時間がかかる
  2. 断裁やスジ押しのために専用の機器を使用する必要がある
  3. 断裁やスジ入れのために印刷機とは別に加工機の調整や操作をする専任者が必要

特長

作業員の負担と拘束時間を削減

専門的な機器やスキルを必要としていた加工処理を、標準の加工ユニットとオプションの加工ユニットを組み合わせ、どんな印刷現場でも作成可能に。作業員の負担を軽減し、働き方改革を促進します。

専用の加工機が不要

フルブリード加工、折り向けスジ入れ加工、名刺、ミシン目加工など、多彩な加工処理を1ユニットで実現。必要な加工ユニットを入れ替えることで多種多様な印刷物を作成できます。

専任者が不要

スキルレス・自動化により、印刷業務を行なっているメンバー体制で加工が可能です。専任者が確保できなくても専用の人員探しを行う必要がなく、業務効率化に貢献します。

コニカミノルタだから実現できること

多彩な後処理を自動化 多機能トリマーユニットTU-510

概要

トリマーユニット TU-510は、コニカミノルタがこれまで培ってきた後加工自動化技術を結集し、一台で各種トリミングスジ入れのインライン自動処理が可能となった多機能トリマーユニットです。これまで人手と手間をかけて対応してきた煩雑な後処理を自動化することで、デジタル印刷の自動化を推進し、ワークフローの効率化に貢献。現場の負担と作業時間を軽減し、収益性の高い環境を構築します。

主な機能

  • 四方断裁、スジ入れ、名刺カット、ドブ断ち、ミシン目など多彩な加工を自動処理
  • 必要な加工ユニットを選択・取り付けすることで業務に応じた最適な一台を構築可能
  • 高い操作性で専任者がいなくても印刷業務のメンバーで作業が可能
  • 断裁加工と印刷を同時処理
  • 機器内で断裁やスジ押しなどの処理を行うため作業者の安全性を確保

事例・ホワイトペーパー