close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

bizhub Connector

bizhub Connector

クラウドサービス連携アプリケーション

主な機能

ワークスタイルの変化や情報の共有、管理体制の強化という点から広く普及し、実用性が高まっているクラウドサービス。
「bizhub Connector」は、そんなクラウドサービスと連携するアプリケーション。複合機の操作パネルから直接アクセスしドキュメントを活用できます。パソコンを経由せず複合機があれば、いつでも、どこからでもクラウドストレージにアクセスでき、業務効率化をサポートします。

bizhub Connector S-1はクラウドサービスに対応していません。(Microsoft SharePoint Serverに対応しています。)

  • 記憶媒体を持ち運ばずスキャンデータを保存、リアルタイムで共有
  • パソコンがない場所でもドキュメントを複合機で検索し、その場で出力

ストレージ・クラウド連携で業務をより効率的に、スピーディーに。

bizhub Connectorは、複合機(bizhub)にインストールすることでインターネット上のクラウドサービスや社内のSharePoint Serverと連携し、ドキュメントのスキャンやプリントをパソコンを使わずに行えます。また、無償アプリケーション「PageScope Mobile」をbizhub Connectorとあわせて活用すると、複合機・クラウドサービス・モバイル端末の全方向でデータ授受が可能となり、より一層業務効率化を図れます。

ダイレクトプリント

クラウドサービスや企業内SharePoint Serverに格納されているドキュメントを、bizhubの操作パネルから直接プリントできます。パソコンやプリンタードライバーを使用することなくスピーディーに出力でき、PDFプレビュー機能により、事前に内容を確認できます。

プリント対応ファイル形式

G-1

  • Google Driveリスト内のドキュメント
    PDF、Googleドキュメント
  • Gmailリスト内のメール本文または添付ファイル
    PDF、TIFF、JPEG、XPS、DOCX、XLSX、PPTX

E-1

  • Evernoteリスト内のノート添付ファイル
    PDF、TIFF、JPEG、XPS、DOCX、XLSX、PPTX

S-1

  • SharePointリスト内のドキュメント
    PDF、TIFF、JPEG、XPS、DOCX、XLSX、PPTX
PDFの種類によっては印刷できない場合があります。

スキャンデータのアップロード

bizhubの操作パネルからクラウドサービス上のストレージや企業内SharePoint Serverにスキャンデータを直接アップロード可能です。スキャン時にOCR処理を施すことで、サーチャブルPDFファイルの作成やテキスト抽出なども行え、業務の効率化をサポートします。

スキャン対応ファイル形式

G-1

  • Google Driveにアップロード
    PDF/コンパクトPDF(サーチャブルPDF※1含む)
  • Gmail経由で添付ファイルとしてメール送信
    PDF/コンパクトPDF(サーチャブルPDF※1含む)、TIFF、XPS、コンパクトXPS、DOCX※2、XLSX※2、PPTX

E-1

  • Evernoteにノートの添付ファイルとしてアップロード
    PDF/コンパクトPDF(サーチャブルPDF※1含む)、TIFF、XPS、コンパクトXPS、DOCX※2、XLSX※2、PPTX

S-1

  • SharePointサーバーにアップロード
    PDF、コンパクトPDF(サーチャブルPDF1含む)、TIFF、XPS、コンパクトXPS、DOCX※2、XLSX※2、PPTX
※1
LK-105 v3またはLK-110が必要です。
※2
LK-110が必要です。

サイレントモードでのログイン

複合機認証と外部サービス認証を連携させたサイレントモードでログイン可能です。1度の認証で複合機とクラウドサービス両方の認証を行え、セキュリティーを確保しながら、さらにログイン操作工数を減らすことができます。

複合機へログイン→サービスも認証情報を一度だけ入力→その後は複合機のログインと同時に自動ログイン
サイレントモードでのログインの流れ

ページトップへ戻る