close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

スキャン&ファクス - bizhub 750 i / 650 i / 550 i / 450 i / 360 i / 300 i

bizhub 750 i / 650 i / 550 i / 450 i / 360 i / 300 i

bizhub 750i 使用説明ビデオ
bizhub使用説明ビデオ(iTraining)

スピード、品質、配信や保存まで。
高性能、高機能を実現したスキャン&ファクス機能です。

高い生産性を実現した優れたスキャン性能

高速スキャンを実現した自動両面同時読取り原稿送り装置(ADF)をご用意。一度に多枚数の原稿をセットでき、スキャンの時間も手間も大幅に短縮します。また、スキャン時の原稿の傾きを補正するスキュー補正精度を大幅に向上させ、傾きを抑えた高精度なスキャンを実現しています。

750 i / 650 i / 550 i / 450 i 360 i / 300 i
ADF 標準 オプション DF-714
読取り速度 280面 / 分
(両面原稿140枚 / 分)
200面 / 分
(両面原稿100枚 / 分)
原稿積載枚数 300枚 130枚

重送検知センサー

原稿に超音波を当て、原稿と原稿の間にある空気層を判別し重なりを検知。重送検知時には読み込みが完了した原稿のプレビューも表示されるので、スキャン操作を最初からやり直すことなくジョブを再開できます。

360 i / 300 i はオプションの自動原稿送り装置 DF-714 装着時。

大きなスキャンデータを手軽に送信する「Scan to URL 機能」

スキャンデータを本機内に保存し、保存先のURLをメールでユーザーに送付する Scan to URL 機能を搭載。E-mail で添付できないような大きなスキャンデータを手軽にメール送信できます。

自分のメールアドレスにスキャンデータを即座に送信する「スキャン(自分にメール)」

領収書や伝票などスキャンデータをすぐに自分宛に送ることができます。認証設定によりセキュリティーにも配慮。ホーム画面に「スキャン(自分にメール)」ボタンを設定できるので、簡単なステップで即座にスキャン&送信が可能です。

受信ファクス文書を確認&出力できる「強制メモリー受信ボックス」

ホーム画面に「強制メモリー受信ボックス」ボタンを設定することで、簡単なステップで受信したファクスを確認、管理、出力できます。必要なファクス文書のみ印刷できるので、不要書類の印刷防止、印刷コスト削減にも効果的です。

ホーム画面へのボタン登録は近日対応予定。
アプリのダウンロードにはインターネット環境が必要です。

白紙原稿をスキャンから除外する、白紙除去機能

ADFにセットした原稿に白紙ページが含まれている場合に、白紙ページをスキャン対象から除外します。白紙として検出された原稿は、原稿枚数としてカウントしません。

ペーパーレス化を促進する受信データのボックス保存

受信したファクスデータをTSI(発信元情報)によって自動振り分けし、本体ボックスに自動保存。クライアントPCやメール宛先への自動転送機能を設定することで、受信文書の仕分けや配布の手間と時間を節約します。さらに、本体のSMB共有フォルダーにも転送が可能。転送ファクス、TSI受信振り分けなどの機能に対応しています。受信ファクスの保存先が増えることで、ペーパーレス化を促進します。

ドキュメント活用の幅を広げる紙文書の電子化

紙文書をスキャンして、PDF形式やOOXML形式のファイルに変換できます。業務や目的に合わせてファイル形式を選べるので、文書の二次利用の幅が広がります。

  • OCR処理を行うことでテキスト検索が可能。
  • Microsoft Office などで画像、テキストの再利用が可能。

ファイル変換形式

PDF / A(長期保存用) 標準
PDFのWeb最適化(リニアライズドPDF) 標準
暗号化PDF(デジタルID) 標準
サーチャブルPDF(OCR文字認識) LK-110 v2が必要
OOXMLファイル(拡張子:.docx / .xlsx / .pptx)変換 LK-110 v2が必要※1
OOXMLファイル(拡張子:.docx / .xlsx / .pptx)変換+OCR LK-110 v2が必要
※1
pptx変換は本体標準機能です。

スキャンジョブを効率化する用途に応じた保存・送信先設定

スキャンした原稿は、用途に応じてさまざまな文書フォーマットに変換し、本体ボックスやUSBメモリーへの保存ができます。また、E-mail、SMB、FTP、WebDAV などを介して、PCやサーバーへ送信・保存することも可能です。

オプションの i-Option LK-110 v2 が必要です。

その他の主なスキャン&ファクス機能(※オプションの FK-514 が必要です)

  • 約2秒の高速電送を実現する「スーパーG3 規格」
  • PCからペーパーレス送信する「ダイレクトファクス」
  • 受信データを「サーチャブルPDF化」
    ※オプションの i-Option LK-110 v2 が必要です。
  • 複数のファクスを集約できる「最大4回線のFAX機能」
    ※3回線以上の場合は、オプションの MK-742 と FK-515 が必要です。
  • 互換性の広いインターネットファクス「W-NET FAXに対応」
  • 通信コストを軽減する「IPアドレスファクス」
  • 最大2,000件(グループ100件)の「宛先登録」
  • 長い原稿をADFで読み取る「長尺スキャン」

タスクオートメーションツール ※別売商品

電子化業務を大幅に効率化する「Dispatcher Phoenix」

ファイル収集から処理・配信まで、ドキュメントの電子化プロセスを自動化するソフトウェアです。複合機の操作パネルからの入力データやQRコード・バーコード・OCR等からの抽出データを利用し、あらかじめ設定した条件によってファイルのリネーム・フォーマット変換・処理の分岐等を行い、ドキュメントごとに配信先へ自動的に格納します。
煩雑な作業もボタン一つの簡単な操作で実行が可能。作業開始時間を設定できるため時間にとらわれず電子化作業を効率的に行えます。
クラウドサービスとの連携も含めた幅広い拡張性と汎用性により、お客様のビジネスやオフィス環境に合わせたワークフローを柔軟に構築できます。

文書仕分けを効率化する「仕分け名人」

ファイルのリネーム処理やストレージ上の指定フォルダーへの自動保存など、スキャンやファクスの仕分け作業を効率化します。社内ネットワーク環境で利用できる自社運用型で、ボックスやフォルダーの監視ができます。


一部の機能は、クラシックスタイルでのみ対応。

bizhub 750 i 関連情報

bizhub 650 i / 550 i / 450 i 関連情報

bizhub 360 i / 300 i 関連情報

ページトップへ戻る