インテリジェントクオリティオプティマイザー
IQ-501

  • #自動処理
  • #印刷業でのスキルレス・自動化

こんなことにお困りではありませんか?

  1. 印刷作業工程に手間と人手がかかる
  2. 印刷中のダウンタイムが増えている
  3. 色管理や濃度調整のスキルを持つ人材の減少

特長

印刷作業工程の自動化

印刷前のマシンの各種色調・濃度調整、表裏見当調整の自動化や、印刷後成果物に対する印刷検品作業の自動化によって、作業工数を大幅に削減します。

印刷品質の安定性を強化

印刷生産時にリアルタイムで色階調の補正や表裏見当の調整を実施。印刷生産中の監視と補正の自動化により、生産を中断しての抜き取りチェックや補正等の追加作業が不要になります。

スキルレスで高精度な測色

今まで手動で測定していた、プリンタープロファイルの作成や色検証時の測定作業をマシン上で実施。スキルレスで色管理や濃度調整を行え、高精度な測色を実現します。

コニカミノルタだから実現できること

印刷現場の生産性向上を支援する自動品質最適化ユニット インテリジェントクオリティオプティマイザーIQ-501

概要

IQ-501(インテリジェントクオリティオプティマイザー)は、印刷現場で「人手と専門性」が必要な、色や濃度・見当位置の調整、人的操作ミス・ロスによる廃棄や仕事のやり直しなどを、コニカミノルタ独自の技術で自動化した自動品質最適化ユニットです。スキルレス・自動化によって技術者不足への対応や業務効率化を進め、現場から働き方改革に取り組むことができます。印刷現場作業を質と量の両面から支援し、コスト最適化されたデジタル印刷システム環境の構築に貢献します。

主な機能

  • 印刷前の各種調整を一括で自動調整
  • 色調調整・表裏見当調整の自動化
  • リアルタイム自動検品機能(※要追加オプション)
  • 階調補正と表裏見当補正をリアルタイムで実施
  • 面内濃度バランス・グレーバランスの自動補正
  • 最高濃度自動調整
  • 紙面汚れや不良ページを検知するインライン自動検品機能

事例・ホワイトペーパー