close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

Printgroove POD Queue

Printgroove POD Queue

ジョブに合った最適機器をマッチング。
プリントビジネスに合理性をもたらすソフトウェア。

受注内容に合った最適な機器選択は、
業務効率化・コスト削減に有効な手段です。

「Printgroove POD Queue」は、印刷設定したジョブに対して出力可能な最適機器を自動判別するアプリケーションです。
原稿の仕様や稼働状況、装着オプションなどから、その時にベストな機器での出力を実現。クラスタオプションを組み合わせることで、その効果はさらに高まります。
ワークフローの自動化と効率的な機器運用により、「より無駄の無い、より作業の少ない」印刷環境の構築に貢献します。

出力機器を一元管理し、ジョブに合わせて出力先を自動選択。

Printgroove POD Queueは、複数の出力機器を一元管理。印刷データのカラー / モノクロや仕上げ設定を判別し、自動で最適な機器へジョブを振り分けます。機器の稼働状況や消耗品の状態などもリアルタイムに把握でき、生産ライン全体をコントロールし、状況に合わせた最良のパフォーマンスを引き出します。


一元管理画面

例1)カラー / モノクロ原稿を自動で判断

印刷指示を出すと、POD Queueがカラー原稿の時はカラー機に、モノクロ原稿の時はモノクロ機に自動振り分け

例2)仕上げ設定を自動で判断

印刷指示を出すと、POD Queueが中とじ加工の時は中とじ機装着システムに、くるみ製本加工の時はくるみ製本機装着システムに自動振り分け

※Printgroove POD Queue ver.3.0以降は、カラークラスターオプション使用時にPDFドキュメント内のカラー情報(色版情報)に対して忠実に印刷します。
従いまして、カラー指定された空白文字、カラー指定された文字・図形・画素などが他の白黒画像のノセにより覆われているジョブもカラーページとして判断し、自動的にカラープリンターへ印刷指示がなされます。

同一の出力設定画面で作業効率向上

POD Queueは、出力機器が異なる場合にも1つの出力設定画面で作業ができます。各機器ごとの操作を覚える必要がなく、設定ミスを低減します。急な出力先変更にも柔軟に対応でき、オペレーティングを円滑にします。


ジョブチケット編集画面

ホットフォルダ運用

ホットフォルダにジョブを投入するだけで、適切な出力機器へジョブを送信します。空いている出力機器にすぐさまジョブが送信され、スピードが求められる現場において有効です。

ページトップへ戻る