close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

bizhub 3622

bizhub 3622の主な仕様

基本機能/コピー機能

製品名 bizhub 3622
形式 デスクトップ
読取り解像度 600×600dpi
書き込み解像度 600×600dpi
階調数 256階調
メモリー容量 1GB
複写原稿 シート、ブック、立体物(重さ最大3kg)
最大原稿サイズ A4 またはリーガル(ADF のみ)
複写サイズ 用紙サイズ 本体:A4 ~ A6、リーガル、レター 
手差しトレイ:A4 ~ A6、郵便はがき、封筒※1、リーガル、レター
不定形紙(幅:76.2 ~ 216mm、長さ:127 ~ 356mm)
画像欠け幅 先端/後端:4mm、右/左:4mm
ウォームアップタイム※2 90 秒以内
ファーストコピータイム※3 6.0 秒以下
連続複写速度 36 枚 / 分(A4タテ)
複写倍率 固定 等倍 1:1±0.5% 以下
拡大
縮小
固定任意
ズーム 25%~400%(1%単位で設定可能)
縦横独立変倍
給紙方式/給紙量
(75g/m2
標準 本体トレイ(ユニバーサルトレイ250 枚×1 段)+手差しトレイ100 枚
オプション PF-P15(250 枚×1 段)、PF-P16(550 枚×1 段)
最大給紙容量 900 枚(標準+PF-P16(550 枚)×1 段)
対応用紙坪量※4 本体:60 ~ 120g/m2  手差しトレイ:60 ~ 216g/m2
排紙容量 150 枚
連続複写枚数 1~999 枚
両面コピー※5 用紙サイズ A4、リーガル、レターのみ
対応用紙坪量 60~90g/m2
電源 AC100V 8.6A(50 / 60Hz)
最大消費電力 550W
エネルギー消費効率※6 72kWh / 年 区分:複合機c
大きさ(幅×奥行×高さ) 399×429.5×467mm(本体+ADF)
機械占有寸法(幅×奥行) 399×685.5mm(手差しトレイを開いた状態)
質量 約19.4kg(本体+ADF、消耗品含む)
※1
封筒の種類、保管、印刷環境によりシワや印刷不良が発生する場合があります。
※2
22℃、定格電圧時、主電源ONから
製品開梱時、消耗品交換時、および設置場所の温湿度変化時等によっては、装置内部で調整動作が行われ、記載数値以上の時間がかかる場合があります。
※3
A4タテ、等倍、本体トレイ、原稿ガラス面からの読み取り
※4
用紙の種類により正しく印刷されない場合があります。インクジェット用紙は対応していません。
※5
原稿送り装置から両面原稿の読み込みはできません。
※6
省エネ法(平成25年3月1日付)で定められた複写機・複合機別の測定方法による数値

自動原稿送り装置(標準装備)

原稿送り装置の種類 自動原稿送り装置
原稿の種類 普通紙 52 ~ 120g/m2
原稿サイズ 最大A4タテまたはリーガル
原稿積載量 50 枚(75g/m2
原稿読み取り速度(150dpi) 片面(カラー / モノクロ):20 / 42 ページ / 分
電源 本体より供給

プリンター機能(標準装備)

形式  内蔵型
連続プリント速度  本体仕様に準ずる ※1,200×1,200dpi 出力時は連続プリント速度が低下します。
解像度 標準モード:600×600dpi  高画質モード:1,200×1,200dpi
メモリー容量  1GB
ページ記述言語  PCL 6、PostScript 3 互換、XPS
内蔵フォント PCL 日本語2書体(HGゴシックB、HG明朝L)※1、欧文89書体
PS 日本語2書体(HGゴシックB、HG明朝L)※1、欧文158書体
対応プロトコル  TCP / IP、LPD、IPP、SNMP
対応OS PCL Windows 7※2 / 8.1※2 / 10※2
Windows Server 2008※2 / 2008 R2 / 2012 / 2012 R2 / 2016 / 2019
PS Windows 7※2 / 8.1※2 / 10※2
Windows Server 2008※2 / 2008 R2 / 2012 / 2012 R2 / 2016 / 2019
Mac OS X(10.9 / 10.10 / 10.11)、macOS Sierra(10.12)、
macOS High Sierra(10.13)、macOS Mojave(10.14)
XPS Windows 7※2 / 8.1※2 / 10※2
Windows Server 2008※2 / 2008 R2 / 2012 / 2012 R / 2016 / 2019
インターフェース  Ethernet 10Base-T / 100Base-TX / 1000Base-T※3、USB2.0(High-Speed)、
IEEE 802.11 a / b / g / n / ac※3
※1
オプション
※2
32 ビット(x86) / 64 ビット(x64) 環境に対応。
※3
有線LANと無線LANは同時に使用できません。

スキャナー機能(標準装備)

形式 フルカラースキャナー
読み取りサイズ 本体仕様に準ずる
読み取り解像度 75×75dpi、150×150dpi、200×200dpi、300×300dpi、400×400dpi、600×600dpi
原稿読取り速度(A4タテ) カラー / モノクロ:20 / 42ページ / 分(片面、150dpi)
インターフェース Ethernet 10Base-T / 100Base-TX / 1000Base-T※1、USB2.0(High-Speed)、
IEEE 802.11 a / b / g / n / ac※1
対応プロトコル TCP / IP(FTP、SMB、SMTP)
出力フォーマット TIFF、JPEG、PDF、XPS、PDF / A、暗号化PDF
対応OS※2 Windows 7※3 / 8.1※3 / 10※3
Windows Server 2008※3 / 2008 R2 / 2012 / 2012 R2 / 2016 / 2019
Mac OS X(10.9 / 10.10 / 10.11)、macOS Sierra(10.12)、
macOS High Sierra(10.13)、macOS Mojave(10.14)
※1
有線LANと無線LANは同時に使用できません。
※2
TWAINドライバー対応OS
※3
32 ビット(x86) / 64 ビット(x64) 環境に対応。

ファクス機能(標準装備)

伝送規格 スーパーG3
適用回線 一般加入回線、ファクシミリ通信網、PBX 回線
通信解像度 超高精細:600×600dpi
高精細:16dot/mm×15.4linx/mm、300×300dpi
精細:8dot/mm×7.7linx/mm、200×200dpi
普通:8dot/mm×3.85linx/mm
通信速度 2400 / 4800 / 7200 / 9600 / 12000 / 14400 / 16800 / 19200 / 21600 / 24000 / 26400 /
28800 / 31200 / 33600bps
符号化方式 JBIG、MMR、MR、MH
送信原稿サイズ 最大A4またはリーガル
記録サイズ 最大A4またはリーガル
伝送時間 約3 秒※1
短縮ダイヤル 500 件※2
順次同報通信 最大400 件
※1
A4判700文字程度の当社標準原稿を、標準的画質(8dot/mm×3.85line/mm)でスーパーG3モード(ITU-T V.34準拠33.6kbps 以上)、JBIG 符号により送信した場合の時間です。
※2
宛先名が25文字、番号が10桁、ショートカットIDが4桁の場合の件数です。

オプションの主な仕様

給紙ユニット PF-P15

用紙種類 普通紙、再生紙、片面専用紙、特殊紙、色紙、厚紙、ラベル紙(60 ~ 120g/m2
用紙サイズ A4、A5、B5、リーガル、レター
給紙容量 250 枚(75g/m2
電源 本体より供給
大きさ(幅×奥行×高さ) 389×374×95mm
質量 約4.2kg

給紙ユニット PF-P16

用紙種類 普通紙、再生紙、片面専用紙、特殊紙、色紙、厚紙、ラベル紙(60 ~ 120g/m2
用紙サイズ A4、A5、B5、リーガル、レター
給紙容量 550 枚(75g/m2
電源 本体より供給
大きさ(幅×奥行×高さ) 389×374×126mm
質量 約4.7kg

専用デスク DK-P02

大きさ(幅×奥行×高さ) 450×465×452mm
質量 18.3kg
総耐荷重 50kg

寸法図

(単位:mm)

bizhub 3622 関連情報

ページトップへ戻る