close

サービス

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

コニカミノルタジャパン
NPO法人日本ブラインドサッカー協会と
サプライサービスパートナー契約を締結

2016年10月3日
コニカミノルタジャパン株式会社

コニカミノルタジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原口淳、以下コニカミノルタジャパン)は、NPO法人 日本ブラインドサッカー協会(本社:東京都新宿区、代表理事:釜本美佐子、以下JBFA)と、サプライサービスパートナー契約を締結しました。

JBFAは、「ブラインドサッカーを通じて、視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会を実現すること」というビジョンのもと、日本代表チームの強化、競技者/指導者/審判の育成、競技の普及、大会の開催のほか、ダイバーシティ事業などを行っています。

2014年世界選手権以降の主要大会において、JBFAは、障がいのある方や一時的に体の機能が低下している方にも試合観戦を楽しんでいただくためのサービスやサポートツールを提供する「リレーションセンターTASKAL」を設置し、視覚に障がいのある方が触って分かる触地図を提供するなど、観戦環境の整備を行っています。2016年7月に開催された日本選手権では、コニカミノルタジャパンの印刷機で触地図を作成し、来場者に提供しています。

コニカミノルタジャパンは、これまで地図や図形、絵柄などの視覚的な情報を立体化することで視覚に障がいのある方への情報伝達をサポートする立体コピーシステムを販売してまいりました。JBFAに対し、この立体コピーシステム一式を無償貸与するほか、よりスムーズな運営が行えるよう印刷物の提供などにより、活動を支援してまいります。

Partner Vision bizhub C224e 「Partner Vision bizhub C224e」
※写真はオプションを装着したものです。

日本ブラインドサッカー協会についてNew Window
立体コピーシステムは、松本油脂製薬株式会社とコニカミノルタ株式会社が共同開発しました。
「Partner Vision®」はコニカミノルタ株式会社の登録商標です。

本件に関するお問い合わせ

お客様

コニカミノルタジャパン株式会社 お客様相談室
TEL:0120-805-039

報道関係

コニカミノルタジャパン株式会社 広報・CSR推進部
TEL:03-6311-9091
E-mail:pr@fusion.bj.konicaminolta.jp

ページトップへ戻る