分光測色計・色彩色差計

色彩管理ソフトウェア

CM-S100w

色彩管理ソフトウェアCM-S100w「SpectraMagic NX」は、分光測色計および色彩色差計をPCに接続して操作・制御でき、多彩な機能や表示ができる、色彩管理ソフトウェアです。ナビゲーションウインドウの表示などわかりやすく操作を導いてくれます。
基本機能を充実した「Basic版」と、インデックスなどの機能の豊富な「Professional版」があります。
OSはWindows® 10、Windows® 8.1、Windows® 7に対応しています。

※対象機種につきましては、使用環境条件の「制御対象」をご確認ください。

仕様

表色系・色空間 L*a*b*、L*C*h、Lab99、LCh99、XYZ、ハンターLab、Yxy、L*u'v'、L*u*v*、Cマンセル、D65マンセル、および各色差(マンセルは除く)
インデックス MI、WI(CIE1982、ASTM E313-73、ハンター)、YI(ASTM D1925-70、ASTM E313-73)、WB(ASTM E313-73)、オパシティ(ISO 2471、TAPPI T425 89%白色板)、ヘイズ(ASTM D1003-97) 、8°グロス値
(CM-3600A、CM-3610A、CM-5、CM-3600d、CM-700d/600d、CM-2600d/2500dのみ)、任意式及び各差、グレイスケール(ISO 105.A05)、グレイスケール等級(ISO 105.A05)、K/S濃度(差分比較式(ΔE*ab,ΔL*,ΔC*,ΔH*,Δa*,Δb*)、最大吸収波長式、全波長式、任意波長式)以下、CM-5/CR-5と接続した時表示のみGardner、lodine Color Number、Hazen/APHA、European Pharmacopoeia、US Pharmacopeia)
※使用する測定器によっては、照明・受光光学系がヘイズ(ASTM D1003-97)の定義と完全に一致していない場合がありますが、相対値として用いる限りにおいては問題ありません。
インデックス
※Professional版のみの仕様
WI(ASTM E313-96、BERGER、TAUBE、STENSBY、Ganz)、 Tint(CIE1982、ASTM E313-96、Ganz)、YI(ASTM E313-96、DIN6167)、染色度(ISO 105.A06)、 ブライトネス(TAPPI T452、ISO 2470)、濃度(Status A、Status T)、主波長、刺激純度、RXRYRZ、555、濃度(三刺激値、スード三刺激値)、汚染度(ISO 105.A04E)、汚染度等級(ISO 105.A04E)、NC#、NC#等級、Ns、Ns等級、標識色インデックス
色差式 ΔE*ab(CIE 1976)、ΔE00(CIE DE2000) および明度・彩度・色相の各成分、ΔE99(DIN 99)、ΔE*94(CIE 1994)および明度・彩度・色相の各成分、ΔE(ハンター)、CMC(l:c) および明度・彩度・色相の各成分、ΔEc(degree)(DIN 6175-2)、ΔEp(degree)(DIN 6175-2)
色差式
※Professional版のみの仕様
FMC-2、NBS 100、NBS 200
視野 2°、10°
光源 A、C、D50、D55、D65、D75、F2、F6、F7、F8、F10、F11、F12、U50、ID50、ID65
光源
※Professional版のみの仕様
任意光源 1~3
グラフ 分光反射率(透過率)・K/S・吸光度、および各差、L*a*b*絶対値、
ΔL*a*b*(2D/3D 色差分布、MI)、ハンターLab絶対値、ハンターΔLab、xy色度図、
各表色系および色差式のトレンドグラフ、ヒストグラム、擬似カラー
画像表示 測定値と画像データ(JPEGまたはBMP形式の画像)の関連付けと表示
測定器の制御 【測定/校正】
自動平均測定:2~999回
手動平均測定:任意回数(測定時に選択した表色系の標準偏差、平均値を表示)
リモート測定(CM-3000シリーズを除く)
【測定器の各種設定】
測定器に記録されたデータの取り込み(CM-3000シリーズを除く)
測定器内データの一覧表示機能 (CM-3000シリーズを除く)
基準色 複数登録(基準色自動選択)、表色系指定による色彩値手動入力登録
基準色の測定器への書き込み(CM-3000シリーズを除く)
データリスト 基準色/測定色データの一覧表示、編集(削除、ソート、平均化、コピー&ペースト、検索、ファイルの結合)、JPEG画像の関連付け、統計値/合格率などの表示
データリスト
※Professional版のみの仕様
目視判定結果の書き込み機能、データ付加情報の入力/一覧表示機能
外部入出力 独自形式(拡張子mes)のデータファイルの読み込み/保存、複数読み込み可
独自形式(拡張子mtp)のテンプレートファイルの読み込み/保存、複数読み込み可
テキスト形式(CSV、TXT)データの保存、XML形式データの保存、リストのクリップボードコピー
表示言語 日本語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、中国語(簡体、繁体)、ポルトガル語
ヘルプ ナビゲーション表示、色色雑学の表示、マニュアル
画面 同時にオープンできるファイル数:20ファイル
1ファイルのデータ保持数:基準値5,000データ、測定値5,000データ
測定器状況の詳細ウインドウ表示
操作 大きいボタンによる操作画面、キー割り当てによるマウス不要の操作、操作ナビゲーション・マクロ機能などによる簡単操作
ここに記載の仕様は都合により予告なく変更することがあります。

ページトップへ戻る