色色雑学

PartI 色の見え方と表現方法色色雑学
「色合い」「明るさ」「あざやかさ」。色の世界は、3つの要素の組み合わせ。
図1 色相環
図2 赤紫と緑の明度と彩度の変化
図3 色調図(明度と彩度)
色合い、明るさ、あざやかさ、これが色彩の世界です。

色相 H(Hue) 「赤」「黄」「緑」「青」・・・・・・。”色あい”は色彩の輪をつくっています。
りんごの色は赤、レモンの色は黄、空の色は青・・・というように、誰でもその「色あい」を思い浮かべることができます。 この赤、黄、青というように、それぞれ区別される「色あい」を色相といいます。さらに赤と黄といえば、全く別の色相ですが、赤と黄の絵の具をまぜると黄赤ができ、黄と緑なら黄緑、緑と青なら青緑・・・・というように色相は図1のようにつながりあって、ひとつの輪を作ります。これを色相環といいます。

明度 V(Value) 明るい色と暗い色。
”明るさ”の度合いはタテに変化します。
色と色を比較して、明るい色とか暗い色というように、色には「明るさ」の度合いがあります。たとえばレモンの黄色とグレープフルーツの黄色では、レモンの黄色のほうが、より明るいですね。それではレモンの黄色とあずきの赤ではどうでしょう。やはり、レモンの黄色のほうが明るい色ですね。このように色相に関係なく比較できる「明るさ」の度合いを明度と呼んでいます。図2を見てください。これは図1の色相環を、緑(A)-赤紫(B)で切った断面にあたります。明度がタテ方向に変化して上へ行くほど色が明るく、下へ行くほど暗くなるのがわかりますね。

彩度 C(Chroma) あざやかな色、くすんだ色。”あざやかさ”の度合いは中心から広がって変化します。
同じ黄色でも、レモンと梨でくらべてみるとどうでしょう。「明るさ」というよりも、レモンはあざやかな黄色で、梨はにぶい黄色というように、「あざやかさ」に大きな違いがあることがわかります。このように、色相や明度とはまた別に「あざやかさ」の度合いを示す性質を彩度と呼んでいます。図2を見ると、赤紫と緑それぞれの色相で、中心からヨコ方向に彩度が変化しています。中央へ向かうほど、くすんだ色(灰色)になっているのがわかりますか?図3には、明度と彩度を表す色調(トーン)に関する一般的な呼び方(修飾語)を示しています。ことばにすると、どのような表現になるか、一度、図2と見くらべてください。
前のページへ 4/13 次のページへ
PartI 色の見え方と表現方法トップへ PartII 色の正体トップへ PartIII 色の測り方トップへ PartIV 色の用語トップへ PartV 新しい色差式についてトップへ 色色雑学トップへ

ページトップへ戻る