エッジAIカメラ MOBOTIX 7シリーズ

  • #コミュニケーション
  • #プロセス改善
  • #自動処理
  • #セキュリティー

こんなことにお困りではありませんか?

  1. 画像AI・ディープラーニングは手間とコストがかかる
  2. 画像AI・ディープラーニングを導入したが環境によって精度がでない
  3. 画像を実業務の効率化・省力化に結びつけられない

特長

カメラだけで画像解析・検知・アクション指示まで対応可能

カメラ内蔵のCPUで画像解析を行い、物体の動きや方向を検知したり、他機器からの信号を受信して様々なアクション(音声発報・メール通知・警告灯鳴動・他機器へ様々な信号発信等)につなげる事ができます。
これにより、サーバレスでシンプルな構成での運用を実現します。

  • 雪

便利な物体ラベル付け(種別)機能

画像の中から、人・一般車両・バス・トラック・バイク・飛行機・船・動物を天候に左右されずに判別する事が可能。
判別した物体と進行方向に応じて、異なるアクション(音声発報・メール通知・警告灯鳴動・他機器へ様々な信号発信等)につなげる事ができます。

  • Activity Sensor Right direction、Object detection、Visual alarm

豊富な導入実績

多彩なMOBOTIXの機能を活用して、お客様と一緒に様々な現場の課題を解決しています。
従来のモノ売りビジネスから、画像技術によるデータ活用に強みを持つサービスプロバイダーへの変革に挑戦し、お客様の「みたい」をかなえ業務効率化・省人化を支援します。

  • MxAnalytics Al。カメラに内蔵されたMx AnalyticsAIだけで!労働安全、工場内で立ち入り禁止の場所に人が侵入した場合に検知し通知することができます。動体カウント、指定エリア内でラベル付け(種別)した物体の通過数カウント、ヒートマップの作成が出来ます。密検知、指定したエリア内において設定した人数を上回った場合に通知する事が出来ます。

コニカミノルタだから実現できること

エッジAIカメラMOBOTIX 7の進化した物体検出で車両を判別し出庫検知させた実証動画

概要

エッジAIカメラ MOBOTIX 7シリーズは、ディープラーニング技術を活用した画像解析で、業務効率化や省人化を叶えるAIカメラです。進化した物体検出機能MxAnalytics AIによって、ラベル付け(種別)した物体の侵入検知、通過人数のカウント、ヒートマップの作成が可能に。画像データを活用した省人化や業務効率化に貢献します。

主な機能

  • 画像から、人・一般車両・バス・トラック・バイク・飛行機・船・動物をラベル付け。
  • 特定の方向の動作を検知した場合に録画や電話通知、アラームでお知らせする方向検出アラーム
  • 人や物体の挙動データの計数・収集機能
  • 動きの多寡に基づいた色分けが行われる動線密度分析(ヒートマップ)機能
  • 特定の領域内を通過した動体を計数する人数カウント機能
  • 動作温度-40~65°C、防塵防水規格IP66および耐衝撃規格IK07の高い対候性
  • ネットワーク等の負荷やシステムコストを軽減する分散型システム
  • 各センサーが検知した情報を、多様な機器に連携して次の行動(信号発信)へ
  • カメラのオーディオ機能とIP電話の仕組みを活用した双方向コミュニケーション
  • iOSデバイスをモバイル監視ステーション化できるMOBOTIX App
  • 多くのコーデックサポート(H.264、H.265、MxPEG +およびMJPEG)

その他詳細やカタログ