close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

AccurioPress C6100 / C6085

AccurioPress C6100 / C6085

インテリジェントクオリティオプティマイザーで、色管理・表裏見当調整、検品を自動化。

調整時間を大幅に短縮し、生産時間を拡大。印刷中の常時監視/調整で安定した高品質の印刷物を提供できます。さらにスキルレス調整で、オペレーターの負荷を軽減します。

リアルタイム階調補正・表裏見当調整

印刷中もリアルタイム補正による安定した高品質印刷物を提供

生産性を落とすことなく、階調や表裏見当をリアルタイムで監視し、補正します。印刷中の色変動や見当ずれを最小限にし、高品質な印刷物を安定して供給します。また、色や見当起因のヤレ発生を抑え、コスト改善や顧客の信頼度向上に寄与します。

自動画質補正 位置+階調調整

リアルタイム
階調・表裏見当調整
対応用紙サイズ
定型サイズ SRA3、SRA4あるいは副走査方向に余白があるもの
不定形サイズ 副走査方向225mm以上

表裏見当用のトンボと階調確認用のパッチを書き込み。それらの画像を内蔵のスキャナー1パスで読み取り解析。解析情報をフィードバックし補正を行います。

印刷前の色調整・表裏見当調整を自動化

マシン稼働率を向上、短納期化を実現

濃度や色管理、表裏見当調整の自動化を実現。本来の生産時間以外にとられていた調整時間を大幅に削減し、利益に直結する印刷稼働率の向上に貢献します。また、今までのようなマニュアル測定や数値入力も不要。測定や入力ミスによる品質問題を無くし、スキルレスで、高品質な印刷製品を提供します。さらに、自動でカラープロファイルの作成も可能。高精度な色合わせが短時間でできるため、生産効率を大幅に向上します。

ユーザメリット

  • 手作業の調整時間を大幅削減・稼働率向上
  • 色安定/見当ズレ起因のヤレ紙発生を削減
  • 専門スキル不要でオペレーターの負荷軽減

インテリジェントクオリティオプティマイザー

一括自動調整機能

容易に短時間で安定した品質を提供

最高濃度や濃度バランス、ガンマ調整、さらに出力紙を使用した濃度調整を、一括で自動化し実施します。日常的な調整作業をワンステップで実施できることで、手間をかけることなく、短時間で高精度な調整が可能です。

■一括自動調整項目

一括自動調整項目

印刷中に全ページの検品が可能

リアルタイム自動検品機能  ※オプション

登録されたプルーフ画像と比較し、汚れやイメージ欠けを検知します。検知されたページはパージトレイから排紙されすぐにリカバリー印刷をおこなうため、ページの狂いもなく印刷を行います。大量出力時やインライン製本時の全ページ検品が不要になります。

自動検品機能にはUK-301、VI-513、RU-702が必要です。

検品レベル設定

7段階の検品レベルを任意に設定することができます。

自動検品領域設定

検知除外領域を最大5か所まで設定することで、可変印刷領域を除外することが可能です。

レポート機能

ジョブ完了後、異常検知の有無にかかわらず検品レポートを作成します。異常検知のページにはマークが付き、検知内容を確認することができます。

AccrioPro Cloud Eye

クラウド型色管理システムとの連携で、日間・機種間の色管理を自動化

AccurioPro Cloud Eyeは、コニカミノルタのクラウド・カラーマネジメント・システムです。複数拠点間の様々な印刷機をクラウドを介して管理することで、一元的なカラーマネジメントを実現。自社内はもちろん、協力会社間、自社工場間の色管理手順の統合が容易に行えるようになります。また、これまで曖昧になりがちだった印刷機の色再現状態の確認をスキルレスでより明確に、そしてリアルタイムなものに一新します。

複数拠点にまたがる出力色をクラウドを介してまとめて管理

複数拠点にまたがる出力色をクラウドを介してまとめて管理することに より、色管理ソフトのローカル運用での問題点を解決します。

色管理ソフトのローカル運用での問題点

  • 判定の基準や設定方法などが異なり同じ内容で管理できていないリスク
  • 一元管理のためのやり取りや現物確認など余計な手間が発生

AccurioPro Cloud Eye

AccurioPress C6100 / C6085 関連情報

ページトップへ戻る