照度計・輝度計

ディスプレイカラーアナライザー

CA-410NEW

超低輝度から高輝度まで、HDRディスプレイの正確な輝度色度やガンマ特性の評価・調整が可能です。

保守契約対象製品

製品情報

製品概要

HDRディスプレイの高速輝度色度測定に対応したディスプレイカラーアナライザーです。
本製品は、長年多くのお客様にご活用いただいてきたCA-310を、最新のディスプレイ測定ニーズに合わせて低輝度測定性能や色度測定精度の向上、測定精度保証輝度範囲の拡大、色度測定精度の向上、低周波ディスプレイ対応等の性能機能を進化させました。
また、プローブ-PCの直結を可能にしたことや自動ゼロ校正など、自動化装置へのインテグレーション利便性も向上しています。

プローブラインナップ別 主な用途

上段左から

  • CA-VP410(測定径:φ10mm)
  • CA-VP427(測定径:φ27mm)
  • CA-P410(測定径:φ10mm)
  • CA-P427(測定径:φ27mm)

下段

  • CA-MP410(測定径:φ10mm)
高感度プローブ

ハイエンドOLEDなど、超低輝度から高輝度までの高速測定が求められるシーンに対応したモデルです。
プローブ:CA-VP410、CA-VP427

用途

OLED TV、スマートフォン用OLEDなど超低輝度からの輝度色度・ガンマ測定検査、調整

通常プローブ

CA-310との互換性を維持しつつ、さまざまなディスプレイの測定ニーズに対応したスタンダードモデルです。
プローブ:CA-P410、CA-P427

用途

各種ディスプレイ全般の輝度色度、ホワイトバランス、ガンマ、フリッカー測定・評価、調整

高輝度30,000cd/m2までの測定が可能な高輝度モデルCA-P410H(測定径:φ10mm)やCA-P427H(測定径:φ27mm)もあります。
ミニプローブ

CA-310同等以上の性能を持ちつつ、極限までコンパクトに設計したモデルです。
プローブ:CA-MP410

用途

小型ディスプレイ生産プロセスでの自動測定装置用カラーセンサー、プロフェッショナルモニターのキャリブレーション

高輝度30,000cd/m2までの測定が可能な高輝度モデルCA-MP410H(測定径:φ10mm)もあります。

主な特長

低輝度から高輝度までの精度保証

ディスプレイのHDR(ハイダイナミックレンジ)化に伴い、測定器に求められる低輝度・高輝度の測定性能がさらに高まっています。CA-410はセンサーと回路を刷新することで、従来機種比25倍の精度保証輝度範囲(通常プローブ CA-P427使用時、CA-310比)を実現しました。超低輝度から高輝度まで、HDRディスプレイの正確な輝度色度やガンマ特性の評価、調整に貢献します。

ディスプレイの輝度測定例

従来型ディスプレイ:0.01-500 cd/m2

HDRディスプレイ:0.001-1,000 cd/m2

CA-310(CA-P32 使用時)
精度保証輝度範囲(輝度測定)
0.005 - 1,000 cd/m2

CA-410(CA-P427 使用時)
精度保証輝度範囲(輝度測定)
0.001 - 5,000 cd/m2

色度測定精度の向上

ディスプレイの高彩度・広色域化に伴い、より高い色度測定精度が測定器に求められています。CA-410はXYZフィルターの精度向上により、分光応答度のCIE 1931 等色関数への近似度がアップ(CA-310比)。また、LED光源ディスプレイの分光スペクトルに近似させた光源にて校正することにより、色度測定精度が向上。広色域ディスプレイのより正確な色度・ホワイトバランスの評価や調整に貢献します。

CIE1931 等色関数とCA-410の比較

プローブCA-VP410を代表例として挙げています。

保証確度
(xy/基準光源測定時)
CA-310 白色:±0.003
RGB 単色:±0.004
CA-410 白色:±0.002
RGB 単色:±0.003

CA-310:弊社基準LCDを基準とする
CA-410:弊社基準光源を基準とする

インテグレーションセンサー用途に適した仕様

ディスプレイカラーアナライザーCAシリーズは、発売以来多くのお客様に自動測定装置への組み込み用高精度カラーセンサーとして採用いただいてきました。CA-410用SDK(ソフトウェアディベロップメントキット)であるCA-SDK2の基本コマンドを従来機用のSDKであるCA-SDKと同一とし、またプローブ取り付けネジ穴位置を従来機用プローブと合わせる(ミニプローブ CA-MP410を除く)ことで、従来機との互換性を維持しつつ、ゼロ校正シャッターの電動化による自動無人化対応やプローブ-PC直結による省スペースなど、よりインテグレーション用センサーとして最適化された仕様となっています。

CIE1931 等色関数とCA-410の比較

さまざまな測定シーンへの対応を強化

これまで長きにわたりCAシリーズをご愛顧頂いてきたお客様の声を活かし、「センサー回路の刷新によるレンジ間誤差・レンジ切替え時間の低減短縮」、「低周波駆動ディスプレイ対応」など、さまざまな測定対象や測定シーンにて、より信頼性の高い測定が可能となりました。

ガンマ測定時にレンジ切替えに要する時間

CA-310(CA-P32使用)
CA-410(CA-P427使用)
測定同期モード:NTSC
測定スピードモード:FAST
0.01 - 500 cd/m2のガンマ測定の場合

「簡単操作」を追求したデータプロセッサー CA-DP40

進化の速いディスプレイ業界では、研究開発部門においても作業時間の短縮が求められています。データプロセッサー CA-DP40は、CA-310の特色である「簡単操作」をさらに進化させました。「自動ゼロ校正による電源投入後すぐの測定開始」、「見やすい7型カラーディスプレイ」、「他言語対応」、「リチウムイオン電池」(別売)による可搬性」など、研究開発用途での利便性を高め、迅速・確実な測定データ取得に貢献します。また、CA-DP40は、プローブを最大10本まで接続でき、多点測定アプリケーションにも対応しています。

PCソフトウェア CA-S40(標準付属品)

CA-410のプローブには測定ソフトウェアCA-S40が標準付属し、プローブとPCを直結して測定を行うことができます。CA-S40はWindows®7 / 10と共にmacOS®に対応。より幅広いお客様の測定シーンでご活用いただけます。

輝度色度測定

JEITA フリッカー測定

ページトップへ戻る