コニカミノルタ流 ABW

社員やお客様などの様々な人がつながる場所
オフィスでしか叶わない機能とつながる

日本で働く人々の環境が大きく変わった2020年。

コニカミノルタジャパンでもオフィスに出社する働き方から、テレワークが基本の働き方となりました。

最初は戸惑いもあったテレワークも、慣れると毎日出社しなくても滞りなく仕事ができることや、出社して働いていた時よりも限られた時間を有意義に使うことができることに気付きました。

「オフィスは、なぜ必要なのだろう?」
「出社して働くのは、どんな時だろう?」

コニカミノルタジャパンが考えるニューノーマル時代の働き方を実現するオフィス「つなぐオフィス」がはじまります。

これまでのコニカミノルタジャパンの取り組み

コニカミノルタジャパンでは、2013年より働き方改革を実践しています。

本社オフィスの移転、フリーアドレスの採用、コアタイムのないフレックス制度の導入、保管文書ゼロ化、全社員対象のテレワーク制度の導入など、「紙と場所に縛られない」をテーマに、いつでもどこでも誰でも働ける環境づくりを実現してきました。

これまでの経験の中で、コスト削減、生産性向上など様々な成果を上げていく中で、見えてきた課題から、今回、オフィスの最適化に焦点を当て、ニューノーマル時代にあった働き方を実現します。

リアルとバーチャルのハイブリッドなワークスタイル

~使い分けることで最大のパフォーマンスと生産性向上へ~

コニカミノルタジャパンでは、テレワークによる働き方、オフィス出社の働き方、どちらかに限定するのではなく、自律した人財が柔軟に働くことで、様々な場所で集い共創することをニューノーマル時代の働き方で実践していきます。

テレワーク

多様化された働き方への対応
個人アウトプット最大化

オフィスワーク

職種に応じた価値の最大化、
チームのアウトプット最大化

ニューノーマルの働き方でオフィスで行いたい仕事は?

2020年の働き方を経て、私たちはこれからどのような働き方をしていきたいのか。
社員にとって最適な働き方を見つけ出すために社内アンケートを実施しました。

  1. 1同僚とのコミュニケーション
  2. 2組織マネージメント、チームワーク向上
  3. 3お客様との多様な接点
  4. 4他部署グループ会社とのコラボレーション
  5. 5自宅ではできない超集中

※アンケートの詳しい内容についてはコンセプトブックをご覧ください。

コンセプトブックダウンロード

ニューノーマル時代のオフィスのありかた
「High」クオリティーでプレミアムなオフィス

いつでもどこでも働ける時代。オフィスは目的があるからこそ行く場所になり、自宅や3rdプレイス、バーチャルでは越えることができない豊かな創造性を支援する環境や最高のパフォーマンスを生むことができる工夫が施されたオフィスをつくる必要があると考えました。
「つなぐオフィス」にはコニカミノルタジャパンが考えるニューノーマル時代の働き方に必要な3つの価値を高めることができるオフィスとして人とひとを強くつなぐための仕掛けがあります。

01

創造性

多様な人の知識、考え、価値観を掛け合わせて新たな価値を創出

02

業務効率

集中力を高めて効率的に仕事ができる空間実機検証など、オフィスでしかできない価値創造

03

エンゲージメント

社員同士や社員と組織が関係を築き、共感を得る切磋琢磨して成長に導く

コニカミノルタ流 ABW「つなぐオフィスとは?」
お客様や社会、他社、社員同士など様々な人とモノを
“つなぐ”これからのオフィス

社員やお客様などの様々な人がつながる場所、
オフィスでしか叶わない機能とつながる場所という想いを込めて、新しいオフィスの名前を「つなぐオフィス」としました。

「つなぐオフィス」で社員やお客様などの様々な人や、オフィスでしか叶わない機能がつながることで、
「自律した人財が柔軟に働くことで、様々な場所で集い共創する」というニューノーマル時代の働き方を実現できると考えます。

つなぐオフィスで実現する7つの「High」クオリティー

コニカミノルタジャパンは、「いいじかん設計」を通して、2フロアからなるエリアの中に、7つのそれぞれの機能をもたせたゾーンとソリューションを設置。オフィスに求める機能を明確にし、目的に応じたアクティビティーを設置することで、用途に合わせてエリアを選ぶ「High」クオリティーなオフィスを実現しました。

執務フロア

社員の自律性を受け入れ個を活かす空間。

どうすれば「いいじかん」が生まれるのか。
それぞれが目的を持って働き方をデザインする多様な空間と仕掛けが施されたフロア。

High focus

外部からの刺激を遮断し、目的に焦点を当て没頭する場

Read More

High collaboration

社内のメンバーと互いの考えを共有し議論を弾ませる場

Read More

High creativity

創造性を高める環境の中でアイデア出しなどを行う場

Read More

High function

特殊な機能や環境が用意され、特有の業務を行う場

Read More

High secure

セキュリティーを要する情報を扱う議論や業務を行う場

Read More

来客フロア

様々な「みたい」を実現する空間。

お客様の考える様々な「みたい」(=見たい、診たい、看たい、観たい、等)に応え、
価値創造の原動力となる「見えないものをみえる化」を共に実現するフロア

High innovation

企業理念や取り組みを伝え新たな価値を生み出す場

High community

社員のエンゲージメントを高め、信頼関係を構築する場

リアルなオフィスの価値探求
ABW自社実践

今回のリニューアルでは25F執務フロアの1区画をABW化しました。
区画内は5つのエリアでゾーニングしています。
High Collaboration、High Creativity、High Focusは、社員が多く集まるオープンスペースを利用し3等分しています。また、High Secure、High Functionは左右の個室を使い、2014年改修当初のレイアウトを有効的に活用しました。
各エリアの中でも景観の美しい窓際には、リラックス効果や、オフィスならではの価値を感じさせてくれる、社員のモチベーションを高める家具を配置しています。
閉ざされた空間で集中して作業を行いたい人から、様々な人と関わり共創したい人まで、全ての社員が目的に合わせて自由に場所を選び、働くことができるゾーニングとなっています。

計画的にゾーニングされたオフィスでは、社員の働き方や生産性、創造性への効果をコニカミノルタジャパンが持つアンケート技術・ITソリューション・働き方コンサルティングのノウハウを活かして検証を行います。
3等分されたエリアでは空間・利用率・ルールについて、個室については求められる機能や要件について調査します。
こうした自社実践を繰り返すことで、より価値を生み出せる働き方、変化にも柔軟に対応できる働き方を追求し未来のオフィスづくりに繋いでいきます。

オフィスについて

Read More

導入ソリューション

Read More

もっと詳しく知りたい方へ

オフィス見学ツアーを開催しております。ぜひリアルで体験してください。

オフィス見学ツアー

「つなぐオフィス」についてを分かりやすくまとめた資料です。

コンセプトブックダウンロード

03-6311-9450

「つなぐオフィス」関するご質問・ご相談はこちらへ。まずはお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

「つなぐオフィス」関連コラム

コロナ禍に対応するオフィスレイアウトの基本とコツ

数々の企業のオフィスデザインをサポートするコニカミノルタが、コロナ禍における理想のオフィスレイアウトについてご紹介します。

テレワークで発生しがちなコミュニケーション課題を解決するための工夫とは

テレワークにおいて発生しやすい、コミュニケーションに関する課題を取り上げ、円滑なコミュニケーションを実現するための工夫や解決策を詳しく解説します。

企業の生産性を高める新しい働き方 − ABWの基本的な考え方とメリットとは

ABWとフリーアドレスとの違い、働き方の概要やメリット・デメリット、導入に適している企業の要件について解説します。

Contactオフィス環境に関するお問い合わせ

商品およびサービスについてご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

03-6311-9450
[対応時間]9:30~17:00
(土日祝日・年末年始休業を除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

コニカミノルタジャパン株式会社
マーケティングサービス事業部  空間デザイン部

〒105-0023 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング26F(総合受付)

許認可

東京都知事 特定建設業許可:

建設工事業 大工工事業

左官工事業 管工事業 ガラス工事業 塗装工事業 防水工事業

内装仕上工事業 機械器具設置工事業 建具工事業

第一種貨物運送利用事業