分光測色計・色彩色差計

CR-400/410(三刺激値タイプ)

色彩色差計

CR-400/410

三刺激値タイプ

測定ヘッド単体による測定が可能、高精度・多機能ながら簡単な操作性を備えたコニカミノルタ色彩色差計「CR-400」「CR-410」を新発売!

保守契約対象製品

製品情報

製品概要

  • 色差基準色の設定や校正など、判りやすいボタンの名称を採用していますので、スムーズに測定や設定操作が行えます。
  • 器差ΔE*ab 0.6以内/CR-400 、ΔE*ab 0.8以内/CR-410 、繰り返し性ΔE*ab 0.07以内の高精度です。
  • 任意校正機能を使えばさらに高精度に測定できます。(データプロセッサまたは別売付属品のソフトウェアで設定)
  • 限界値を設定し良否判定(合格/注意/不合格表示)が行えます。(データプロセッサまたは別売付属品のソフトウェアで設定)
  • CR-300/310の表色系に加えて、さらに多彩な表色系を選択することができます。
  • 測定データは、測定ヘッド単体使用時1000データ、データプロセッサ接続時2000データを格納することができます。(色差基準色データは測定ヘッド単体使用時とデータプロセッサ接続時ともに100データ)
  • 色差グラフも表示することができますので、色差の状態を視覚的に見ることができます。(データプロセッサ)
  • 色差基準色のコメント、校正チャンネル名の入力は、分かりやすい携帯電話の文字入力方式を採用しています。(データプロセッサ)
  • 大きくて見やすいバックライト付の液晶表示画面です。
  • 液晶表示は、日本語・英語をはじめ6種類の言語を選択することができます。
  • 充電式電池を使用することができますので、経済性に優れています。

主な用途

  • 塗装分野
  • ゴム・プラスチック分野
  • 印刷分野
  • 繊維・染色分野
  • 食品分野
  • 農林・水産分野
  • 窒業分野
  • 住宅分野
  • 医学・学術分野

主な特長

測定ヘッド単独で測定可能

測定ヘッドをデータプロセッサから切り離して、測定ヘッド単独での測定ができます。また、測定ヘッド単体とパソコンとを直接接続することができますので、別売付属品のソフトウェアを使用すれば、パソコンをデータプロセッサの代わりとして使用することもできます。

任意の評価式や色彩計算式を自由に設定

任意の評価式や色彩計算式を自由に設定できるユーザーインデックス機能を搭載していますので、L*a*b*などの一般的な表色系や評価式でなく、業界独自の評価式やお客様独自の評価式を用いて色彩管理を行っている場合などにも対応することができます。

さまざまな測定物に対応できる豊富なアクセサリ

粉体・液体・ペースト状などさまざまな測定物に対応できる豊富なアクセサリをそろえています。

高速印字プリンタ内蔵でコンパクトなデータプロセッサ

データプロセッサは、印字速度が速いプリンタを内蔵した電池駆動式※で軽量コンパクトなボディです。
大きさと質量(重さ)は従来の約半分(CR-300比)。また、ショルダーストラップを取り付けることができますので、優れた携帯性も兼ね備えています。

標準付属品のACアダプタでも駆動します。
CR-300/310とのデータ互換性があります。

照明受光光学系は従来機のCR-300/310と同じで、データ互換性がありますので、CR-300/310をお使いの方にも過去のデータを生かして、そのままお使いいただくことができます。

ページトップへ戻る