コニカミノルタ

コニカミノルタについて

サステナブルマーケティング

コニカミノルタのアプローチ

背景と課題認識

地球温暖化や資源枯渇などの環境問題に対する社会的要求が高まる中、企業の環境活動は、リスク対応に留まらず、事業成長につなげることが求められています。そのためには企業の枠を超えて、お客様、地域社会などのステークホルダーと価値を共有し、ともに活動を推進することで、バリューチェーン全体で地球環境への貢献度を高めていくことが求められています。

目指す姿

コニカミノルタは、自ら培った多様な環境技術やノウハウをお客様に提供し、環境課題の解決に寄与することで、バリューチェーン全体での環境貢献へと発展させていきます。また、コニカミノルタを信頼していただくことで、お客様との関係を深め、「共創価値」の継続的な創出を目指します。

重点施策とKPI

DXを利用してお客様とのエンゲージメントを強化し、お客様の課題解決を行うことで、売り上げに貢献
自社で実践し実績をあげた環境技術・ノウハウを提供してお客様の環境課題解決に貢献するとともに、エンゲージメントを高めて自社のビジネス機会を創出。販売部門と連携し、顧客関係強化(案件情報の獲得)、商談参画(見積もりの提出)、売上貢献(契約の獲得)のそれぞれのKPIを向上することで売り上げ拡大に貢献。
さらに、環境デジタルプラットフォーム(環境DPF)の提供により活動を拡大。

1) お客様の業務プロセス変革を支援し、お客様のエネルギー使用量・CO2排出量を削減
2) お客様とのエンゲージメントを高め、自社製品の販売拡大に貢献
3) 環境DPFからのソリューション提供によるCO2削減量を見える化し、カーボンマイナス貢献量(お客様・お取引先・社会におけるCO2削減量)への算入を検討

DXを利用したお客様とのエンゲージメント強化
重点施策(KPI) 実績 目標
2020年度 2021年度 2022年度
顧客関係強化件数※1 285 303 408
商談参画件数※2 212 153 181
売上貢献額(億円)※3 6.92 8.92 10
※1
顧客関係強化件数:環境関連の技術やノウハウをお客様に提供することで得られた商談機会の数。当該年度の商品別提案件数の合計。
※2
商談参画件数:顧客関係強化件数のうち、見積もり提出にいたった提案商品件数
※3
売上貢献額:商談参画件数のうち、販売にいたった商品の売上高合計額

ページトップへ戻る