Cosmo Leap Σ

Cosmo Leap Σ

コスモリープシグマ

「Cosmo Leap Σ」は、「夜空に輝く恒星の美しさ」にこだわって開発された光学式プラネタリウムの 最高峰「Infinium Σ (インフィニウム シグマ)」に匹敵する星空を、中規模のプラネタリウムに省エネ、省スペースで提供します。

日本は米国に次ぐプラネタリウム大国で、その数は300館を超えますが、このうち約75%が市町村によって設置されており、ほとんどのドームは直径10m前後の中規模施設です※1。「Cosmo Leap Σ」は、このような施設での星空解説に、シャープな星像、豊富な星座絵、変光星のリアルな表現を提供できる光学式プラネタリウムとして提案してまいります。

Cosmo Leap Σ

Cosmo Leapの由来

“Cosmo Leap”は、アポロ11号ニール・アームストロング船長の言葉にちなんで命名しました。
That's one small step for a man, one giant leap for mankind.
(これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。)

2018年度「グッドデザイン金賞」を受賞

「コスモリープ Σ」は、4,789件の製品・サービスの審査対象の中から「グッドデザイン・ベスト100」の1つに選出されていましたが、この度、さらに100件の中で特に優れたデザインに贈られる「グッドデザイン金賞」を受賞しました。宇宙空間と美しく調和する「コスモリープΣ」のデザインには、子供たちを創造と探求の世界へ導きたいという願いが込められています。

デザインのポイント

凝縮された光学技術に基づく構成原理が、宇宙空間に美しい調和をもたらすデザイン。

審査委員の評価(公式評価コメント)

構造を外板でカバーする製品が多い中、構造がそのまま外観を造り上げる機械であるプラネタリウムは、光学設計や精密設計から滲み出てくる機械美が魅⼒で少年少⼥の⼼をくすぐる。恒星球や惑星投映機の可動部は夜空の動き(地球の動き)を体現するもので、プラネタリウム筐体が秩序ある精密機器であることは、⼦供達に対して宇宙もまさに秩序によってできていることを伝える役割を担うという意味でも⾼く評価された。

グッドデザインWEBはこちら

機器本体

ドーム径 8~18m(水平ドーム)
本体サイズ 外形寸法 980mm(W)× 960mm(D)× 2530mm(H)
(水平高2.2mの場合)
設置面積 1m(W)×1m(D)
※フェンス部分 含まず
時刻指定 太陽系近傍の任意の日時の星空を再現可(±4000年)
世界時 / 地方平時 / 地方標準時の切替可
視点指定 太陽系の任意の視点からの星空を再現可(地図入力可)

恒星投映部

投映方法 レンズ投映方式、超高輝度LED使用(寿命3万時間)、32分割
シャッター機能 重力式
恒星数 約9000個(6.5等星までを再現可:ドーム径による)
恒星の明るさ 個々の恒星の等級差を再現
色調再現 2.5等星まで97個の恒星の固有の色調を再現
ブライトスター / 変光星 27個、固有の色調を再現、またたき機能あり、個別のまたたきパターンを指定可能
うち4個(ミラ、アルゴル、ベテルギウス、ジュバ)は変光機能あり。
(個別の変光カーブを指定・編集可能)
星雲・星団・銀河の投映 原板加工48天体
星座絵・目印の投映 同時投映も含むオブジェクト数80個
天の川の投映 標準 : 原板加工、25万個の恒星で再現
(OP) : 別投映、レンズ投映方式、単独調光可
※標準スペックより一部星座絵/目印の数が減ります。

その他投映部

方位投映機 方位を東西南北に投映可能。高輝度LED使用
別設朝夕焼け投映機(OP) 朝夕焼けを再現する、高輝度LED使用
別設薄明薄暮投映機(OP) 薄明薄暮を再現する、高輝度LED使用
太陽の投映 地球上から見える動きを再現可、高輝度LED使用
月の投映 地球上から見える月の動きや満ち欠けを再現可(単独位相変化)、
高輝度LED使用
惑星の投映 地球上から見える惑星の動きを再現可、高輝度LED使用
水星・金星・火星・木星・土星を投映可
黄赤道座標の投映(OP) 高輝度LED使用
子午線の投映(OP) 高輝度LED使用

制御部

演出 惑星上・衛星上での恒星の日周運動など
自動制御 標準番組10万本分のデータ記憶可、中断・途中からの実行可、手動割り込み可
自動復帰選択、自動・手動の並列操作可
手動制御 連動調光可(恒星・惑星など)、当日の星空を即座に投映可、地図・星図入力
マクロ機能 コンソールおよび操作画面のボタン操作でマクロの実行可、
自動番組からの呼出し可
ハイパープログラム 光学式/デジタル式プラネタリウム(周辺機器含)のオリジナル操作画面作成可
機器制御ボタン、マクロボタン、テキストの表示可、リモート接続可
自動演出プログラミング 統合スクリプトフォーマット、コマンド選択入力方式、リアルタイム実行可、タイムライン編集可
その他機能 1ボタンリセット機能、リモート診断機能、デジタル式との統合制御

ページトップへ戻る