濃度計(蛍光分光濃度計)

FD-7/FD-5

蛍光分光濃度計

FD-7/FD-5新機能搭載

任意の光源下で紙の蛍光を加味して色を測定し数値化できる軽量ハンディ型の分光濃度計です。

保守契約対象製品 無料貸出し

製品情報

製品情報

本製品は、コニカミノルタ独自のVFS(Virtual Fluorescence Standard)技術を搭載することにより、印刷業界標準※1であるD50光源※2下での紙の蛍光※3を考慮した色評価を可能にした測定器です。
また、波長自動校正機能の搭載により、現在メーカーメンテナンスで行われている測定波長の補正も日常の白色校正と同時に実施できます。

※1
印刷業界標準:印刷業界向けの色に関する規格ISO13655では、D50光源下での蛍光を含む色評価が標準化されています。
※2
D50光源:自然光に近い人工光線で、色測定の際に用いられる。
※3
蛍光:紫外線を吸収し、そのエネルギーで光を発する性質。

グローバルサプライチェーンにおけるカラーコミュニケーションを支援

FD-7 基準器で測定した環境光を標準付属ソフトウェアFD-S1w 経由でFD-5 常用器の照明用光源として登録することができるので、複数拠点で同じ照明用光源を使った色管理が低価格で実現できます。
また、波長自動補正機能により、複数台使用時の器差を抑えることが可能です。

主な用途

  • 印刷現場での濃度・色彩管理
  • 印刷機器メーカー・製紙メーカーのR&Dでの蛍光測定
  • 印刷カラーパッチの測定
  • インキCCM用の入力機

主な特長

濃度

トラッピング、ドットゲインを始めとした印刷品質管理機能を搭載

新機能
商業印刷やパッケージ印刷向けの新しい業界標準ツールとして生産性と品質向上をローコストで実現します。

  • CMYK濃度
  • 網点面積率
  • ドットゲイン
  • トラッピング
  • 簡単濃度差
  • 刷版網点面積率
  • 刷版ドットゲイン
  • 特色濃度
ターゲットマッチ機能搭載 ※4※5

新機能
調合したインキに対して目標色との差異や目標色に近似させるためにどれだけ濃度を調整すればよいかを表示します。
ターゲットマッチ機能を使えばコンピュータや特別なソフトウェアは必要ありません。

  • スポット色およびプロセス色に最適
  • 目標色に対する色差および濃度値を表示
  • 目標色に近似させるための推奨濃度調整値および調整後の色差を表示

色差を測定
→ 400 nm にピークを持つ特色の濃度を0.86 から1.16 に調整すれば色差0.48 となると予測値を表示

各種印刷標準に対応する機能搭載

新機能
ISO、JapanColor、GRACoL®、SWOP®、PSO及びカスタム基準を含む印刷標準に対する合否確認ができます。印刷現場での品質管理に威力を発揮します。

  • ISO12647チェック ※4※5
    →色差、TVI、ミッドトーンスプレッドがそれぞれ評価可能
  • グレイバランス
    →G7® 評価手法に基づいた評価が可能

※4
標準付属ソフトウェアFD-S1wによるターゲット登録(カラーセット)が必要です。
※5
バッキング変換機能を使えばバッキング条件が基準と合わない場合、基準値を変換して評価ができます。

色彩

色彩測定の規格ISO13655 でのM1 に相当する世界初の測定器

独自開発のVFS(Virtual Fluorescence Standard)技術により、標準測定光源D50(M1)相当測定でのL*a*b* 評価が可能です。更に、従来の測定条件であるM0(A 光源)やM2(UV カット光源)相当測定も可能な次世代製品です。また、偏光フィルター装着によりM3(M2 +偏光フィルター)にも対応となり、1台で全ての測定条件をサポートします。

スキャン測定が可能 (FD-7のみ可能)

  • PC に接続することで、手動によるスキャン測定が可能です。
  • 別売付属品のカラーマネジメントソフトウェアbasICColorcatch allを使用することにより、カラーチャートMediaWedge®、ECI2002、IT8.7/3 ほか)の色彩値・濃度値・分光反射率データを一挙取得できます。
分光出力 (FD-7のみ可能)
  • PCに接続することで、各種光源下での分光データ(380nm~730nm)を取得できます。
  • PCに接続することで、環境光の分光放射照度データ(360nm~730nm)を取得できます。
  • 研究開発用途に最適です。

照度

環境光が測定可能 (FD-7のみ可能)

光源ボックスもしくは、その他目視評価を行う環境光の照度値※6 ・色温度測定が可能です。

測定した環境光を照明用光源※7として登録可能

従来、蛍光増白剤を含む印刷物を測定する場合、目視と測定値が大きく異なるケースがありました。本製品は測定した環境光下での目視に近い色彩値が演算可能ですので、蛍光増白剤の影響やメタメリズムによるクライアントとの色クレームが解決、工数削減が図れます。

※6
簡易測定機能であり、JIS規格には準拠しておりません。
※7
ユーザー定義光源

その他

業界初!波長の自動補正機能を搭載

  • 白色校正時に自動的に波長補正を実施※8、手間を要しません。
  • 従来はメーカーメンテナンスでしか行うことのできなかった波長補正が日常的に行えるようになり、測定値の信頼性が格段に向上します。
※8
偏光フィルター装着時を除く
世界最軽量※9
  • 本体の重量は約350g、ターゲットマスクを装着しても約430gと、今までにない軽さです。
  • 作業中の腕への負担も軽減され、長時間に渡る測定での効率もアップします。
※9
ディスプレイ付きの分光濃度計において。 2012年12月1日現在
安心のアフターサービス

日本国内にて迅速な点検校正・修理校正を実施。代替機貸出しなど保守契約の内容も充実していますので、万全のアフターサービス体制にて常に最良の状態でご使用いただけます。

標準付属ソフトウェア

FDデータ転送ソフトウェア FD-S1w

  • 測定データのエクセルシートへの転送機能
  • ユーザー光源登録機能
  • カラーセット登録機能 (ISO12647チェック/ターゲットマッチ)

別売付属品

XY 自動測色ステージ ColorScoutシリーズ

XY 自動測色ステージ ColorScoutシリーズを使用することで、自動測定が可能です。

カラーマネジメントソフトウェア basICColorシリーズ

カラーマネジメントソフトウェア basICColorシリーズを使用することで、 測定からICCプロファイル作成/評価・QC(合否判定)ができます。

色彩管理ソフトウェアSpectraMagic® NX

色彩管理ソフトウェアSpectraMagic® NXを使用することで、自由な評価式の設定はもちろん、任意のフォーマットでレポート作成が可能です。
(偏光フィルターを装着して測定することはできません)

ページトップへ戻る