VCSEL光学評価セミナー

顔認証や障害物検知といったリモートセンシング技術において、面発光レーザーであるVCSELが注目されています。その一方で、従来の光学評価方法では、測定時間や測定精度の面でいくつか課題も見受けられ、より効率的な評価方法に対するニーズが高まっています。本セミナーでは、海外でも注目されるVCSELの新しい光学評価事例を取り上げ、測定データや動画を交えてご紹介します。

開催日:2021年6月3日(木)

開催概要

リモートセンシング用光源としてのVCSELは、狭帯域の近赤外光を短パルスで照射するなど、従来とは異なる性質を持っています。そのため光源の光学評価方法においても、模索を伴う議論がなされているのが現状です。更に、どの範囲をどれだけの強さで照射するかという構想設計が製品仕様を大きく左右するため、配光特性の重要性が非常に高いデバイスとも言えます。
本セミナーでは、VCSELの基本的な特徴をご説明した上で、光強度やピーク波長といった基本性能を素早く正確に測る手法、および配光特性を測定するさまざまな手法について事例を交えながらご紹介いたします。

プログラム

  1. VCSELとは
  2. 主な光学評価項目
  3. 光学評価の現状と課題
  4. 分光測定の事例紹介
  5. 短パルス出力と光学評価
  6. 配光特性の測定手法
  7. 分光器のスペック解説

こんな方におすすめ

  • VCSEL、ならびにTOFシステムなどの開発・設計・製造に携われている方
  • 近赤外DOEなどの光学素子の開発・設計・製造に携われている方

参加概要

日時 2021年6月3日(木)10:00~11:00
開催方法 ウェビナー(Microsoft Teams)
Webブラウザからインターネット経由で参加する形式で、PCへの専用アプリケーションのインストールは必要ありません。
お申し込みの際にご登録いただいたメールアドレス宛に開催前に招待URLを記載したメールをお送りし、そのリンクをクリックしてご参加いただく流れとなります。
定員 100名
受講料 無料
主催 コニカミノルタジャパン株式会社
お問い合わせ先 コニカミノルタジャパン株式会社 センシング事業部 営業部
TEL:03-6324-1010

※募集期間中でも定員になり次第、締め切らせていただきます。
※受講するご本人様がお申し込みください。また、1つのお申し込みにつき1名様のお申し込みとさせて頂きます。
※セミナー内容、講師、時間などは、一部変更になる場合がございます。
※同業者のお申し込みはお断りしております。

このページを共有する