新機能性材料展2019(コンバーティングテクノロジー総合展2019 内)

展示会情報

新機能性材料展2019

当社のみどころ

光学フィルム部材の透過率・相関ヘイズ、AR/AGコートの表面反射率、加飾フィルム(パール・メタリック)コーティング材料の測定に適した測色計を出展します。
高光沢プラスチック・塗装面(ゆず肌)などの反射角度特性・表面状態評価が可能なアピアランスアナライザーも出展します。
外観表面検査用途に適したRadiant Vision Systems社製イメージング色彩輝度計や、各種ディスプレイの光学特性を計測するInstrument Systems社製ディスプレイ測定システムも出展いたします。

展示会概要

会期 2019年1月30日(水)~ 2月1日(金)10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト
主催 (株)加工技術研究会
入場料 3,000円
展示会ホームページ http://www.convertechexpo.com/index.html New Window
ブースNo 東2ホール  No.2B-13
主要展示物

展示会レポート

加飾成形技術の発展により様々な基材や3次元形状にも加飾になったこともあり、布施真空株式会社様のご協力による加飾フィルムの「TOM工法成形品」の測色計を使った実測例のご紹介では、多様な業界のお客様に高い関心を持っていただけました。

加飾成形技術の発展により様々な基材や3次元形状にも加飾になったこともあり、布施真空株式会社様のご協力による加飾フィルムの「TOM工法成形品」の測色計を使った実測例のご紹介では、多様な業界のお客様に高い関心を持っていただけました。

車載ディスプレイなどに使用されるAG/ARフィルムのぎらつき評価に、高精細ディスプレイによるAGフィルムの実サンプルを使った色彩輝度計の展示デモにも大きな関心が寄せられました。

車載ディスプレイなどに使用されるAG/ARフィルムのぎらつき評価に、高精細ディスプレイによるAGフィルムの実サンプルを使った色彩輝度計の展示デモにも大きな関心が寄せられました。

このページを共有する