コニカミノルタ

コニカミノルタについて

環境方針・ビジョン・戦略

エコビジョン2050

持続可能な地球・社会の実現を目指して「エコビジョン2050」を策定

地球環境問題は喫緊の課題であり、環境負荷を抑制して持続可能な社会づくりを実現していくうえで、グローバル企業が大きな責任を有しています。コニカミノルタは、その実現に向けた決意を、2050年を見据えた長期環境ビジョン「エコビジョン2050」に表しています。
また、「エコビジョン2050」の実現に向けたマイルストーンとして、2016年度をターゲットとする「中期環境計画2016」を策定しています。

エコビジョン2050

  1. 製品ライフサイクルにおけるCO2排出量を、2050年までに2005年度比で80%削減する。
  2. 限りある地球資源の有効活用の最大化と資源循環を図る。
  3. 生物多様性の修復と保全に取り組む。

CO2排出量削減のイメージ

CO2排出量の目標設定の考え方

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の発表によれば、2004年の温室効果ガス排出量は490億t-CO2であり、これを世界人口64億人で割ると、年間1人当たり7.66t-CO2となります。一方、地球が許容できる温室効果ガスの自然吸収量は年間114億t-CO2といわれており、これを2050年の予測人口92億人で割ると、年間1人当たり1.24t-CO2となります。これは、現状の年間1人当たり排出量の約80%減に相当します。
これを根拠の一つとして、私たちは「エコビジョン2050」において、「2050年に2005度年比で製品ライフサイクルでのCO2排出量80%削減」という目標を設定しました。 また、「中期環境計画2016」では、この目標からのバックキャスティングにより、「2016年度までに2005年度比で40%削減」という目標を設定しています。

バックキャスティング : 将来のあるべき姿、ゴールを描いて、そのゴールから現在までを振り返って、今後にとるべき行動を明らかにする考え方。

ページトップへ戻る