コニカミノルタ

コニカミノルタについて

グリーンマーケティング

販売活動での環境負荷低減

販売活動にともなうCO2排出量の削減

営業車両へのエコカーの導入と、エコドライブの推進

コニカミノルタは、世界各国の販売会社で営業車両利用にともなうCO2排出量を管理し、その抑制に努めています。販売・サービス活動の効率化による移動量の削減や、CO2排出量の少ないエコカーの導入、エネルギー消費を抑えるエコドライブなどの施策を推進しています。

日本の販売会社でのエコドライブの取り組み

コニカミノルタジャパン株式会社では、社有車に「車両運行管理システム」を導入しています。本システムは、車両の運行状況に関する情報(急加速、急減速といった危険運転の有無や運転時間、燃費など)を常時収集し、蓄積するものです。これらのデータを、安全運転指導はもとより、燃料消費をできるだけ抑えるエコドライブの取り組みのために用い、車両による環境負荷低減を図っています。

フランスのショールームの環境配慮ラベル取得

印刷施設では、お客様の制作物完成を目指し、多くの印刷が必ず発生しますが、エネルギーや資源の消費による環境への影響にも配慮する必要があります。
フランスの販売会社であるコニカミノルタビジネスソリューションズ(フランス)社では、自社ショールーム(Digital Imaging Square)において、印刷業者が自社施設の環境管理に関する主要な基準を遵守していることを保証するラベルImprim'Vertを取得しました。

ドイツにおける展示会、フェアのカーボンオフセット

コニカミノルタビジネスソリューションズ(欧州本社)社(ドイツ)は販売促進を目的とする展示会やフェアの参加・開催における自社出展の際に発生するCO2をすべてオフセットし、カーボンニュートラルな販売活動を目指します。

再生可能エネルギーの導入

再生可能エネルギーの取り組み

コニカミノルタでは、複数の拠点で再生可能エネルギーによる発電をしています。コニカミノルタビジネスソリューションズ(USA)社では、2013年から、駐車場に太陽光発電設備を設置し、オフィスの電力として利用しています。コニカミノルタビジネスソリューションズ(欧州本社)社(ドイツ)では2016年からブランチを含む全ての拠点で100%水力由来の電力(電力会社との契約)に切り替えています。コニカミノルタビジネスソリューションズ(イギリス)社では、2019年10月から、販売拠点の使用電力の8割以上を再生可能エネルギー由来に切り替えています。コニカミノルタビジネスソリューションズ(オーストリア)社では、2020年1月から販売拠点の使用電力の8割以上を再生可能エネルギー由来に切り替えています。


100%水力由来の電力に切り替えで運営(ドイツ)


駐車場に設置した太陽光発電設備(米国)

カーボン・オフセットサービスの取り組み

オフィスプリント、プロダクションプリントでのカーボン・オフセット

コニカミノルタビジネスソリューションズ(欧州本社)社(ドイツ)では、2015 年7月からオフィスプリント及びプロダクションプリント機器を対象に調達段階から使用段階まで、製品ライフサイクルの各段階で発生するCO2 排出量を排出権クレジット使用により相殺(排出権で埋合せ)するカーボン・オフセット サービス「enabling carbon neutrality」(エナーブリング カーボン ニュートラリティー)を欧州全域で導入、展開しています。
これまでドイツ、フランス、オランダなど11カ国で導入実績があり、製品ライフサイクルにおけるCO2排出量をオフセットしました。さらにはこれらの活動に加え、通勤および出張などの自社活動、国際的な展示会などのイベントで発生したCO2排出量についてもカーボンオフセットを実施し、期間累計で3万4千トン以上のCO2排出量をオフセットしました。今後はさらに対象国を増やし、さらなる持続可能な地球・社会の実現に貢献していきます。

環境貢献活動と社員の環境意識向上への取り組み

従業員の環境意識を向上させる「サステナビリティウィーク」の開催

情報機器の販売会社コニカミノルタビジネスソリューションズ(フランス)社では、従業員の持続可能性に対する認識の向上を図るために、エコフレンドリーな取り組みや、慈善団体への参加を促す「サステナビリティウィーク」を開催しています。このイベントでは、環境ポリシーに関する教育、自社で採取した蜂蜜の販売、エコカー(電気自動車)の活用、廃棄物の適切な処理など、環境に関するさまざまな取り組みに触れることができ、持続可能社会の実現に向けて従業員一人ひとりが意識を高める機会となっています。


サステナビリティウィークの社内ポスター

生物多様性への意識向上に向けて養蜂を実施

コニカミノルタビジネスソリューションズ(フランス)社では、パリ郊外の本社ビルの屋上を緑化し、ミツバチの巣箱を設置して養蜂を行っています。フランスにはミツバチを大切にする伝統があり、人口密度の高い都会で養蜂することにも理解があります。周辺地域のさまざまな果樹、野菜、花などの植物の受粉に、この巣箱で育ったミツバチが役立っています。また、採取した蜂蜜を瓶詰にして従業員向けに販売し、得られた売上をチャリティー基金(コニカミノルタビジネスソリューションズ(フランス)社が立ち上げた基金。毎年障がいのある人々が文化芸術、スポーツ振興を行うための基金)に寄付する取り組みを通じて、従業員の生物多様性保全意識の向上と、地域社会への貢献を図っています。


屋上での養蜂の様子

森林再生を目的とする「グリーンマラソン」を支援

コニカミノルタビジネスソリューションズ(フランス)社は、2011年以来エチオピアの森林再生を目的としてフランスのレンヌで開催されている「グリーンマラソン」の趣旨に賛同し、大会の発足時から支援を続けています。
このマラソン大会では、スポーツの精神や自然環境保護といったさまざまな観点から社会貢献を考え、森林の再生をサポートするために、参加者ののべ走行距離1キロごとに1本の木を植樹するという取り組みを行っています。2019年は12万本近くの植樹に繋がり、2012年から累計走破距離は84万キロメートルを超え、同じだけの本数の植樹が行われました。


グリーンマラソンの様子

ボランティア活動への参加を通じた環境意識向上:

コニカミノルタビジネスソリューションズ(USA)社は毎年、従業員に非営利団体とのボランティア活動に参加の機会を提供することで、持続可能性への意識を高めています。過去5年間、非営利団体であるMahwah Environmental Volunteers Organization (MEVO)をボランティア活動と寄付協賛金を通じて支援してきました。同団体の「Seeds of Change」プログラムを通じて、高校生が農場で働き、持続可能性と地域社会のリーダーシップについて学ぶ有給の夏季インターンシップを支援しています。また、年に2~3回、従業員のボランティアチームを派遣しています。ボランティアは、地元の環境や持続可能なガーデニング、農業について学びながら、農作物の植え付けや収穫を手伝います。
また、New York/ New Jersey Trail Conferenceにボランティアとして参加し、地域の公園やハイキングコース、森林を持続可能な状態に保ち、コミュニティの人々が利用できるように維持管理するための支援を行っています。また、2020年にはアーバー・デイ財団と協力して、最近森林火災が発生した地域に10,000本の木を植樹し、世界的な森林再生活動に貢献しています。


New York/ New Jersey Trail Conference参加の様子


Mahwah Environmental Volunteers Organization (MEVO)に参加する社員の様子

ページトップへ戻る